« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »

高齢者と自己評価

自己評価とはとても難しい。
自分がどのくらい出来ているのか冷静に判断するのはとても難しい。
自分自身だって、正直、どのレベルなのかは解らない。

最近、新しいウェブサービスに付いて行くのが必死なので、もしかしたら最先端の人からは「ぷぷぷ」と思われるレベルかも知れない。
Office系はそれなりに使いこなしているが、奥深い事はできない。

パソコン教室に入会する人も、入会前のスキル申告は自己申告である。
「ワードくらいはできます」という若い方が、ワードとは文字を打つことだけであったりすることも良くある。

「Excelは日常的に会社で使っているんで」という方が、数字を入力するだけ、ということも日常茶飯事である。

いわんや高齢者をや。

「結構使えるからさあ」というおじいちゃんは、Photoshopをバリバリ使いこなしている一方で、「ボクはかなりパソコンを使っているんだよね」というおじいちゃんは、麻雀ゲームだけだったりする。

個人の中でガラパゴス化しているので、お互いの標準が無い。

#なので、入会時に、何がやりたいか、それに達するまでのスキルに何が必要なのか、など色々聞いて行く。それで客観的にスキルを判断する。プライドを傷つけないように、優しく判断する。すごく謙虚な人もいれば、えええ。と言う人もいる。自己申告は、過大評価をしない方が的確なサービスを受けられる。これマメ知識。(といっても難しいなあ。出来ると思っていたら出来なかった事とか、覚えていない事はものすごくある。)


ところで、朝いらした73歳女性。
ちょっとしたヒアリング調査のお願いでアンケートを書いてもらう。

その調査は「使えない人」が対象なので、使えない彼女に白羽の矢が立ったのだが、「パソコンを使って困る事」という項目などのところで一言。


「えー、ない。」


(ないのかー!?)


その瞬間、近寄ってきた

「ね、年賀状、もう作れないと思うから作ってもらえる?」


(なるほど、困った時には人に頼るから、困るという意識が無いのかも)

やりたいことが限定していて、それだけできればいいのであれば、自己認識でも「パソコンが出来る」と言う事になるんだと思う。

インターネットも、mixiさえ使えれば「インターネットくらいはできますよ」となる。
面接の時も思うが、できる、の評価は本当に難しい。
資格を持っていても、うちの望む「パソコンの使い方」が出来る人は少ない。


「自分は他人に比較して使える方だと思う」という自己評価が、違う場所に行けば違う評価になる。

自己評価は難しい。

なので、高齢者に対する評価は自己評価と他人評価の差をしっかり見つめないと、偉い大変な目にあうことは、間違いない。

| | トラックバック (0)

シニア、という言葉は「お得」という意味?

5,6年前は「シニア」という言葉を使ってはいけない、というのが「シニア業界?の隠れた常識」だった。「永遠の輝き」ってどこのダイアモンド!?みたいな言葉を使ってばかりいた。

ここ数カ月、弊社では気軽に「シニア」だの「高齢者」だのの言葉をご本人に向かって発する(いやがらせではなく、コース名に入れたりしている)ようになった。

シニアコースの設定とか、シニア割引、とかである。

しかし、名称を新しくしただけなのだが、この名称によって、昔通っていた団塊世代~その上の方々が復活するようになった。

「私も立派なシニアよぉ」などと仰りながら。

どうも、世間一般のシニアが受け取る「シニア」という言葉には「お得」と「優しくしてもらえる(だって現役世代じゃないもん。歳とったんだもん)」という意味を勝手に含めている気がする。

「お宅はシニア割引があるってことは、シニア層に対して親切だってことなんだろ?」と電話をしてきた方もいらした。
#別にシニア層だけじゃなくて、一応、全員に親切を目指しているんですけどね。

時代とともに言葉が変わる。

今、シニア層と言えば65歳くらいからで、高齢層と言えば後期高齢者の75歳からだと、自分の中では思っているのだが、お得好きな60歳~65歳は「お得キーワード」のシニア、という言葉を比較的問題なく受け入れている。
#昔は55歳くらいからシニア層で65歳からが高齢層、と思っていたが、意識の変化から変化して55歳なんて「ヤング層」と思えるようになった。

相変わらず50歳代は「60歳代と一緒にしないで」と思っているだろう。
60歳代は70歳代と一緒にしないで、と思っていると思う。

たぶん、「シニア」という言葉の受け取られ方が進化したんだと思う。
シニアという言葉は、7年前は「おじいちゃん・おばあちゃん」だった。
5年くらい前は「シニア割引って年寄り割引ってことよね!」と仰っていた方も、自然に「シニア」という言葉を受けいられるようになっている。
それも「お得なのである」という方向に・・・

なので、「シニア会員」とか使う時は「安いんでしょ!だって、私シニアよ?」と思っているお客様が多いということも、心の片隅に留めておかなくちゃいけない。

なので、拙ブログの昔の記事は、「あくまでも昔」。今はどんどん変化しているので、昔の記事を見て「シニアとは!」と仰らない様ご注意くださいませ。現在のシニア層が気になる方はどうぞお気軽にお問合わせください!

| | トラックバック (0)

老いの基準?

運営しているパソコン教室は年賀状シーズンで、毎日が年賀状祭りである。
この時期にしかいらっしゃらない人もいらして「1年ぶりにお会いできました!」と色々な意味で再会を喜ぶこともある。

1年に1回お会いすると、75歳くらいからざっくり老いるなあ、と感じる。
しかし、60歳だった人が、5年後に65歳になると、60歳のころの勢いはない。徐々に老いていく。

シニア層を観察する仕事をやっていることもあり、どうして「老いた」と思ってしまうのか、常々考えている。

「判断力が鈍くなる」「新しいものに対して拒否感が出る」「視野が狭くなり気付かなくなる」「聴覚が弱まり、うまく聞き取れないから理解が難しくなる」「聴覚が弱まるので、聞いたことを整理するのに時間がかかる」

女性は比較的若く見える方が多い。しかし、教えていると「あれ?この人、実年齢はかなり上だろうな。。」と思い、データを見ると、確かにご高齢だ。見た目の若さではなく、思考や理解の面で、確実に老いはある。

先日、「老いたなあ、と思う時はどんな時だろう」という話で盛り上がった。

<やっぱり、やっぱりの多様!>
ヒアリングしていても思うのが、「老いてきたなあ」と思う方が仰るワードに「やっぱり」がある。年齢が高くなればなるほど、「やっぱり」という言葉が多くなる。これは解りやすい老いの判断。
「やっぱり」の裏には、「説明が面倒くさいが、相手と共通の認識を持っている前提で話していいよね」というのがあるのではないかと、思っている。ヒアリングのテープを起こしていると、「やっぱり」除去機能が欲しくなる。

<複雑なものに対する拒否>
複雑な操作に対してものすごい拒否感が出てくる。
これをするために、右上のこれをクリックして、左下をクリックして、というのがダメになる。中をすっ飛ばして左下しか覚えられない。例えば、ファイルをクリック、切り取りボタン、貼り付けたい場所をクリックして貼り付けボタンをクリック。というのが異常に難しい。DeleteとBackspaceの区別がつかない。

<聴覚の衰えが原因なのか、人の話を聞かなくなる>
人の話を聞いたふりをする。(聞いているが、聞こえていない)
今、相槌を打っているので話を聞いていただけているのかと思いつつ、自分の話したいことが頭にいっぱいになっているので、話がかみ合わないことがある。(経験から話を自己解釈されることも多くなる)→耳が遠くなるのも原因かもしれません。

<予想外に弱い>
パニック(予想外の行動)が起きると、知っていることをやろうとする。その行動には何の意味もない。例えば、年賀状を作っていて、クリックした場所を間違えて違う画像が入った時に「間違った!」と保存せずにファイルを閉じる。(×をクリックしてから保存で「いいえ」を押す行為はこの時だけ光速 「あっ!」・・・。)

<失敗したくない>
新しいことはたくさん入らなくなるし、自分流のやり方がどうしても抜けないので、それを守ろうとする。それは当然である。今までやっていたのだから、それでやれば安心なのだから。少なくとも「失敗しない」と思う。

ワープロ出身の方は、ワープロの話を基本にしないと覚えていただけない。パソコンをやっていても途中からいつもワープロの話になる。

<自分はできないという思い込み>
自分はできない、という思い込みが激しくなる。できないと思う。という前提で入るとできるものもできないことが多い。

こんなあたりが老いの基準のメインテーマになるんじゃないかと思う。

老いることは悪いことではないし、誰もが老いる。
ご高齢の方でも、アグレッシブな方も多い。でも、アグレッシブでも老いる。

どう、自分の老いと見つめあうかって重要だと思う。

シニア向け商品を開発する方は、老いた人を他人と思わず、自分の未来として考えてほしいな、とも思う。

さらに、若い方と話すと、自分は老いないことを前提にしている人は多いが、老いは誰にでもやってくる。(だから、今からよく老いる準備をしないといけない、と、常々思っている。)
好奇心や判断力は、若いうちから培っておくことが重要。今が一番若いんですしね。
よく60歳くらいのギャルが「自分は今の80歳代見たいにはならない!」と仰っていることがあるんですが、その方が5年後に来て、その方の中に確実な老いを感じることは多いので。そうならない、という根拠のない自信よりも、ならないために、なにかをすべきなんだと思う。

で、そんな私は職業柄、色々な老いを観察しているわけで
最近、自分の中に色々な老いを見つけて、怯えつつ(やはり、怖いもんですね)、「良い年の取り方」を考えている。そのために新しい挑戦をいくつもしているんですが、昔よりもやはり新しいことを始めるのはしんどくなってます。(でも、そのしんどさを乗り越える必要があるなあと思っているのでがんばりますが。)

どうしたらよく「老いる」ことが出来るのかなあ、と思うと、自分のなりたいおじーちゃんなり、おばーちゃんなりをつぶさに観察して、自分の75歳overの像を創るのが手っ取り早いんじゃないかと思う。(ああなりたくない、というのもあればいい)

ということで、今日は「老い」の話でした。

| | トラックバック (0)

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »