« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月23日 - 2011年10月29日 »

ユーザーを知ってから改善が始まる。

A君という男の子がいる。イイヒトである。

彼は今、モテたくてたまらない。

彼の今の原動力は「モテ」である。

だから、最近彼は頑張って、出会えるような場所に行こうとしている。

だが、残念なことに、モテない。

彼は試行錯誤している。雑誌を読んでいる。モテる方法をググる。

友達に聞く。「お前、良い奴だけど、寡黙なんだよな。もっとしゃべればいいと思うよ」と言われる。

彼は勉強熱心なので、「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」を買う。

なんて努力家だ。モテの原動力はすごい。いや、ほんとすごい。

だが、相変わらずモテていない。

女の子としゃべるのはできるようになった。
話も少し続くようになった。

だが、モテない。

今、彼に必要なのは、「モテたい女の子にどう見られたか」という評価なんだ。
周りの人はあーだのこーだの言う。
彼を知れば知るほど、あーだのこーだのいう。
服装を変えろとか、爪を磨けとか、襟を立てろとか、メガネしろ、ネクタイがいいとか。

しかし、実は彼は、女の子と話しているときに緊張していて、相手の話を聞いていないのか、うまく返せないのである。だから、彼は「話が続いている」と思っていても、ただ、時間が経っているだけなことが多い。
うまく返していないから、女の子が疲れた顔をしている。途切れさせないことを考えるのではなく、話を繋ぐことを考えなさい。話を拾いなさい。会話のバッティングセンターはやめよう。

それは、女の子と話している彼を見ないと、だれも言えない。
ただ、彼は、早く、この事実を知るべきなのだ。彼が変わるための第一歩、いや、モテるための第一歩として。
改善したからといってすぐにモテる魔法ではない。
ただ、前よりは、前進できる。


この話は、限りなくフィクションですよ。フィックション。God bress you.


そんなような話が、現実に、ECサイトにある。

集客する、買ってもらう
その間に、キャッチコピー、文章構造だのいろいろ試行錯誤している。
もっと解ってもらいたいと文章が多くなる。(あーっ、これ私もだ)

とあるお店では、いくつか選べるパックのなかで、その商品説明と、シーン提案が離れすぎていてユーザーを混乱させていた。よさそうな店なんだけど、選びづらいと、消費者談。

ECの場合、オーダーを取りに行くことはできない。
だから、お客様が買いやすい、買い回りを考えて、手に取って、そのことだけを考えてぽちっとできる状態を作る必要がある。

だが、どこでひっかかるかなんて、正直、買いたい人にしかわからない。
口ではなんとでもいうが(あー、いいねー、ソレ、とか。)実際にサイトを見てもらうと全然違うところを気にして買っている。私は品質にこだわるの、とかいって、1か月でウエストマイナス5センチとか書いてあるところに「限定30個」とかあると、あまり読まずに、ぽちってしまう。

重要なのは、ユーザーがどう見て、どう行動しているか、ということである。

それを知ることで得られる効果は
1)自分はユーザーと違うということを認識できる
2)認識できるから「ユーザー視点」でサイトを構築できるようになる
3)ユーザー視点でサイトを構築するから、ユーザーが自然体に使えるサービスを提供できる

私は常々思っている。
サイトの改善は、ユーザーがー自分と違うということを知ることからはじまると。

しかし、残念ながら、多くのECサイトは、超大手以外、そこまで手が回っていないのが現状である。

私は、超大手の会社だけではなく、多くの、愛されている店にユーザー視点を注入したい。
まずは、気づくことから。

そこで今回、お試しコースを作ってみた。

動画にきちんと解説を付けます。
どこで迷ったか、なぜ迷ったかなどユーザーの声も含めてお出しします。

アイトラッキングでユーザーテスト見エールお試しコース10月限定

タスクなどは当方で決めますが、その前にヒアリングを行います。

ユーザーテスト、いつやったらいいの?という質問、
改善するまえに、どこを改善すべきか知るために
よくしたいな、と思った時にやるといいですよ、と答えている。

件のA君も、雑誌を見て、いろいろ改善しているが
どうも方向がずれている。あなたには、王子様スタイルは似合わないよ!

フィックション、

10月限定のコースですが
お申し込みは受け付けておりますので
よろしければぜひ、この機会にユーザー視点を体感してください。

(お申し込みは受け付けてますが、実施は10月3日以降からです。)

|

私とあなたは見えているものが違う

昔の話。
とても素敵な男性がいた。
遠くから見てカッコイイナーって観察していた。

ある日、近くで話す機会があり
ニコッと爽やかに笑った彼の笑顔に私は釘付けになった。

歯石がひどかった。

思わず、見たくないが、見入ってしまった。

惚れている女の子なら、彼の眼を見てうっとりするとこだろうが
彼の歯石から目が離れない。

いや、本当は離したい。
彼の笑顔全体が見たい。

が、口元に釘付けになった。
見るべきところはそこじゃない。

私は目をそらしながら、適当に相槌を打って去って行った。

「俺に惚れてるのかな。だから、まっすぐ目を見れないのか」
と、彼は思ったかもしれない。(知る由もない。覚えてもないだろうし)

私は2つの教訓を得た。
1)憧れの人は、遠くから見ること。よき人は、遠くにありて思うもの

2)きゃぴきゃぴした雑誌には、
女性は男性の手を見るとか、目を見るとかいろいろ書いてあるけども、

気になるものにはくぎ付けになってしまい、そのほかのことに目が届かなくなる

ということだった。

実は、サイトでも同じなのである。
一般的にZ型だの、F型だの言われても、
そのサイトに「何か」があれば、目が釘付けになる。

しかし、その「何か」はサイト制作者にとって自然過ぎて
相手がそんなところを見ているとは、まったく気づかないのである。

下記動画、ご覧ください。
(協力感謝:販促・宣伝・ノベルティ・粗品用、名入れペンならオープニング(別ウィンドウ)
一般ユーザーは真ん中の青いペンが目立ちすぎて、そこから視線を動かせないでいます。
反対にオーナーさんは、青いペンが普通に見えるので、立ち止まりもしない。

思いもしないところでユーザーは目が留まってしまう。
そう、まさかの、歯石とか。
もう、歯磨きの広告が作れちゃうほどに。

ところで、

弊社のある高田馬場は学生ローンが多いのですが
あまりにも普通にありすぎて気にも留めていませんでした。
空気のように、駅の鉄腕アトムの壁画のように、高田馬場になじんでいました。

しかし、遠方よりいらした方が「高田馬場ってすごい学生ローンの看板が多くて異質」
とおっしゃったのです。

そういわれると、確かに。
確かに、そういえば、
ほかの駅ではそんな看板を見ない。

あああ、日常って怖い。
当たり前って思っていることって怖い。

高田馬場の駅に学生が転がっていても
「春が来たんだな」くらいにしか思っていないのに
ほかの地域から人が来るととても驚かれる。

電柱に人がとまっていても
「ん、今日は早慶戦か?」としか思わないですが
ほかの地域からいらした人は警察に通報するレベル。

高田馬場に染まりすぎている私に絶望した!
お銀座とかに染まれる女子wになりたい!
丸の内OLとかに染まりたい。
今の私じゃ顔が丸いOL(OLでもない!)

ということで、
ずいぶん長い前置きですが、

自分が見えていないものを、ユーザーは気になる。
そして、オーナーは、制作者は、それに気づかない。

気になることは、
オーナーにとっては風景になっているような普通のことで
相手にはちょっと引っかかるようなこと。

それを知るためには、ユーザーを観察するしかわからない。

と、思う。

|

« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月23日 - 2011年10月29日 »