« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

シニア層は教養系にお金を払わない?

いつもはカンピューターで企画をしている私ですが、パソコン教室を運営しているのですから、コンピューターに頼ってみることにしました。

弊社では新宿区のパソコン講座を請け負っています。こちらは団体講習。
来季の提案に向けて、ちょいと数字遊び。

今のところ全体的な平均応募倍率1.13なので、全体的に見ればまあまあといえるだろう。

講座の内容を見る。

#弊社の本体のパソコン教室は個別指導であり、みなさん2、3年は通う。パソコンの習得だけではなく、学ぶ楽しさとか、忘れないためにとりあえず月々通っておく~という方も多い。もちろん、2ヶ月くらいでガツガツ学ぶ方もいる。(でないと教室から人が溢れる)
月々の平均新規顧客は18名前後、平均生徒数が130名くらいか。長く続ける人が多いので、趣味系をしている人が多い。講座内容も趣味系のものが多い。名刺を作ってる人、シールを作ってる人、自分史、家系図、塗り絵、みんな好きなことをしている。本当に、長く通ってくださって大感謝である。

集団授業の場合は単発である。長くて6回講座、短くて2回。
人気は短期集中である。

反対に人気がないのが、教養系?講座である。
今、手元のリストを見ると「地図入りチラシ」「名刺作成」「ネットショッピングを楽しもう」など、+αな感じの講座がダンゼン受けが悪い。が、新宿区としては、そういう講座を設けて新宿区民のITふれあいをアップして欲しいというのだから、悩みどころである。

ここで、ふとカンピューターが動く。
うちの生徒さんは「いること」に意義を感じている人もいるので、教養系や応用系、カレンダー作成などお楽しみ系の教材が出る。
しかし、単発講座で募集した場合には、教養系、お楽しみ系が人気がない。これは2年試してみて、そういう結果になった。やってみたいことに必ず、「カード作りたい」という意見が入るのに、である。インターネットをやった、ネットショッピングやってみたいのよね、と必ず言われるのに、ネットショッピング講座はいつも定員ギリギリだったりもする。

+αの教養講座にはシニア層はお金を払わない?
不景気とは余り関係ないシニア層だが、お金の使い方がなんとなく見えてきた。
人気のある教養講座を見ると、スキャナを使いこなそうなど、ハード面に頼っているものが多い。

多分、教養系のものは流れとしてやるならいいけど、特に明確な意思があって、やりたいとは思わないのだろう。

ああ、今、私は、どこかから講師を呼んで、GoogleEarthを使って世界情勢を学ぼうという講座を朝礼時のブレストにかけようとしていたが、これでは人が集まらないだろうなあ。。

だが、やりたい。どうしようねえ。他人がこういう事をいってきたら「やめておいたほうが無難だなあ」といえるが、なんせ、自分の会社だから、うーん、むずむず。やりたい。そうか、仮説を検証するためにやってみましょう!っていってみるのもいいか!

| | トラックバック (0)

シニア層は、今日も元気です。

本日、パソカレッジねや川教室が、寝屋川市対馬江(仁和寺)にオープンしました!
お近くの方はぜひ!仁和寺商店街のところです。

さて、朝から何人かいらっしゃっているのですが、皆さんお元気ですねえ。
不景気とか、論ずる人はいっぱいいらっしゃいますが、うちに通っていらっしゃる方には他人事みたいです。

昨夜はオールアバウトのシニアライフのガイドをされている大塚さんとお食事。
ここには書けない(笑)シニア層のあれこれで大盛り上がり。
人はどう死ぬのが幸せか、などとちょっと人生について語り合ったり、介護施設の選び方のアレコレ・・・いろいろ盛り上がりました。

ご主人が先に亡くなった女性は半年くらいで完全復活をするが、男性は引っ張るよねえ、とか、遺言って重要だよねえ。とか、介護施設ってアレだねえ、とか。死ぬまでの時間が予測できないから、不安とか、恐怖とか?みんな死ぬのに、どうして死ぬことを怖がるの?とかとか。足腰が弱くなったら不安になるのかな。どのタイミングで人は人生先が短いと思うんだろう?先が短いから大切にしてほしい、というのの真意は?

その他、遺産相続で離散してしまったケース、介護施設内での人間関係、お金があっても、嫌われる余生はつらいねえとか。。。そういうネタは大量に持っていますからね(笑)

話が止まらず、ずーーーーーーっと話していたら、

横にいたおばちゃんが(推定70歳前)

「お嬢ちゃん達」と話しかけてきた。(わーい。お嬢チャンだって!)

「暗い話ばかりしてるけど、わたしら、結構元気じゃけん」(広島弁でした)

某交通社のシールを胸に貼ったおばちゃん。

ひとりで、石焼ビビンバを食べるおばちゃん。

そうだよねえ。思っているより、人間って、たぶん、しぶといんだと思う。
楽しむ力をどこかに隠しているんだと思う。

暗い未来を話していた私は、ちょっと反省した。シニアは、今日も元気だ。

おばちゃんはそのまま店を出た。
そのあとから、同じシールを張った人が大量に流れてきた。みんな二人組だ。女性が多い。楽しそうにしている。
ふと見ると、おばちゃんはしゃべる人もなく、少し、さみしそうにしていた。
さっきのセリフとのギャップが、なんとなく、私をせつなくさせた。


ところで今朝。
京橋駅@大阪で乗り換えた。
すんごい大量のおばちゃんが、すんごい大声で再開を喜んでいた。同窓会か?

「みんなそろったー?」
「じゃあ、時間早いけど電車乗っちゃおうか!」

同じ車両にならないように、思わず動いてしまった。


シニアは、今日も元気です。

| | トラックバック (0)

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »