« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

子どもと親

毎年、出身中学に6,7回ほどパソコンを教えに行っている。かれこれ7年くらい経つと思う。
7年前は中学3年生との差は8歳程度だったのに、いつの間にやら干支が一巡し、今じゃ15歳くらい年下の子と接するわけだ。
視点を変えるのにこんなにいいチャンスはないと、平日の昼間にノコノコ指導に出かけている。

昨日は本年度最後の授業。
私の役目は卒研(卒業研究というのがある)の課題をインターネットで調べるときの生徒補助。
補助とは名ばかりで、皆が悪いページ(と、勝手に認識したもの)を見ていないかどうか、教室で騒がないかなどをチェックする、いわばナマハゲのような役目である。「わるいごはいねがー」

最後の授業は卒研の提出日であったため、人の入りが少なく、来た子はすでに提出済みの子ばかり。
なので、たまには中学生としっかり話してみようと、決めた。

というのも、前回のときにKATUN?が好きだと言われ、「それは二人組か」と回答したところ「はあ?」と言われてしまったことも、心に引っ掛かっているのかもしれない。正解は6人組だそうです。

「モバゲーとかってやってるの?」と恐る恐る聞く。
「えー、先輩、モバゲーやってんの?」と驚かれる。
「いやしてないけど」
「私の周りにはモバゲーとかしてないなあ。今はピクシブにはまってる」(画像サイトらしい)
とか
「やっぱりYOUTUBE面白いよね!」とかとか、なんとか、会話はついていけそうだ。
「黒板inいいよね」とか、ほら、私も立派に彼らに混じっている。身長も同じくらいだし。

遊んでいるだけではなく、ちょっとしたワード講座をやってみた。
ショートカットを教えてみたり、画像の動かし方を教えてみたり。

すると、驚いたことに、彼らは、興味を示さない。新しくて、便利な機能だったらもっと興味を示すのではないかと思いきや、「ふーん、でも、私パソコン使えるし」と既存技術からはみ出ようとしない。これは驚きだった。例えば絵を動かすのもがんばってスペースでやったり(なんて効率が悪い)、文字を大きくするショートカットも、まるで覚えるのが面倒臭いという様だった。(これは別に覚えなくても生きていけるけどさ)

たぶん、今のタイミングで習うことではなく、彼らは友達がやっているからカッコイイから自分もやる、というのが過去の流れから見ると、一番技術を入手しやすいんだろう。そういえば、ご高齢者も友達がやっていてかっこいいから、あれをやりたいと入る人も多い。

結局、どういう人と友達であるかということって重要だなと思う。人の種類は「るつぼ」ではなく、「もざいく」なんだろう。これは今日の結論1.

で、その続き。
その子供たちの母世代が弊社に通っている場合もある。
「子どもたちはすぐに使えるからね」「面白いように吸収して」と自分の子供をうらやましがる。
私は、申し訳ないが、あなたの子どもたちはあなたが思っている以上には使えていない、と思っている。
(母校は決して偏差値的にひどいところではない。まあまあである。一応受験して入学している)

確かにインターネットで面白いことを探し出す能力は誰よりも長けている。
世の中を面白がる力も中高年より、三十路より、よっぽどある。

しかし、基礎知識は教えないと自ら吸収できる子は稀である。
学校で教えてもらっているというのは幻想である。
学校で数学だって、歴史だってきちんと教えられているのに、興味を持たないのと同じ感じで、学校で教えられているからパソコンができるわけではない。友達同士でYOUTUBEを教えあって喜んでいるくらいだ。
結局、お母さん世代は「パソコンが使える」ってよく解らないので、子供がパソコンに向かっているだけで使えると思ってしまう。で、彼らは新しく覚えるきっかけを失ってしまう。それってもったいない。結局、親がしっかり学んでいるか、新しい知識を恐れずに得られるかで子供の学ぶ姿勢が変わる。得られる知識の幅が広がる。

結局、両親でも、塾の先生でも、学校の先生でもいい。
勉強を上から押し付けるんじゃなくて、キラキラ楽しそうに語ることができる人が、その教科を通じてキラキラすれば、子供たちも興味を持つんじゃないかなあ。と思う。

話が脱線し始めたので、簡単にまとめると
パソコンを使えない親の子供は子供も結局パソコンが使えないし、(使っているふりはしている・きちんと教室に通えば別)パソコンが使える親で、尚且つパソコンの楽しさを子供に伝えつつ、キチンとコミュニケーションができている親子は、子供もパソコンが使えるようになる。

使えるからって何だ、と言われそうだが、効率の良さが使えるか使えないかで大きく変わってくる。

そしてさらに雑感。同じ中3にして、学べる子(知識を吸収しようとし、さらに上の知識を求める子)、学べない子(つかえているふりをする子)がハッキリ差がでていて、それって、親力なんじゃないかな、と、思う。

この記事はつぶやきカテゴリなので、話が散らばることはお許しいただきたいが、
つまり、親が勉強を楽しめない場合、子供も楽しんでいないし、勉強の必要性を感じない。だから、忘れてしまう。

この世で何よりも、親って職業はとてもとても重要なんだなあ。としみじみ感じた。今日の結論2.

| | トラックバック (0)

教わるタイプ

シニア・シルバー層を教えていて、教わるタイプには5通りくらいあるなあと思う。

1)基礎からきちんとできるタイプ・学ぶことを喜ぶタイプ
2)つまみ食いするタイプ・今が楽しければそれでOKタイプ
3)進むことが目的なタイプ・通うことが目的タイプ
4)いいわけから入るタイプ・ネガティブタイプ
5)とりあえずお任せタイプ

それぞれの解説を。
1)基礎からきちんとできる人
最近、80歳代に多い気がするんですけどね。仕事もきっちり、生活もきっちりのきっちりさんは躓いたところをしっかり復習できるし、自分のために、学ぶことを楽しむ。
新しい技を知ると笑顔で、「ああ、今日も一つ解って楽しい!」と仰ってくださる。
わからないことはとことん聞く。

ただし、希少価値。ものすごく少ない。
比較的出世した人か、すごく真面目な職業の人が多い。我が道を行く。

2)つまみ食いをするタイプ
「結構解ってるんだけどね」が口癖。「わからない所だけが知りたいんだ」と仰るが、基礎ができていないので突貫工事になりやすく、忘れやすい。
以前の経験を重視し、やっていた過去の記憶に忠実だが、記憶は成功体験のみで内容が伴っていないのが玉に瑕。
自分のしたいことが定まっていて、自分の実力をおざなりにしている。
自分の思い通りにならないと少しイラッとする。
急がば回れ、という言葉を提案したい。
基礎、という言葉がとても嫌い。

一番多いタイプ。その道の偉い人は1)か2)で二極化。偉い人はすべて部下がやっていたので、部下の実力か自分の実力か時折混同してしまうみたい。あとは、財力がある人はココ。

3)進むことが目的なタイプ
そのまんま。とにかく、少しでも先に進みたい。頭の中に入るかどうかは2の次。
子どもを教えていてもこのタイプは多い(笑)ハンコをもらうことが生きがい。
しかし、進むことに感動を覚えるので、学んでいる間は楽しそう。ただ、少し難しくなると挫折しやすい。
比較的若い世代(50歳代)に多い。結局パワーがあるからだと思う。
そういえば、私も昔18切符で日本一周をしたことがある。そんな感じ。電車に乗ることが目的でした。ええ。(1日かけて東京→熊本まで行きました。よく解らなかったけどパワーが楽しい)

4)いいわけから入るタイプ
まず自分ができないことから説明をする。いいわけから入ってしまうので、キレやすいのが特徴。
できない理由を並べてしまう。でも、一度納得できると突然はまる。

やりたくないのに、という愚痴が多い。
たぶん、愚痴を言ったり、言い訳を言うことで、自分を防御しているんだと思う。
プロになるわけじゃないのに、とか、そういう感じ。

5)とりあえずお任せタイプ
言われた通りにしますから。やりたいことは特にありません。という、真面目なのか何なのかよくわからないタイプ。
とはいえ、私も陶芸習っているときはこれかも・・・特に目的はないが、通うことで自分の存在を見つめてる?
#あ、陶芸は楽しいですよ。


学びの王道はないけれども、いろいろな方を見ていて、焦らず、地道に、基礎から、反復しながら、というのが一番身に付くんだなあと思う。
ところで、今週の木曜日は大人の数学塾です。もしご興味をお持ちの方がいらしたらご連絡いただければ幸いです。学生時代に戻ったみたいでとても楽しいですよ。


ところで、東京・高砂に教室がオープンいたしました。
お近くにお住まいの方がいらしたらぜひ。

| | トラックバック (0)

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »