« 困っていることに気付くことは難しい | トップページ | 教えるということ »

たくさんのメモ

自分用メモ。

・ 今日伺った90歳
 デスクトップとディスクを混乱していた。
 デジカメのSDカードのフォルダにフォルダが二つあり、どちらを開いていいのかわからない→大混乱
→一つが駄目ならもう一つを開けばいいのに、と思うのは出来る人の考え方で、出来ない人にはわからない

・「ユーザーである」と「ユーザー目線がある」は全然違います、全然
http://blog.livedoor.jp/kensuu/archives/54416701.html

自称「初心者の気持ちが分かる、なぜなら自分も初心者だから」という人は教え方が下手。
初心者は、初心者がどこで引っかかっているかを確認することができない。

教えるということは、
その人がどこで勘違いしていたり
間違っているかを発見する事であるんだ。
だから、出来ない人にはできない。


シニアビジネスを「シニアだからする」というのもちょいと違う気がする。

ユーザーであるのと、ユーザー視線を持つのは違う。

ユーザー視線は観察のもとにできている。

色々な人にたくさんあって、観察して
バイアスを出来る限り減らす必要がある。

って思う、今日のメモ。

|

« 困っていることに気付くことは難しい | トップページ | 教えるということ »

「自分用メモ」カテゴリの記事