« 頭で覚える、ではなく、体が覚える | トップページ

ユーザビリティ雑感

例えば、一つコトを習って、
「あ、こういう風に使ったらいいんじゃないかな」とか思う。

慣れない人は、それができない。

旅行も一緒だと思う。

先日、70歳の人がニュージーランドに行くといった。
しかし、現地のお友達が一緒に行動できない日があるという。


「私、英語もできないし、NZも解らないし、どうしよう」

と、うろたえていた。

とりあえず、街に出てみて、コーヒー飲んで、適当に歩けばいいんじゃないか

と、バックパッカーな自分は思うんだが、

ガイドがなくちゃ不安、ガイドがあっても不安、
何かあったらどうしよう

と、とてもとても困っていた。

どーにかなるよ、とは思えない。
どーにかならない!という恐怖ばかりが先だって前に進めない。

それは、もちろん、経験もあるが、
多分、パック旅行だけで生きていたら
どんなに海外旅行に行っていても
一人で放り出されたら生きていけない。

ユーザビリティって、そういう時に不安を軽減する役目もあるんだと思う。

ああああああ、できないできない!きっとできない!できないに決まってる!
怖い怖い、このボタン押せない!だから前に薦めない!
なんか変なことが起きた!もう怖い!無理!無理!

そんな経験を軽減して、
ストレスなく、1歩踏み出すことなんだと思う。

ちょっとした気遣い、というのでもなく、
大切な誰かを甘やかすのではなく
さりげなく支えるって感じだろうか。一歩踏み出すのをさりげなく手伝うとでもいうのだろうか。

教えていて、優しい=なんでもやってあげる ではないと思っている。
(それを求める人は多いけど)でも、それはその人のためにならない。

ユーザビリティが手法だけじゃなくて、言葉遊びでもなくて、
本気で日本をよくするために、日本だけじゃなくて、世界をワクワクにするために
進められればいいなと思う。

|

« 頭で覚える、ではなく、体が覚える | トップページ

「自分用メモ」カテゴリの記事