« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

サービスしたくないお客様にならない事も考える

前の話の、ちょっと続き。

シニア向けのビジネスをして、早7年位経つ。
市場の流れなど、いろいろな事を感じるが、その前の記事の老化入門のように老化について考える事が多くなってきた。

シニアビジネスだけではなく、どのビジネスもそうだが、ターゲットを把握する事はとても重要である。ウェブを作るにしてもそうだ。

どういう人で、どういう事に喜び、どういう事に悲しみ・・・など。

そして、誰を幸せにしたいか。

そういうことを、諸々考える。
多分、商売する人なら、息を吸って吐くようにそんな事を考えているんじゃないかな。と思う。

そうすると、ターゲットの人がどのようなことを求めていて、どういう広告チャネルをとって・・・など、何となく決まってくる。

決まってきたら、どうやってもっと面白くするかでアライアンスを考えたり・・・これが中小企業の商売の仕方なのかなあ。私のやり方は、コレ。

で、商売を始める。
まあ、思った様にすべてうまくいく訳じゃないけども、今は比較的気に入っている。

そんな中で、「あー。この人にはサービスしたくないなあ」という人もいる。
つまり、ターゲットとしていなかった人である。
ストライクゾーンから大幅に外れて、長嶋サマでも打てない様なボールである。

我が社の掟には「無理をしない!」と言うのが有り、私が苦手なら、誰かが好きだろう、じゃあみんなでチームで接客しようね!と考えている。

でも、それでも、みんなが「無理ですっ」という人がいる。

もちろん、最初虚勢を張っていて、みんなが苦手な人だったのに、通う間に次第に少しずつうちとけて来る、シャイな方もいる。色々な悩みもあるだろう、教室はお友達でもなく、家族でもなく、プライベートを知らずに、程よい距離感なので、いろいろな話を打ち明けられる。で、まあ、多くの人を好きになる。

その中で「無理ーっ」という人。教えると、こちらが疲れてしまう。
そう言う人は、最初の頃は得てして「良い人」である。明るくて、面白い。若く見える。が、長くいるうちに、ただ、声が大きいだけ(意見の主張が多い)事が解ったりもする。

そう言う人を相手にサービスを展開した場合、現場がどっぷりつかれてしまう。
「吸い取られる。」そういう表現がよくあう。

まあ、そんな人はどんな世代にもいるのだけど、シニアはそう言う人がいない!と思っている人もいるようなので、取りあえず。
#でも、そのような方は反面教師にとても良い。


そういう、「もしかしたら良いシニアでも、この人にはサービスしたくないなあ」と思われるようなシニアにならないように気をつけようっと。

何度も言うが、年を取ると、誰でも老化する。
想像力が減ってきたり、考える力が減ってきたりする。
経験したもの以外のものに出会うと躊躇する。

シニア層は、そういうハンデがあるということを、シニアビジネスをする人は、理解してなくちゃいけない。と思う。
精神的にも、いろいろ若い事は違う。

現場の声を聞いてばかりいたら、収集つかなくなるけど(うまく取捨選択できる人がいなければ。時折、お客様の意見を100%聞いちゃう人がいるが、それってあとで辛いぞー。)、現場が疲れちゃうような施策はイクナイと思う。(って、自分に向って云う。みんなありがと。)

ちなみに、この人といると疲れるなあ、と言うシニア層
・自分が若いと思っている(年長者としての落ち着いたふるまいがない。)
・自慢話しかしない
・人の話を聞かない(そして勝手な解釈をする)
・「余命が短い」と繰り返すひと
・頑張らない人
・すぐに答えが出ないと怒る人
・自分の要望しか言わない人
・されてあたりまえ、してもらえないとブッちぎれ
・順番を割り込んでくる
・どうにか「お得」だけを引き出そうとするひと。その場は楽しいけど、2回目やられたらちょっとやだ。
・ごねるひと。ごねるとどうにかなると思っている人。塩まきたい。(これが嫌なのは私だけかな?こちらが折れる羽目になった時は、いつかこの気持ちを・・・と思っているのだ。性格悪いー)

ね、どの世代でも一緒でしょ?(余命以外は。あと、ご高齢の方の方が、ちょっと我慢がきかなくなるかも。待てなくなるし。)
みなさん、良い老後を迎えて、よいサービスを受けましょうね!
サービス業だって人間ですからね。受けるサービスの質は自分自身の鏡だったりもします。
反対に、お客様も、サービス提供者の鏡です。どういうお客様を集めるか、というのは自分自身の質を試されていたりもします。「教室の雰囲気、お客様の質は、あなたを映しています」と、フランチャイズをオープンする時には必ず言っています。つまり、サービスってお互いが作ってるんだ!

素敵なおばぁさまになりた~い。

| | トラックバック (0)

あなたのシニアビジネスが失敗の予感を携えている要因。

春のせいか、いろいろな事がやりたくてたまらない。
とりあえず今年の目標は「面白そうな人に会う!」なので、いろいろな人に会う事にしている。だから、毎日とても面白い。

そんな中、T氏からシニアビジネスの相談を受けた。(ご連絡を頂いたのはT氏ではないが、割愛。)

色々話を伺って、思わず、「うーん、それは厳しい。あまりにも、シニアをしらなすぎる。」と呟いてしまった。(その後、T氏曰く「めっちゃ怖かった」とのことでしたが)

で、お話を伺いながら、シニア向けビジネスが失敗する理由をつらつら考えていた。

簡単にいえば、シニア層を理想化し過ぎている。と言う事に尽きる。
また、シニア層は経験が若者よりあるのだから、いろいろな面があるということを理解していない。
この方面ではお金を使うシニアが、どうしてこっちではお金を使わないんだろう?ということは多々ある。なのに、貯金残高だけ見て「お金を持っている!」と言う理由で一面のシニア層が喜ぶだろうと勝手に若者が期待して、サービスをばばーんと打ちあげて、しゅーんと消えていく。感じ。

お茶を飲みながら考えた。
あなたのシニアビジネスが失敗の予感を携えている要因。

★ 若者の理想をシニア層に求め過ぎている。
良い人もいますよ。大好きな人も多いです。でも、実際はそんなんじゃない時が多いです。聖人君子ではありません。仙人でもない、人間。

★ シニア層の多面性を無視している
勝手に理想のシニア像を作っている。マスコミに踊らされ過ぎている。
派手そうに見えてめっちゃ渋い方もいるし、渋そうに見えて綺麗な散財が出来る方もいる。

★ 声の大きい人を疑わない
あなたのご意見を・・・と募集した場合、意見が出る人は、だいたい喋るのが好き。意見を言うのが好き。だから、時として、その意見は実態と外れる。

★ シニア層の意見に期待する
というよりも、ふつーに暮らしていたら、不満もぐっと我慢しちゃう。不満を見つけ出せる人がビジネスで有り、それを、一般人に期待しない。なのに、「●●さんが言ってました」などと、そのちっさなN数に頼る。

★ 難しいものを提供し過ぎている
新しいものなんて求めてないです。複雑なものなんていらないです。
今の生活が、ちょっと良くなったり、超楽しかったり、刺激であったり、自慢であったり。
そう言うのを求めてるのになあ。年を取るとそんなに時代について行けないですよ。

★ 働いている人と働いていない人を一緒にしない!
働く、ってことは、働いている人には普通の事でも、定年退職をしたら世界って変わるんですよ!まず、情報が入ってこない。友達が減る。呑みに行く相手が変わる。
そして、定年前は定年後の話をしたりしても、実際に真剣に考えていません。私が余命半年リストや遺書を作っていても、たぶん、余命半年と言われたら全く違う行動を取る(と思う)ように。人間は賢くありません。

★ 打算が見えない
シニア層は経験が豊か。振り込め詐欺のような緊急を要するものについては思考停止に陥りがちですが(パソコンのエラー画面に然り)考える物は、ものすごく穿った考えをする事もあります。良く考える。でも、余り考えない事もある。そのシニアビジネスが、シニア層に考えさせるものなのか、考えさせないものなのか、そういう事も重要。

★ 前向きな人ばかりじゃない
70過ぎた辺りから、新聞の訃報欄に自分より年下の人が見えるようになってから、消費のライバルは余命です。
なので、60歳前半より、70歳代のほうがおもしろい消費をするんですけどねえ。
で、前向きな人ばかりではない。どうせ・・・と言う人が年を取る度に多くなる事も忘れてはいけない

★ 老化している事を換算できない
老化しているのに、「アクティブ」に老化を織り込んでいない。
アクティブシニアの「アクティブ」と言う言葉は20歳代と同じアクティブと言う意味ではない、ということを理解していない。

挙げられたビジネス候補一覧を見て、そんな事を思った。
なので、「1ヶ月ぐらい、シニアにもまれて、大量に話してみると良いと思いますよ。内でバイトしませんか?」と迫ったら「遠慮しますっ!」と言われてしまいました(;;)

シニアビジネスを始めたいと言う人は、大体、ターゲット像の選択が間違っている気がしてならないのです。

とかいって、いつも読んでいるchikirinさんのブログでシニアの事が題材に挙がってきてからなんとなくどきどきしているのですが・・・(参考になるので是非読んでください!)次回が「アクティブシニア」という言葉に騙されない的な話になるようで、「アクティブシニアだ!」とウェブに謳ってる自分としては、ドキドキで心臓が口から飛び出そうです。(でも、いつも、アクティブシニアの多面を見よう!という話はしてる筈。。)

シニアビジネスは、たぶん、美味しいけども、きびなごをカブトムシの網ですくっちゃいけない感じ。哲学的。(どこがじゃ)きちんと、ターゲットを把握し、数名の意見に惑わされず、理想の老後を作りましょう!

ちなみに、うちは、シニアビジネスとして成功しているかと言えば、すごい自信はないが、まあまあ、今は良い方なんじゃないかな、と思う。大きくないけど。全く小さくて、小さくてたまらないけど。

私は、最初シニアビジネスなんて大きな事は考えて無くて、ただ単に、自分が中高年男性にもてることと、おばあちゃんっこなので、シニア向けの物を始めただけだ。今も、シニアの人たちが大好きだ。先輩として、いろいろな悩みを抱えている人間として、とても好きだ。若い人に対してはどうしても自分との比較が入るが、中高年は自分と比較しなくていい分、新しい世界の話として、(これからある世界の話として)色々な話をうかがえるので、シニアもシルバーも大好きだ。

途中で、シニア向けビジネスの難しさはよくよく気付かされた。
もちろん、そこにノウハウが溜まったが、今は、それ以上に未来を創ること、その中に楽しい老後を創出していくことに興味がある。すでに「おじいちゃん、おばあちゃんはね」というビジネスはしていない。人間として、シニア層を客観的に把握する。「うわあ、お年なのにお元気ですね」なんて言っているうちは、市場をよく見えてないんだと思う。(あ、お世辞では言いますよ。寝てても言える。「お若く見えますねー」)

私がいうのは、本当に現場から、つらつらとで、余り参考にならないかもしれないが(あまり説得力もない気がするし)シニアビジネスをはじめよう!と言う人の、なんらかのお手伝いができればいいなあ、と考えている。

ということで、もし、シニアビジネスをやりたいと考えているよー。と言う方がいらしたらご連絡ください。仕事ベースで無くても、面白い事なら嬉しいです。面白い人なら嬉しいです。面白くない事なら寂しいです。今年は色々な方に会って、いろいろな刺激を頂こうと考えているので、どうぞお気軽に仰って下さい。

多分、アイデアに味付けとか、形にするとか、そういうのはできると思います。面白かったら教室で実験してみます。面白くなかったらやりませんので、やらせないでください。期待しないで下さい。

勿論、その楽しい話が、最終的に仕事になったら嬉しいですけど。


#ところで、Tさん、他意は無いです。申し上げた内容で思った事をつらつら書いただけです。面白未来創出、やっていきましょう~

| | トラックバック (0)

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »