« 初心者に教えるときに留意している10のこと | トップページ | 見えない「先」は存在しない。 »

顧客の努力


パソコン、インターネットで、顧客に対してどこまで頑張りを求めていいのかと時折悩む。

先ほど、とあるネットサービスを触っていて
とても難しい、と感じた。

その難しさとは、
・どこのボタンにどのような機能があるのかが解らない
・クリックしたボタンから出るサブカテゴリが、これまた訳が分からない

結局、先ほどもクリックしたところを再度クリックしていたり
かなり本気で立ち向かわないと
このサービスは使えそうもないな、と思い、

使用を断念した。

まあ、来週、もう一度挑戦してみよう、的な。


これは、私の努力不足だろうか。

もっと真剣に、このサイトに立ち向かうべきなのか。


高齢者がECで買い物をしようとする。
買い物かごが見当たらない、解説が理解できない、
同梱ができない、

若い人には驚くくらいのたくさんの障壁が、今のサイトにはある。

そんな時に
あなたの努力が足りないのよ、と思うタイミングについて悩む。

年を取ると、
老眼とか、手の動きが鈍いとか、短期記憶がよくないとか、色々な機能が低下する

その生理現象を乗り越えて
サイトは、真剣に立ち向かって購入しなくちゃいけない
モノなのだろうかと思う。

最低限の操作は、努力できる部分もある。
たとえば、指マークにならないとクリックできないとか
クリックできないものを何度クリックしてもクリックできないとか
そういう基本操作は覚えてほしい。

でも、店側で
指マークになってほしそうなところは指マークにしてあげることもできるし
クリックしたくなりそうなところは、クリックさせてあげたり
もしくは、クリックをしたくならないような画面でもいいと思う。

サイトは「自然に使える」状態が楽しくて
「立ち向かわなくてはいけない」と思ったら、突然大変な作業になる。

高齢者から「インターネットで買い物は難しくてね」
と言われるたびに、彼らにどこまで努力を求めるのか
サイト側はどこまで努力すべきなのか


その線引きにとても悩む。

|

« 初心者に教えるときに留意している10のこと | トップページ | 見えない「先」は存在しない。 »

「03.シニア層とインターネット」カテゴリの記事