« 心の老化 | トップページ | 使える、という一般論のナゾ »

なぜ年を取ると腰が重くなるのか。

#ダイエットの話ではありません、悪しからず。
#なぜ、年を取ると新しいものに飛びつかなくなるか、という話です。


「最近の話題についていけなくなって年を感じるぅ」

などの台詞が、同い年の友達からも聞こえるようになった。

年を取ると話題についていけないだけではない、
色々なことに挑戦しなくなる、という特徴がある。

若い子はモノ・コトを見つけると自分で使い方を見出していく。

古い話で恐縮だが、私の花の女子高生時代(笑)には
ビジネスユースだったポケベルが女子高生のおもちゃになっていた。

なにか、自分流にしてしまおう、と、
気負わなくても、できている。

新しいことは楽しい。
楽しそうだから、やってみる。
飽きたらやめる。
楽しければ続ける。

ただ、それだけ。

それが、年をとるにしたがって
その「軽さ」がなくなって、だんだん慎重になる。

「失敗したらもったいない」
「使いこなせないかもしれないから」
「できないかもしれないから」
「今のままでもいいじゃないか、困ってないし」

そうして、新しいものに手を出すのが億劫になり
それが重なって、どんどん新しいことをしなくなり
そして老後を迎える。

本文の続きはこちらから(現在絶賛移行中)

▼ウェブリニューアルとともに、コンテンツを「公式サイト」に移行中。メルマガも時折出してます★
シニア・シルバー層のマーケティング、ウェブユーザーテストのマミオン

|

« 心の老化 | トップページ | 使える、という一般論のナゾ »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事