« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年10月11日 - 2009年10月17日 »

年はいつとるの?

先日、小学校1年生に「おばちゃん」と声をかけられた。
マンガだったら45センチは軽く飛び上るほどびっくりした。
たぶん、私が目をひんむいたので、小学生も驚いていた。

私はいつ、「おばちゃん」になったんだろう?

気づいたら、昔、軟体動物のように柔らかかった体は、とても硬くなっている。恥ずかしながら、前屈しても手が床に届かない。(もしかしたら、足が長くなったのかもと自分を慰めることにしているけど)

そう、人は徐々に年を取る。
甥っ子に「ね、わたしはおねーさんだよね。」と聞くと、「そうだよ、お姉さんだよ」と返してくれるものの、それを人は「言わせている」という。そうじゃない気もするが、そうかも知れない。(現実逃避)

**

弊社の運営するパソコン教室は9月から12月が年賀状作成のための超繁忙期なのであるが、昨年の年賀状以来1年ぶり(正確にはもう少し短いけど)に帰っていらっしゃる方も多い。

(あ~、○○さん、年取ったなあ)

と思う。
#もちろん、私は自称大人なので「相変わらずお若いですね!」と言いますが。

何が年を取った証拠なのか、と言われると、具体的に表現する事ができない。

が、たとえば理解力であったり、画面を一読できる力であったり、「次へ」をクリック出来る応用力であったり、少しずつ、衰えている。

「毎日パソコンを触っているんだよ」と67歳のN氏は言う。

「でも、必要な事しかやらないから、他の事をやろうとした時に忘れているんだよね」

できることをやれれば、それでいいのかといえば、できることしかできなくなる。これは若くても当然。
さらに年齢を加えれば、「もしかしたら出来なくなっている事をするのが面倒」になる。

「まあいいや、昔やったから、きっと今も出来るだろう」と、若い頃に出来た事を過信して、やらないうちにできなくなる。

どうでもいい話だが、私は高校時代にちょっとだけ合気道をやっていた。
色々コネを使って、かなりご高名な先生に(もう今はお亡くなりになりましたが)習ったのだが、1年間受け身ばかりやっていた。いいことだ。

大学に入って、合気道の稽古と授業が重なり、足が遠ざかった。

先日、ちょっと受け身の練習を家でしてみたら、酷かった。受け身とかじゃない。倒れる物体だ。それもコロリンじゃなくて、ドタッ。「あの頃一杯やったから、出来ると思ったらやはり年をとると出来ないもんなんだ」と深く認識した。

その「あの頃」のスパンが年をとればとるほど短くなる。

いつ年を取ったのかな、ではなくて、毎日、年をとっているんだ。

が、多くの人は、解っていても、理解しない。勿論自分も含めて。(だから、コンビニで30歳代のボタンを押されているなあとたまに見ると落ち込むのだ。)

やれることばかりやっていたのでは、年を取った時に、やれることが少なくなって、さらに、過去の思い出に浸って現実逃避をしているように見える。

やれないかも、と思う事を少しずつ、若いうちから挑戦する気持ちを持ち続けて実行していれば、年をとっても、なんとなく、挑戦する気持ちを楽しめるんじゃないかなあと、今日思った。

| | トラックバック (0)

最先端の保守層

#大変ご無沙汰しております・・・。最近、いつもいいわけから始まっているなあ・・・。

さて、先般、毎度毎度のことながらシニアビジネスについて話し合っていた。

お題は「いったいシニアとは何者ぞ。」

典型的な若者がいないように、典型的なシニア層もいない。それはなんとなく周知されてきた。
20歳と25歳がまったく違うように、(20歳と30歳の区別はよくわからないよ!と、三十路の私が主張する)60歳と65歳は違う。なんとなく、それも、認知されてきたんじゃないかなと思う。75歳と80歳だって全然違う。

大きく定年退職後といっても、年齢だけで消費行動層が違うのではなく、いろいろなパターンで分かれる

たとえば
・働いているのか、働いていないのか(再就職したかしていないか)
・家族との関係はどうなのか
・子供は娘か息子か
・嫁との関係は良好か
・定年退職後の付き合いのある人は誰か(会社の人か、中学校時代の友達か)

などなど、さまざまな要因がシニア層を分けていて、観察は本当に面白い。
観察、というほどたいそうなものでなくても、中高年~シルバー層と話すのは本当に大好きだ。


そんな中で、「若者になくてシニア層にある層」というのを感じる。
それが「最先端な保守層」である。

若者にも新しいもの好きがいる。常に新しいものを持っている。

シニア層も新しいもの好きがいる。
しかし、ただ、好き、というよりも、その中でもいくつかに分かれる気がする

1)機械ものなどが純粋に好き
2)時代についていくのが好き
3)「最先端」が好き


1)の機械ものが好きな人は、とにかく好きである。昔から好きである。カメラとかも、異常に好きである。
2)「新しいものを持っている雰囲気」が好きな人である。なので、あまり使いこなせなくても、使い方がわからなくても持っていることがステイタスである。使い方や機械の解釈の仕方、サービスの楽しみ方はちょっと違うけど、まあいいや、楽しければいいのである。

そして、3)

「最先端」が好きなのである。
パソコンで言うならば、昔のとても高かった時代に買うような人である。
自動車電話とか買ってた人である。
最先端で高級って大好きである。


3)の人々は、最近の「最先端」についてこれなくなり、(昔は高級=最先端だったのが、値段では計り知れないものが増えすぎた。そして、ものが複雑化しており、持っているだけではステイタスにならない)、すっかり保守に走っている。

以前より「最先端」のスピードが速くなっており、ひとついいものを買えば5年は自慢できる時代は終わったせいとも言える。

そして、思い出に生きる。
「僕は、あれは誰よりも先に買ったんだよ」というように。
思い出に生きていることを否定はしない。経験とはつまり、思い出である。(なんかいいこと言った気がする。気のせい、たぶん。)


本来なら可処分所得も高く、ミーハーだった彼らは、今、何もできずに困っている気がする。
最先端を走っていた故の、保守的行動。
「新しいもの?今は必要ないな、僕は昔は○○を誰よりも先に買ってね、(以下略」
皆が使っている機械を見せても「こういう最先端なのはいいね」と仰る。でも、「使えない自分が想像できて買えない」。


保守的な気持の根源はきっと、「できなかったらどうしよう」という圧迫感なのだろう。

今、最先端好きの彼らは保守的になっている。最先端の反動なのかもしれない。

シニア層の話をしていて、「最先端な保守層」を説明するのはとても難しい。

が、比較的多くて、彼らが困っているということ、シニアビジネスを考えている方々に、時折、考えていただきたい。と思う。
最先端な保守層って意外と多くて、意外と誤解されているので。


本日、パソカレッジ富山高岡教室オープンしました。お近くの方はぜひ。

| | トラックバック (0)

« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年10月11日 - 2009年10月17日 »