« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

シニア市場と好奇心


シニア層には「やってみたいわねえ」という好奇心がある。夢がある。
シニア層は好奇心がいっぱいある。



しかし、実際には、「いいわねえ」から行動に起こすまで、少々時間がかかる。
少々、というより、「いいわねえ」でとまる場合が多い。
#熱狂に対しての行動力はすごいのに。


いいわねえ、やってみたいわねえ、と、多くのシニア層が言う。

そして、「でも、きっと無理よ」と続くのだ。

「そんなことないですよ、やってみないと解らないですよ」と正論を私が言う。

「マミコさんは若いから。」「マミコさんはできるから。」

会話終了

多くのシニアビジネスが、シニア層の「いいわねえ」に惑わされている。

それでシニア市場があると思い込む。
「多彩な趣味を持ち、アクティブなシニア層をターゲットとして君のハートにロックオン」みたいなプレゼンが繰り広げられる。(in my 脳内)


シニア層の「きっと無理よ」という言葉の裏には
「やるのがめんどうくさい」→「できないかもしれない」→「きっとできないに違いない」→「だからやらなくてよい」

というすっぱい葡萄症候群があるような気がしてならない。
#こうやって、勝手に命名するのは本当に気持ちがいい事だ。


大人になるという事は、怖いという事を知るといことだ、というのは自分の中でも気に入っている自分認定名言なのだが(他の人はあまり認めてくれない)シニア層は面白い!と飛びつけるスピードが遥かに遅い。

熱狂になれば早くなるのだが、「これ、超面白くない?」と、自らトレンドを作りだす感性は落ちてくる。もちろん早い人もいるが、多くの人の場合の話。


私に言わせると、これは二つの原因があり、一つは年齢とともに衰えていくもの、もう一つは市場から与えられまくっているので、自ら発掘する勢いが減ってきているということがあると思う。

ということで、今日も私は、「できないわよ」ということばに「出来るかもしれませんぞ」とまるでムックのような言い方で、少し触らせてみる。

意外と出来る事って多いんだ。


ただ、シニアビジネスに、これから参入しようかな、という方々は、シニア層のできないかも、という気持ちを理解してあげることが重要だと思う。

シニア層の口から発せられる「やりたいなあ」という言葉に惑わされずに、その先にあるやらない理由をきちんと明確にしたうえで商品を提案していくのが、これからのシニアビジネスに大切なんだと思うなりよ。(コロスケ風)

|

【シニアウォッチ】最近のシニア市場雑感

今日は、とりとめもなく、だらだらと。(言い訳)


団塊世代を中心としたシニアビジネスが注目されていたもの、ソコソコ前の話。
当時から「消費者として面白いのは65歳を過ぎたあたりから」という話をしていたのだが(これぞ究極の後だしじゃんけん的話題の振り方だ!(笑))今頃になって、団塊世代は消費の牽引者にならない、ブツクサ、という人がいる。

シニア層といえば、55歳くらいからをひとくくりにして総称する人もいる程だ。

それって、10歳と20歳を同じくくりで見ているようなものだ。
10歳と20歳は大きく違う。私なんて、その間に身長15センチも伸びたほどだ!
なので、そのアプローチは、はなから違う。
当然のことである。
シニアビジネスはもう駄目だ、という前に、そのアプローチが見当違いだったのではないかと確かめた方がいいとも、思う。(まあ、商売に王道はないから、これをやれば絶対OKってないけど。)

でも、シニア層ペルソナの作り方が妄想の中で作り上げちゃう人も多い。
シニア層は「生身」の人間なのに、多くの人が、永遠の少年少女のように、夢を語る人のようにシニア層をとらえていて、本当に驚く。そんな夢の少女のようなシニア層は、2次元の中にしかいない。たぶん。

非実在シニア。



最近のシニア層の話とか、とりとめもなく。

ここの数年で雇用体系や景気の悪化により、いろいろな環境が変わってきている。
環境に合わせてシニア層も変わる。

この夏はとても暑かったので、シニア層の消費も激減した。弊社の運営する教室も、この夏はお客様が激減した。景気だけじゃない、天候にも左右される。


以下、最近の雑感。
相変わらず70歳前後がキーだと思っている。遊び倒す楽しい世代。
75歳になると体は思ったように動かなくなるし、怪我も多くなる。出来ないことが多くなる。
65歳は若いので、「シニア」なんて言葉にはあまり反応しない。反応するとしたらお得な時だけだ。この法則は、今も昔も変わらないと思う。

