« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »

公式ブログアップしました

公式ブログ書きました。

シニア層と消費

よくシニア層の財布を・・・云々話を聞くし
色々な取材を受けるが
ハレとケを混同しているように見える。

というので、大好き家計調査から
割り出しました。

私としては

★時間消費が金銭消費につながる★

定年退職後の生活に

世間で言われている
「シニアと消費」の温度差があるような気がしてなりませぬ。

あとは追記として

自分から開発はしない、が、
連れて行ってもらえると消費するというのも特徴だと思う。
これもいずれ書こうかな。

用意された場所には行くが
自ら開発は一部の女性しかしない。

しかし、そこに女性を連れていくと
どうしたことかと思うほどに購入する。

うん、だから、連れ出そう!
シニアの生活をワクワクさせて
消費してもらい、日本経済を活発化させよう!

というので、お暇なときにお読みいただければと思います。

|

若者のパソコン離れ

何でもかんでも離れてしまう世の中になったなあ(棒読み)

若者の車離れ、がよく言われる。
かくいう私も、運転が下手すぎて、日本の平和を守るために
運転をしないでいる。

しかし、そういう話ではない。

最近、弊社に応募する学生アルバイト生のスキルが何となく変わってきている。

昔は、パソコンが好きで好きでたまらない人が応募していたのが
(もちろんそうでない人もたくさんいたが、好きでたまらない人もいた)

最近は、そうではない。

パソコンは手段だから、と言われたら、その通りである。

しかし、パソコン好きとしては
新しいフリーソフト試したり、増強したり、箱あけてわくわくしたり、
少しでも早くしようとレジストリいじったり
色々なことができる楽しさ、作る楽しさ、知る楽しさ、壊す楽しさがあると思っている。

まあ、その楽しさは人それぞれだからなんでもいい。

昔は、そういう私と同じ楽しさを感じる学生がたくさんいた。

しかし、最近は少ない。

話を車に戻す。

昔、すっごい車好きのおじさんと話していた。
その人はエンジン替えたり(?)ドア替えたり(?)
車のカスタマイズ(?)がとても楽しいらしい。
車が大好きで、ヤフオクで車のパーツ(?)を買っているとのこと。

(?)が多いのは、まったく私が理解できていないので、合っているかどうかわからないためである。

私なんぞは、車は走ればいい、エンジンとかよく解らない。

その話と、パソコンの話、
実は「製品の完成度による消費者の無関心」という共通点があるんじゃないかな。

今は、パソコンも車も「手段」であり
利用者はそこに「自分で進まなくちゃいけない」感がある。

昔は、パソコンも車も「カスタマイズ楽しいw」人もいて
その人たちがいろいろ引っ張ってきた気がする。

うーん、何が言いたいか。

つまり、
現在の完成品は「モノ」に対するワクワク感、発掘感が少なくなっていて
楽しむための努力(コンテンツ的なサムシング)は自分で開発しなくてはいけない。

だから、最低限でいい。
できればいい。

その製品が不完全だった時代は
それをいじることに熱中していて、他の人よりもより完成に近いモノを求めて自慢しあう。

だから、だから、
若者の車離れとかって
車が楽しくないんじゃなくて、
製品が成熟しているがゆえに
楽しみをモノに見いだせないんじゃないかなって思う。

成熟市場と言われるが
物が余っているんじゃなくて
完成品が多すぎるだけなんじゃないかと。


と、ふと。

|

シニアと経験と仕事

最近、シニア層の経験を活かして云々企画的な
お仕事の相談がよく来る。

色々なシニア層のヒアリングを行っているが
その経験は本当に、活かせるものなのか?

スキルを活かすためには

・時代とのマッチ
・スキルの質
・人に伝えられる力

この3つが必要になってくる。

行政のボランティア登録とか
スキル登録にはたくさんの人が登録しているが
その質の担保はどうなのだろう。

弊社も求人を出すとたくさんの方にご応募いただけるが
自分のスキルをきちんとプレゼンできる人は
本当に少ない。

だから、「体験」は積んでいても、
「経験」としては積んでないんじゃないか、
多くの人は、「経験」と「体験」を混同してるんじゃないかと
思ってしまう。

責任感が少なくて
人と話せて
お小遣いがもらえる仕事

結局そこに誰もが落ち着いてしまう。

私は、再就職を希望(正社員、パート含め)しているシニア層には
今だからこそ、自己分析とか必要なんじゃないかと思う。

どういう老後にするのか、
老後設計についてきちんと考えて
そのために、タスクを出して
動き出す。

これを定年退職後にすぐにしなくては
明日に先延ばししていると、だんだんできなくなってしまう。

定年退職前に
本当はそういう「老活」的な教育が
必要なんだなー。

「今のシニアは若いから」で
色々な見えにくい「老化」に
ぎゅーっと目をつぶっているように見えるので
そこも含めて、この年末中にいろいろ考えなくてはいけないなと思う。

|

子どもの楽しいこと

子どもが楽しいことを書き出してみよう。

・褒められること
・面倒を見る事(お姉さんぶるとか、おにいさんぶるとか)
・買い食いとかの秘密を持つこと
・くじびきとか、あたるもの
・スタンプとか集めるもの
→結果が見えやすいもの

・新しいことを知る事

・冒険
・新しい世界
→守られているが故かなあ、
→大人になると、それ知ってるー、と、知ってることに当てはめようとか、経験則を持ち出したりするなあ

キーワード
・お姫様
・手作り
・競争
・かわいい
・体を動かす(ダンスとか)

大人になって、経験則とか
失敗しないことを覚えるようになると
新しい挑戦を
「ああ、それ、あの時やったけど」とやらなくなる。

「感覚が若い」とはどういうことだろうか。

見た目の若さとは違うかな

見た目への若さはすごく皆さん熱心だけど
心への若さはイマイチ熱心ではない。

それは、たぶん、自分は若いと思っているからだろう。

しかし、若者と並べてみると、
心の老化はすごい。

なるほど、心の老化に気づいてないからこそ
気づきやすい見た目の老化対策を気にするのか。

しかし、あなたの心、老化してますよといっても
たぶん、ヒットしないだろう。

心が老化している!ということに気付くようなワードが必要だ。
そして、老化を抑えることが、子ども時代のワクワクにつながるということを
イメージさせる何かが必要だ。

|

« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »