« エラーもしくは確認メッセージとシニア | トップページ | 老いの基準? »

ガラパゴス化する人々

だいたい、機械のすべてを使いこなしているのではなく、自分が必要な機能ばかり使い、それで満足しているために、他の機能については忘れてしまう。

それが年をとるともっと大変だ。

まず新しいことが頭に入らない。
前のやり方を使いたい。

少なくとも、前のやり方でやれば、安全なのである。
新しいことを覚えると言うしんどさからも逃げられる。
だから、なかなか新しいもの・ことが自分のものにならない。

そして、自分流の人が増える。

「家ではこうやっているから、教室でも同じようにやりたい」

弊社の運営する教室はノートパソコンの持ち込みが可能なので、ノートを持ち込んでいただければいいが、持ち込めない人は色々悩みが深い。


先日、とあるご婦人(70歳)が言った。

「今日はパソコンを持ち込まなかったけどね、私の使っているファイルはエクセルにあるから大丈夫。」


でた、マイルール。

「でも、パソコン違いますよね」とスタッフが言う。

「今日は教室のパソコンなので、多分、USBメモリとかもっていらして頂かないと、前のファイルがないんですよ」

70歳女子、笑顔で答える
「何言ってんの!大丈夫よ!」


なにが、大丈夫なんだ?!

で、実際エクセルの「最近使ったファイル」には、その方のファイルはない。
「おっかしいなあ、いつもここからやるのに、絶対大丈夫なはずなのに。」

個人のガラパゴス化。

それって、高齢だからなるんじゃなくて、若い頃からの蓄積で、ガラパゴスになって行く。
そしてマイルールが出来る。


ローカルルールとかってレベルじゃない。
マイルールだ。

しかし、徐々にガラパゴス化したので、マイルールが他の所のルールと微妙にずれている事に気づかない。自宅ではそのルールを守れば自分は間違えないので、それが世間もルールだと思う。若いうちからそういう傾向の方もいるが、高齢になって、社会と触れるきっかけがなくなればなくなるほど、マイルールは磨かれる。

エクセルファイルの場所は、ルールと言うほどではないが、自分の決めた場所に入っているべきである。というルールがある。


人間は、ガラパゴス化する。

そこをどう、対応するか。その認識からシニア(高齢者)ビジネスって始まるんだと思う。

で、人はみな老いて行くんだ。自分の未来が、私たちの未来が少しでも明るいと良いな、と思う。
あ、さよなら絶望先生の新刊買うの忘れてた。

|

« エラーもしくは確認メッセージとシニア | トップページ | 老いの基準? »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/46918647

この記事へのトラックバック一覧です: ガラパゴス化する人々:

« エラーもしくは確認メッセージとシニア | トップページ | 老いの基準? »