シニア女性は相変わらず元気だ。
ただ、お金の使い方が変わってきている。
高いもの=イイモノ、ではなくて、安いものを買いこなすことが若さの証拠だと思っている人が増えてきている気もする。
「若い」と思われていそうな層に所属したい、そこに属していると思われたい女性は未だ多い。

シニア男性は、昔から、人との距離をとるのに苦労をしているように見える。
どこに所属すべきなのか、所属を「安定」と考えるサラリーマン生活をしていた方にとって、所属していないというのは、こんなにも居心地が悪いものなのか、と思う。

最近「お小遣いの範囲内で」と仰る男性が増えた気がする。ささやかな楽しみ、お金を使って楽しいのは当然?だけど、使わない楽しみを開発する楽しさを見出した気もする。特に、60歳代前半。

ここのところの傾向だと、以前より「ボケる」事に対して拒否感を示す人が増えてきた気がする。前は「ボケ防止」というと「はっ。(空気凍る)」みたいな感じだったのだが、今は、ボケ防止、ということばが普通に出てくる。数独のおかげか。

相変わらず「めんどくさそう」と思う事には手を出さない。
これは、たぶん、中年も変わらないだろう。


こう書いてみると、根本はあまり変わっていない。
表層は変わっているが、行動の根源はあまり変わっていない気がしてきた。

秋になり、教室も人が増えてにぎやかになってきたので、時折シニアウォッチをお届けしたいと思う。
#そんなんで、有用していないカテゴリを一つ増やしてみた。

|

イケメンサイトではない、ということを意識する。

随分前、それはそれは、随分、随分前、赤坂ですっごいかっこいい人を見かけた。

歩いていて、たまたますれ違った人が、どえらくかっこよすぎたので、思わず振り返るどころか、元の場所に走って戻り、もう一度すれ違ったほど、ものすごくかっこよかった。で、顔を見たら、高嶋政宏氏(以下高嶋兄)だった。めっちゃかっこよかった。

高嶋兄は背が高いので、影のように、後ろにくっつていったらばれないんじゃないかと思ったくらい、後ろから付いていきたいと思ったくらい、ハーメルンの笛吹き男はイケメンだったんじゃないかと思ったくらい、とにかくイケメンだった。

人生で、あんなにものすごくカッコイイ!!!と思った人はあまりいない。


振り向くだけじゃなく、もう一度見直そうと思えるほどの格好よさ。
隣には、誰かいた気がする。が、誰かなんて思い出せない。
今まで、たくさんの人とすれ違っているが、高嶋兄ほど印象に残る人はいない。(ポール牧はおぼえているけど)

以上余談。

多くのECサイトは、自分のことをイケメンだと思っているように見える。
すれ違った瞬間に「オレのことみてるでしょ、解ってるよベイベー」と思っているように見える。


しかし、多くの人は、今日、交差点で、会社の前で、誰とすれ違ったかなんて、ほとんど覚えていない。
同様に、多くのユーザーは多くのサイトを、みているが、よくは見ていない。見るモノはめっちゃ興味のあることか、目に入ったものだけ。だから、サイト名もわからない。商品名もうろ覚え。

たくさんのものを見ているが、ほんとに目に入っているモノはほとんどない。
そんなもんだと思う。

多くのサイトは、高嶋兄のようなイケメンではない。

だから、ユーザーさん、よく見ましょうね。というオチではなくて、サイト提供者は、「俺ってそんなに注目されてない」ってことを認識する必要があるんだと思う。
ユーザーはほとんど読んでない。読んでいるのは、自分が読みたい情報だけ。
多くのすれ違った人も、イケメンしか目に入らないように。

特にシニアになると、本当に、サイトをよく見ていない。
年をとって視野が狭くなるというのもあるが、ここまで自分の思い込みでサイトを読み飛ばすのかと感動する。

自分のサイトはイケメンかもしれない、ユーザーはいつだって俺に夢中なんてことは、きっと、あんまり思わない方がいいと思うな、と、さっき、高嶋兄を思い出して、思った。

いやあ、高嶋兄、かっこよかった。

[PR]ユーザーがサイトのどこをどのように見ているのか知りたいなら、ユーザーテスト見エール

|

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »