« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年6月27日 - 2010年7月3日 »

iPadとシニア

スタッフが持っていたiPadを取り上げて(笑)、教室に持って行ってみた。
教室で「これ、iPadですよ~」と言ったところ、まるでオオカミの群れに放り出された羊のようになってしまったiPad。

「あ、これがiPadね!」
「高齢者でも使えるんでしょ」
「ピアノ弾くのよね」
「本読めるのよね!」

と、皆さん目がキラキラ。(ギラギラ?)

実際に触っていただいたのですが・・・

以前、タッチペン式のPCをお借りした時に、皆が遠巻きで見るだけだったのが、今回は皆が手を出してくる。それってすごいことだと思う。

指で触れる安心感なのか、"使い始めること"に問題がない。(メディアの力も大きいけど)

ボタンがないし触るだけだから最初の障壁がPCと比べて格段に低い。仕事に使うものでも何かを作るものでもなく、テレビや新聞に近いイメージ。だから入りやすいのかも。

拡大・縮小は教えればすぐにできるようになるが、タップ、長押しの概念はつかみづらい様子。
また、拡大した後、縮小しない。「あ、あ、大きくなっちゃった!」と慌ててスタッフにiPadを渡す。
エラー対応はPCと同じイメージ。


Safariで検索していただく。まずはGoogleを触ってもらったが、入力はとても難しそう。
まず、入力したものがどこに出てきているのか気づかない。
変換の場所、結果の場所、入力中の文字がどこにあるのかが把握できない。
また、押下感がないために、同じ文字を何度も入力してしまうことも。
検索ボックスがもう少し大きければいいのに。あとは、場所が一緒であればいいのに。

日本語・英語の切り替えはとても難しそう。。。入力は考えなくちゃいけないですね。
あと、カーソルの移動は全然理解されませんでした。長押しは難しいです。

「設定はいらないのね!?」と聞かれた。最初、背中を押すのは、買ってそのまま使えることなのかも。

以上、iPad日記でした★

| | トラックバック (0)

iPad がすごい。(iPadと高齢者)

iPadがすごい。

ケータイとか最近持ち歩き始めて、PCはあまり使えずに、機械音痴と自称している人が「私でもiPadはできそうな気がする」という。

高齢者向けに色々なものが優しくなっているというのに、若者にも受けるiPadが高齢者に受けるというのはどういうことだろう。

iPadが見せた「使える」「使って楽しそう」「私でも出来そう」の壁は「機械が苦手」の気持ちをひらりと飛び越えた。

さらに、それが「高齢者向け」の商品ではない。

我が家の目の前に住むおばさまも(確か70歳近いはず)、本日パソコン教室の受付にいらした80歳近いおばさまも、「パソコンとiPadどちらがいいかしら」と相談してくる。

もう、iPadにジェラシーを感じざるを得ない。

今まで一生懸命おしゃれして、御化粧して、あなた好みのオンナになったというのに、とんでもないところから「とんでもない」人が現れてあなたの心を盗んでいった、って感じの演歌を勝手に妄想の中で歌う。(メロディはない)

なぜ、この「とんでもない」ができたのだろう?

いままで、携帯ですら高齢者には普及するのに多少時間がかかり、電子書籍?とんでもない、機械嫌い!という方々が「入院した時に本を持って行くより楽そうだし」という。

いったい、これはなんなんだ?

続きを読む "iPad がすごい。(iPadと高齢者)"

|

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年6月27日 - 2010年7月3日 »