« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

都合の悪い話は聞かない

今日は比較的静かに朝が始まりました。
6名のシニア・シルバー層が朝一からお勉強されています。

さて、Yさん56歳。
「パソコンって思いもしないことがあるから混乱しちゃうんだよね」と仰います。

今日の彼の「思いもしないこと」はスタンバイに関係する事。
画面が暗いのにランプがついている、ということがどうも気になって仕方ない様子。

スタッフが説明する。
渾身の力を込めて、それはスタンバイになっているのかもしれないと説明する。

「うんうん、そうなんだ。でさ、おかしいんだよね。画面が消えてるのに(以下ループ)」


いや、まったく人の話を聞いていない。
思わず後ろから突っ込もうかと思った。

Sさん80歳。
写真が趣味。
DVDに写真が入らないのはCドライブの空きが小さいからだと思い込んでいる。
原因は写真が多すぎてDVDから溢れてしまうのである。

「DVDは引っ越しトラックみたいなものですからね、積載量が多すぎるといっぱいです、って言われるんですよ」月曜日の朝は笑顔も通常の1.2倍(自分比)

「うん、そうなんだ、で、このCのピンクが少ないからDVDに入らないんだよね」

彼は外付けからDVDに焼いているので、関係ない。

「うー。関係ないですねー。このCはパソコン本体で、SさんはこちらのハードからDVDに行ってますよね。云々」

「ふーん。で、Cドライブは・・・(以下ループ)」

結局、思い込んでいる内容は人の説明なんて聞いていない。特に男性でこの傾向が多い。

目の前にいるNさん74歳。最近パソコンにはまっている。

「この文字を中央揃えにしてね!」と嬉しそうに話す。

「これを右に揃えるにはどうすればいいんだろう?」
スタッフが右揃えを説明する。

「そうかー。ぼくはてっきり、スペースで右にやればいいのかと思っていてね」

「まあ、それよりも右揃えの方が楽ですよね」と笑顔のスタッフ。

「で、僕は家でずっとスペースで右にやっていてね(以下ループ)」

彼らは、自分ルールを作る。野村監督のゲン担ぎみたいなの?このパンツを穿いていたら勝つから、ずっと穿き続けるみたいな。

自分ルールを改革したり、是正したりするのはとても難しい。
長年生きていて、頑固になると言うよりも、そう思うのだ。思い込んでしまう。

思い込んでしまうと、他の人の意見は耳に入らない。
質問をしても、聞く気はない。

最近、高齢者向けの機械について考えさせられる機会が多いのですが、最初の印象で、どれだけ間違いを減らすか、間違わせない・思いこませない仕組みを作るかが今後事故をなくすキーになるんだなあと思う。

「ところで、DVDに入らないときは」とまたSさんが私に声をかける。

こうやって日曜日にためた笑顔エネルギーが摩耗していく気分になる。(笑)

| | トラックバック (0)

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »