« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年3月2日 - 2008年3月8日 »

キれる大人?

解る人にとって、解らない人というのは想像もつかないと思う。

どうでもいい話ですが、先日、甥っ子にバレンタインのチョコレートをあげました。
同じものを大人2人にもあげました。(私に色恋とかそういうのは期待しないであげてください)

大人の反応
「すげー。さすがだ」「チョコといった瞬間にまさかモリマミからまともなものが来るとは思ってなかったけどこれは面白い」

甥(8歳)の反応
「なにこれ?なんでカニなのにチョコなの?意味が解らない」

子どもにナンセンスは通じない、というよりもセンス(共通常識:チョコはチョコらしくあるべき)がしっかりと確立していない段階でセンスを崩そうとすると教育上よくないのかも。(でもあげちゃう)

先ほど話していた方、「ホームページを作りたいんです」そういうのは私が担当しているので、話をじっくり聞く。
「ほら、なんとか省みたいに攻撃を受けたら困るでしょ」

「えーと、よほどのことがない限り、サーバを借りるわけで、そういうのは心配しなくてもいいかと。」

「ほら、掲示板とかあるじゃん。2ちゃんねるとか、ああいうの、掲示板はつけなくちゃいけないかな。2ちゃんねるとかいろいろ書き込まれたら返事をしなくちゃいけないから大変だよね」

「・・・・・。えーと、今の話の流れと2ちゃんねると、どういう関係なんでしょう?自社で掲示板を持つということですか?それとも、2ちゃんねるに書き込まれたくないということですか?」

「今のホームページは僕が一日何回か見て検索エンジンに影響があるようにしているんだけど」

「自分で見たからと言って、カウンターが上がったからと言って、検索エンジンには関係ないと思われます」

「ぼくさ、自分のホームページにアイデアがあるんだ。掲示板とかつけたり」

「○○のホームページを作ろうと思うんだよね。いろいろ情報を集めて問い合わせて・・・」

「でもさ、僕メールできないから、だれかバイトの子でも雇って」

・・・・・・・・。メール、、、できないか。。。。ぬぬぬぬぬ。

「更新頻度が高いならブログにしたらいかがでしょ」と私が問うと
「ブログ?いろいろやっているって噂に聞くけど、みんな、芸能人のブログしか見てないんでしょ?」


ちなみに、本当に普通の商店主さん。いろいろ情報をききすぎた商店主さん。人の良さそうな方。
構想は広がるが、その工数とかは想像もつかない商店主さん。

解らない、という世界を解るようになるのには難しい。

で、私はすぐにやらなくちゃいけないこともあったこともあり、話の整理がつかないことに少し、いらいらしていた。

そんな中こんな記事

加齢に伴い、キレやすくなる傾向もある。脳の前頭前野の外側部が衰えてくると、怒りっぽく、キレやすくなる。諏訪東京理科大の篠原菊紀教授(脳・人システム論)は、こう言う。

 「高齢者がキレやすいことは、抑制力がなくなってきていることの表れです。幼稚園児から80歳までの脳を調べていくと、怒りなどを抑制する機能は 30歳をピークに徐々に落ち始め、60歳になると、6歳児とほぼ一緒になってくるのです。高齢になればなるほど先のことが思いえがけなくなって、衝動的に目先のことばかりに思考がいくのです」

これは高齢者と考える力について情報を探していた昨日にであった記事だけども、それよりも30歳がピークという文章を読み、ああ、私はこの程度の抑制力がピークなのかと、それでは60歳になった時は私はどうなっているんだろうかと、不安に思えてならない。60歳になったら自宅で東京タワー型のチョコレートを買ってゴジラの気ぐるみ着て東京タワーを倒しまくってやる。えい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解りやすさと考えないこと

商品を買ってもらうのには解りやすさが必要である。
解りやすい、というのは非常に奥が深い言葉で
これは「使いやすい」とはまったくもって意味が違う。

なので、商品を買ってもらうこと、登録してもらうことを目標とした(まるで、結婚がゴールのような)文章になりますので悪しからず。

目的を達するには、バラ色の未来が描けないといけない。
バラ色、というのは
1)それを使うと、おれさま超人気者、すごくバラ色人生 とかいうポジティブなもの
2)今の苦痛から超解放される とかのネガティブなもの
そういうことをきらきら想像させなくちゃいけない。

たとえば、Hさんは随分前に食器洗濯機を買った。
「これを買えばきっと今の面倒くさいことから解放される!」すごく解りやすいイメージが彼女の脳内に浮かぶ。

それを買おうとする時に「きっと使えないかも」とか、シニア層から聞く「面倒くさそう」とかいう言葉はない。
もしかしたら難しいかもしれないけども、それにあまりある何かが待っている。

シニア層が面倒くさい、というのは言い訳に過ぎなくて、
もしかしたら、もしかしたら、それを言い訳にしないでやらないようにしているだけかも。
それは、あたかも「失恋するのが面倒くさいから恋愛をしない」と宣言している人のように。

商品の場合、難しい配線とか、ボタンのやり方とか、買った後に使いやすさを気付くことは多い。
買うときはそんなことを思っていなくて、それを持った時の自分の生活の変化にワクワクしてしまう。

買ってほしければ、使ってほしければ、それがあなたの人生をどう変えるのか、ものすごく想像しやすい形で調理して提案しないと、人は動かない。特にシニアは。想像力が落ちてくるんだもの。

与えられることに慣れた人が、自ら考えるようになるのは難しい。
きっとこうして使ってくれるだろうとか、そんな妄想は、妄想にすぎない。道端で突然誰かとぶつかってそれが運命の出会いだったとかって妄想に近いかも。(笑)
シニア向けに商品やサービスを提供するときは、どう使っているか、使っている人がどんなにバラ色の表情をしているか、そういうことをもっともっと、想像とかレベルじゃなくて、すぐに自分に置き換えられるまでに噛み砕いて提供しないと人は動かない。

年をとると、考えることをしなくなる。今、私たちが日常考えているのも、ただの考えるふりだったりすることが多い。今までの経験に照らし合わせて、無難な答えだけを導いている場合がほとんど。シニアの人と話していて「私、本当に今まで考えて暮らしてないから」という言葉をよく聞く。考えるふりはできる。でも、考えていない。

だから、売れたいのであれば、使ってほしいのであれば、考えさせない。
結婚の先には「バラ色の人生」(Byミッチー。古。)すっぴんの彼女など、想像もつかない。それでいいのさ。結婚までは。ということ。とはいえ、バラ色の人生ばかり見せているといつの間にか期待値が高くなってしまって顧客満足を得るのが難しいってこともあるので、一応お断りのとおり「結婚がゴール」「結婚が人生の最終目標ですっ」という考え方に基づいて本日はお送りさせていただきました。ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり老化中

シニア層の口癖がうつる。
先日同級生と話していて、私の話し方が異常におばさんくさいのに衝撃を受けた。
やだわー、もう。(ちなみに、やだわー、の所ではなぜか手を出して相手を軽くたたくのがミソ。)

ところで、シニア層。
共通の「口癖」がある。
私達の中で「これが会話に出てきたら、シニアだなあと思う」

それは

「やっぱり」。


やっぱりそうじゃない?やっぱりそう思うんだけど。やっぱり、やっぱりじゃなーい。

どこの女子高生だ。やっぱり女子高生じゃないか。

やっぱりさー、こう思ってたわけ。
と、とにかくやっぱりが多くなる。
これを話していると、わが社の打ち合わせ中にも「やっぱりさ」が増えて来る。ああ、全社で老化邁進中。

先日40代前半くらいの方と食事に行った。
「やっぱり」を連発される方なので、どうしてどうして、若く見えるけども考え方は意外と年なのね、と思っていたら、なんと50歳を過ぎていた。なんと。なんと。やっぱり若く見えるわね。いまどきのシニア層は。

やっぱり、と言う言葉は共通の固定概念があることを示している。
自分が思っている事を言葉にせずに相手と同期を強制的に取る、と言う点で、「やっぱり」が連呼されると自分の頭が固くなってきているという事を暗に示している。

ということで、ご自分の会話に「やっぱり」比率が高くなると頭の中が急激な老化を迎えているという事、そしてご自身の周りに「やっぱり」を連呼する人がいたら、その人は50歳代後半以上の考え方をしている、もしくは頭が固くなっていると思った方がやっぱりいいとおもう。


年齢見分け方法β
※外見に騙されてはいけない:これは本当に思う。
1)口の周りのシワ
2)「やっぱり」の連呼率

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年3月2日 - 2008年3月8日 »