« 2011年5月29日 - 2011年6月4日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

高齢化する自分。

今日はちょっと、メモ。

実は、最近、自分が高齢化しているのに気づいている。

いや、人はだれでも年を取るのは知っているんだ。
でも、心のどこかで、老化を自分と関係ない話と思って、聞いている。
おじさまたちの会話を聞いていると
介護が大変なのに、自分はそうならないと思っていたりとか
自分たちがしっかりしなくちゃいけないのに
他の世代の心配を異常にしていたりとか
世の中って大体が他人事みたいな感じなのだけど
老化も他人事なのだ。

ところが、私はこういう商売をしているので
老化とはどのタイミングから来ているかをよくよく観察しているし
老化に入った人の口癖とか仕草とか行動とか、
老化しているとか、老化していないとかを
そりゃ、普通の人よりかなりのデータベースとか、ノウハウを持っているので
自分のやっている行動に老化を見てしまい

これはこれは、もう絶望なのです。


しかし、なぜ、自分が絶望に思っているかもうまく説明できないわけですよ。

だって、私、仕事柄、他人には、「人は老化しますよ」というわけです。
「誰も逃げられませんからね」「誰もが通る道です」などとも言うわけですよ。

が、自分の中に老化行動を見つけると、「老化よ、お前もか!」って気分になってしまった。

それと同時に、やっぱり他人事チックに
私のように30歳代で早く老化を見つけた人ならまだしも
70歳くらいになって突然自分が老化していることに気づいたら
それは大変だろうなーと思う、他人事の私がいる。

そう、人は老化する。
しかし、人は、老化を他人事だと思っている。
心の中では、老化って認めてない。

よく、30代過ぎると出る会話、
「徹夜できなくなったよ、徹夜~」とか
「もう3時間睡眠じゃだめだよ、だめだめ~」とか
「50過ぎたらね、無理がきかないんだよー」とか

リアル老化は、そんなレベルじゃありませんって。
そんなわかりやすい老化じゃなくて
判断力が老化して、行動が老化して、ジワジワ老化しているんですよ。
口癖とか、ウェブ上の動きとか
老化ジワジワ。

自分の中に見つけたジワジワ老化は
クリックする前にちょっと躊躇しているのを発見しちゃった自分とか
スクロールをせずに戻っている自分とか
昔みたいに必要なものを画面から読み出す力とか
長い文章をまるでシニアの視線をなぞるかのように読み飛ばしていたりとか

「シニアにありがちですねー」と言っていた、その行動、
それを自分を発見して驚愕しているわけです。
今風にいうと、驚愕なう。 もう、今風とか、意味不明だし。

それならば、一緒に落ち込みましょう。
老化の入り口にいる皆さん。

いいですか。
かなりウェブ周りに精通しているシニアの方にユーザーテストをお願いしても、視線や行動の老化は本人が気づかないところで出ているのです。
あなたにも、あなたが気づかないところで老化ってるんです。

でも、他人事なんです。
老化って、症状がかなりでてくるまで
結構な割合で他人事なんです。
自分だけは、周りより若いと思っている人が
8割以上いるわけです。
おかしいじゃないですか。


自分を観察して
人間って面白いなーっておもいつつ

もう、老化には抗えないって、
わかっちゃいるけど、認めてないんだなー。自分の老化を。

それが、とにかく、面白い。


って、強がって、強くなるんだ―

あーあっ。

|

ウェブの閲覧習熟度3タイプ。

「ホームページによってルールとか、言葉とか違うから、すっごい怖いのよね。」

と、50歳代のM女史が言う。

彼女はアマゾンでは商品を購入したことがある。
ブログも書いている。(恐る恐るだけど)
インターネットも利用している=Yahoo!を見て、検索はしている。
しかし、「ホームページはルールが違うから難しい」という発言が出る。
彼女を見て、私は、「永遠の初心者だなあ」と思う。

この、「永遠の初心者」についてちょっと考えてみる。

ウェブ閲覧の特徴は、大きく3つに分かれる。
1)永遠の初心者
2)がんばる中級者
3)上級者

その中にも 年齢の差はあるので、それはまたいつか。

上級者というのは、ウェブサービスにかかわる人が中心である。自分でウェブをつくっていたりもする。
自分が作っているから、他人とルールが違うことを知っているし、違うページが現れても「失敗した。絶望だ!」と思うことはない。
車に例えるなら、マニュアル車とかで改造しちゃったりする人だ。
彼らのウェブ閲覧中の視線を取ると、ウェブをくまなく見まわして、自分のほしい情報を取りに行く姿勢を見せる。アグレッシブな視線だ。合コンでの女子の視線の感じだ。
ウェブサイトで「やり方がわからない」とか「どこを見ればいいのかわからない」という人の気持ちを解ることは難しい。なんで解らないのか解らない。

がんばる中級者は、頑張っている。
ホームページビルダーの簡単モードでウェブを作ったりもする。
解らないこともよくあるが、アグレッシブに頑張っている。
ユーザーテストをすると、対象のウェブより自分が使っているウェブサイトがどれほど素晴らしいかを語るタイプだ。このボタンはこっちのほうがいいとか、意見をしてくるタイプもこの辺だ。
視線をとると、一つの特徴的な写真などを中心に視線が動く。
細かいバナー等はあまり意識しない。
車の特徴などには詳しく、マニュアル車に乗っているが、上級者ほどに詳しくない。詳しくなりたいとは思っているが、そこまで時間を割けないと思っている。

圧倒的に多いのが永遠の初心者である。
車は見た目と燃費とブランドで選ぶ。安全に動けばいい。もちろん、オートマである。
内部のエンジンが、とか言われると、めまいがする。
JAFに頼めばいいと思っている。
ウェブで言うと、ほとんど見ていない。ファーストビューで自分のほしい情報が無いと混乱をする。
インターネット、上達したいわ、と口では言うが、たいしてそんなことを思っていない。自分がほしい情報が見つけられればいいのよ、という割に、何か知りたいことがあると検索せずにまず人に聞いてしまう。
ネットが無くても死にはしない。件のM女史のように、一通りのことはできるが、なんでそうなったかが解らない。
ウェブにあるべき項目、ここをクリックすれば出るんじゃないかとかは全くない。
ウェブを覚えたい、という気持ちはないので、サイトを探求することもない。
ましてや、覚えておこう、などということもない。
永遠の初心者なのだ。長年やっていても、困った時は誰かに聞くから、困らないのである。
(だから、定年退職をするとおじさま方がパソコン教室に通うのである。)

長年やっているから問題なく使えるとか、まさかこのくらいの常識(ルール)くらい知っているだろう、というのは、上級者の視点である。もしくは、中級者の「そうあるべき論」である。

ほとんどの人は、永遠の初心者である。
ウェブの常識も知らない。クリックとダブルクリックも、なんとなくやっているので、ウェブでダブルクリックする人多い。別に、出来ているからいい。インターネットは便利だわ。いろいろなことが調べられる。でも、なくちゃ死んじゃうほどじゃない。
買い物もできる。でも、難しいホームページが多い。もっと勉強しなくちゃね、とは思うけど、どうやればいいのか解らない。できている、でも、その「出来ている」は、上級者が思う「できている」という言葉からは大きく意味合いが違うのである。

|

« 2011年5月29日 - 2011年6月4日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »