« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »

ITリテラシのこと。

ITリテラシが高いとか、低いとかって
どうやって指標を設けているんだろう、と常々思う。

「シニア層のITリテラシがあがってきている」

とか、

「ITリテラシが低い人にリーチ」

とか、そういうご相談をいただくが
その度に、頭を抱えてしまう。

まず、私が「リテラシが高い=プロ」と思っているのは

やってはいけないこと、
できないこと、
無理だという限界を知っていること

だと思っている。

では、低いとは?

自分ではITリテラシが高いと思っている人がいて、
聞くと、その理由は「インターネットで困っていないから」

その割に、仲間内で楽しむちょっとしたワルイコトを
平気でFBにアップしたりしてしまったり、
思い込みで間違ったネットの知識を披露していたり、
うーん、それは、リテラシが高いと言えるのか、

と悩む。

でも、ご本人は高いという。
一度、間違いを指摘したことがあるが、
自分は解っているから大丈夫的な返信を頂き
まあ、いっかー。と、そのまま放置してしまった。

「自分はITリテラシが低い」
というシニアも、買い物だけは問題ない。
だが、自分でITリテラシが低いという意識があるために
クレジットカードは使わない。
何かあったら怖いから。



全然関係ないが、
ウェブ閲覧の方法は、作っている人と作っていない人で見方が変わる。
アイトラッキングをやると顕著に出る。
作った人は、情報がどこにあるか知っている。
作っていない人は、情報がどこにあるか推測すらできない。

では、作ってない人を全体的にITリテラシwが低いと言えるのか


保護者会の資料作成を手伝っていた時に
ネット関係の某企業の方が講演をしていて
その時の質疑応答を読んだたら
「ウィルス対策ソフトを入れたら、パソコンが遅くなったのですが、ウィルスが入ったのでしょうか。怖くてそれ以降パソコン使ってません」的な質問があり

リテラシとか、そういう枠を一歩超えて
なんか、違う指標を、そして、明確になる指標を作り
そこから教育していく必要があるなーってちょっと思った。


|

« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »