« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

男性のコミュニケーション

先日、シニア層のTさん(定年退職済み)とランチをしながら、男性のコミュニケーションについて盛り上がった。

話の発端は、老人ホームについて。
ワタシの知り合いの元気シニアが有料老人ホームを探していて、お試しステイをしたら、既に住んでいる方に「御宅のご主人様、どちらの大学ご出身?」と聞かれて参った、という話をした。

その話はヤソジ会(80歳以上が中心の飲み会)で出たのだが、「ひゃあ」と思ったものだ。定年退職して、何十回目かの青春においても尚、まだ学歴って重要なのか!

その話をしたところ、Tさんが仰った。
「定年退職して、そういう会合とかにいくと、男性は『僕は○○大学出身、○○商事で部長までいきました。あなたは?』と自己紹介が始まるんだよ」

ゲゲゲの鬼太郎。

そういう枠の中から外れると、自分自身を証明できるものがなくなるんだろう。自分という存在を支えているのは過去だったりするわけだから。

星野富弘さんの詩の中で好きなものに(タンポポの絵)
「人間だって どうしても必要なものは
ただ一つ
私も 余分なものを捨てれば
空がとべるような気がしたよ」

というのがあり、それを小学校のときにシスターに渡されたわけだが、小学生ながらに衝撃だった。要は、捨てられないんだ。過去とか、欲とか、脂肪とか、余分なものを捨てられない。
余分なものが世の中には多すぎるんだなあと、しみじみし、そして、その後、煩悩の世界にどっぷりしているわけだが、時折この詩を思い出す。(でも、多分色々なものが捨てられない。)

肩書きメタボリック、過去メタボリック。

でも、人間だから仕方ないよね。という話で結論づく。

「みんなゴルフが好きなんだよね」とTさんが言う。「でも、ゴルフもさ、ああ見えて、すごい上下関係があるんだよ。定年退職したのに!」

知り合いの75歳が、「会社のメンバーより中学時代の友達と会うほうが気が楽」という話をしていたのを思い出した。結局、序列の社会からは逃げられない。

#今の若者がシニアになった時にはなにか変わるのだろうか。変わるような、なにも、変わらないような。

シニア男性は色々な上下関係がある。ゴルフのクラブを高級なものを使っているとか、そんなものから、写真が旨いとか、そんなものまで。
上下関係をフラットにするのではなくて、その上下関係をうまく活かす手法がシニア男性マーケティングには求められているんだろうなあと思う。

ちなみに、シニア女性は、息子がいる場合、息子の学歴や仕事内容で同じことが起きたりする。
娘の場合は嫁に行ったか行かないかとか、嫁に行ってなくても仕事バリバリだもんね!ということで、水面下の争いをしていたりする。


私たちは、絶対的に生きているのではなく、相対的に生きている。それが、社会なんだなあと思う。
内側から形が作られるのではなく、外側から削られて、その人が浮かび上がってくる。そんな感じ。
その点を、マーケッターは間違えちゃいけないですね。

| | トラックバック (0)

前例なし人生

時折、こういう人にであう。
「やったことがないからできません」「教えてもらってないのでできません」

生徒さんがこうおっしゃった場合には、まず概要を説明し、到達点をイメージさせ、そして、横にいて、目の前でやっていただいて、安心していただく。
仕事関連でそう言われてしまった場合には、やる気があるのかないのかを検討し、そして、検討次第で黙る。(私が黙るなんて奇跡に近いのに!)

やったことがない、でも、楽しそう、やってみたい!そう思える人は、もしかしたらあまり多くないのかもしれない。
やったことがない、怖い、だからやりたくない。これは老化のせいなのかもしれないし、そうやって、会社や家庭で育てられているのかもしれない。

日本という土壌がそうなのかも。代々土地を守っていて、村には長老がいて前例を示す。
少なくとも、前と同じにすれば、大きな間違いはない。前例を大切にするのはリスクを冒さないためでもあるし、それはそれで正しい。大きな変革がないだけで。

なので、新しいことにであっても、新しいサイトに出会っても「使ったことがないからこのサイトは解らない」とトップを見て判断する人は少なくない。あるべき場所に、あるものがない場合に限り、であるが。

だから、シニア層も使えるウェブサイトにはルールがあるのだ。というちょっとした宣伝。(笑)

さて、「前例がない」と動けないという話。
多くの企業が今のシニア層市場を掴み損ねているのは、本人たちも迷走しているからじゃないかなと思うことがある。
元気すぎる60歳代の、70歳代の前例がないのだ。それも、シニア層自身の中に。もちろん、それは若手の中にも。接してないから「想像がつかない」。

私は今、31歳だが、「そういえば、○○さんは31歳の時、もっとかっこよかったなあ。私もしっかりしなくちゃ。こんなバカみたいな事ばかりやってちゃだめだ!」と思うことがよくある。前例と比較しながら人生を歩む。
さらに、いつの間にか31歳になったが、いつ31歳になったのか解らない。
理想の31歳はあっても、自分はそれとはちょっと違う。だから、前例がない。(ちょっと極端な例だけど)

シニア層も、自分は60才であり、70才であり、自分の意識の中で、○○さんの60歳、70歳はたくさんあるが、それを自分にあてはめられるかというと、ちょっと違うんだと思う。

たとえば、今日若手のWさんが御来社くださり、いろいろ雑談の中で、「シニア層はもう恋愛とかないでしょうー」という話になったが、先日いらした70歳代の男性は「先生、えっちなホームページの見方を教えて!」と笑いながら言って、うちのかわいい女子大生たちがドン引きしていたくらいだ。女性だって灰までという。実際、灰までだ。

そう、シニア層自分自身が、60歳、70歳代はそうあるんだと思っているんだとおもう。しかしながら、自分は違う。それとは、大きく違う。自分が思うその年代よりもはるかに若い。

そうすると、どうふるまえばいいのか分からない。
そういう人たちにアンケートをとっても、結果が現実と乖離しちゃうのは仕方ないことなのではないかと思う。
自分でも想像できない、前例のない人生は、ご本人も想像がつかないだろうから。

だから、ヒアリング調査なんだなあと、一昨日、ややシニア層に当たる(といったら失礼ですか?お兄様。)Tさんとランチしながら、そう思った。

前例がない人生も、カスタマイズ人生とかオーダーメイド人生とか思うと楽しいのだけど、自分がどうなるか分からないとか、寝たきりとか認知症とか、不安が沢山あって前例がないというのはやはりちょっと怖いなあと思う。
もっと若者は高齢者と触れ合って、いろいろな前例をケーススタディとして学んでいくのがいいなあとも思う。高齢者もいろいろですから。なりたい人、なりたくない人。

| | トラックバック (0)

パソコン上達の王道

「どうやったらパソコンがもっと上手になるの?」と聞かれる。

今まで、色々な方を見ていて、パソコン上達の王道は2つ。

・仕事でどうーしても使わなくちゃいけない
・恋愛

なにもかも、解り始めると楽しいのだが、解り始める前にくじけてしまうのが人の常。
仕事で使う場合には苦しくても使わざるを得ないし、そしてある日解るようになると人生が晴れる(ような感じ)

定年退職した人には仕事がないじゃん!と言われそうですが、実際そのとおり、ただ、ご主人の仕事を手伝うようになった、町内会の仕事をするようになった、など、求められる事を一つ一つ、苦しくても出来るようになって来ると、人はパソコンが楽しくなり、学ぶ事が楽しくなるともっと上達する。

そういう人の目って、本当に美しい。

実例を挙げると、Sさんは定年退職後に再就職しているのだが、再就職メンバーの中でも少しパソコンが使えるほうだったのでどんどん仕事を任されて、今では再就職メンバーの中での出世頭である。
一方、現役のTさんはどうにか人に聞きながらその場でしのいでしまうので、自分自身は出来ないままである。
Sさんは益々上達するし、Tさんは自分はパソコンを使えないと思い込んだまま定年を迎えるだろう。

苦しい時を「やらなきゃいけない」場合に、その後に上達が見えて世界が輝く(といったらオーバーかな)
だから、どうしても逃げられない仕事の場合は、必ずその先に光が見える。

そしてもう一つが、恋愛。
これはすごいですよ。
お宅のお母様なり、お父さまなりが突然パソコンが上達して、仕事も関係ないのに、と思ったら心の中でプチ恋愛、いや、すでにプチではないかもしれませんが、恋をしている可能性があります。

大学4年の時に(ここにも書いたかも知れませんが:就職氷河期っこなので、不景気中の事)、景気回復・内需拡大のために、日本国民が恋をすればいいのではと突然思いついて、「日本列島恋愛計画」と銘打っただけで何もしていない計画があるのですが、

恋をするとすごいですねー。

それは目が合ってドキドキで十分なんです。芸能人に対する恋でも問題ありません。

失楽園とか、ドロドロはちょっと苦手です。平和が好きなので。ビバ平和。

西武の岸君が画面に映っていて、思わず嬉しくなって、ネットで西武ライオンズのページをくまなく見てしまうような、そんな感じです。

そう、それが上達の道なのです。
書を捨てよ!街へ出よ!恋をせよ!命(残り)短し、恋せよシニア!

なのである。

とはシニアの皆さんには言えなくて、「ネットでお友だち作ると楽しくてパソコン上達しますよ」くらいでやんわりとくるんでしまうのですが。

ところで、なんでこんな事を書いているかと言うと、以前のノートを見直していたら「パソコンの上達の肝は仕事か恋愛」とメモしてあったからであります。

という、テンションの違う雑文でした。

さあ、みなさん、街へ出て、恋をしましょう!(少しは内需拡大になるかも?)

| | トラックバック (0)

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »