« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »

ストリートビューとシニアと対岸の火事と

昔、何かのコラムに 犯罪が近くで起きた場合、恐怖でコメントができなくなり、遠くで起きた場合は「怖いわねえ」と言うとかいうのがあった。

コメントができなかったのか、自分じゃなくてよかったと思ってしまうのか、とにかく身近であれば自分の身に置き換えるし、遠くで起きた場合は客観的になれる。ふーん。というように。要は、対岸の火事だ。

ストリートビューをシニア層数名に見てもらった。
東京タワー、浅草、金閣寺、

「わあ、面白い」

そこにだれが映っていようとただの壁紙。

ところが、ご自宅が映ると反応は一転した。

「なにこれ」「怖い」「いつの間に撮られたのかしら」「気持ち悪い」

ストーカーに狙われているような、誰か、知らない人に見張られているような、そういう感触。
確かに公道だから文句は言えないけども、盗み見されているような、そんな感触。

「これ、問題になるわね」とKさんがいう。

さっきまで、他の人の敷地(まあ有名どころだけど)を見ていたのに、その感触の違いはなんだろうとしばし悩む。

テレビと同じで、画面の向こうに誰がいるかで感触は変わるんだろう。

テレビのように、自分と無関係なところは「ただ面白い」
しかし、自分関連が映るとなると、自分に関係する画面になる。自分に関係する事件と同じ感覚。
そうすると「気持ち悪い」となる。誰かの存在を認めることになる。誰かによって、知らない自分の家を見せられる。なんかのホラー映画みたいだ。

テレビで他人が映ったり、泣いたりしているのには興味があるけど実感がわかない。そんな感触がシニア層と(シニア層だけじゃなくてうちの姉も含めて)ストリートビューなのかな。と思う。

どうでもいいが、私はテレビが嫌いである。年間数時間もテレビを見ない。(テレビ局勤務の方、テレビ好きな方、ごめんなさい。友人・知人はテレビ局とか勤めている人もたくさんいますが、そのことを否定するわけではなく、個人的に、テレビが嫌いなのです。)

そもそもテレビを嫌いになったきっかけが、テレビの図々しさである。
私は巨人ファンなのだが、当時の巨人は本当に人気で、自由席を確保するには始発では間に合わず徹夜ということもままあった。
そうすると、朝6時くらいにテレビ局が来て「こんなに人気でーす」みたいなことをテンション高く告げる。

誰の許可を得て、勝手に撮ってるんだと。ちょっとムッとした。
さらに、「すいません、カメラ通るんでどいてください」という言葉にさらにムッとした。撮られる人がいなければ絵にもならないのに、撮られる人に何を強要しているのか、あとから来たら後ろから並ぶべき!的な怒りがふつふつと湧いた。

試合を放映する。ついでに喜ぶ観客を勝手に映す。(何度か勝手に映されたこともあるらしい。友達から連絡があった)

別に映ってどうこうというわけではないだろう。
誰も、一観客なんて見ていない。
でも、もしかしたらひどい顔をして緒方のミラクルホームランを湛えまくっていたところを撮られたかもしれない。(実際、ミラクルホームランのときは西武球場にいた。西武とジャイアンツの日本シリーズ)
それが勝手に映されて、「観客の皆さんが本当に喜んでいます」と放映されていたかもしれない。(興奮しすぎてそんなことはどうでもいい)

ただ、それは他人にとってどうでもいいことで、自分にとって嫌だなあと思う。

いや、もっと解りやすい例を。

台風のときに新宿駅で足止めを食らった人にインタビューをしている番組があり(そんなものをインタビューしてどうするんだ。そういうのを繰り返し放映するテレビが嫌い。だから見ないのだけど。(たまたまその時はついてた))その後ろを通るカップル、みたいな。

自分の知らないところで映されている。
全国の人がそれを見ている。
正直、だれもそのカップルには目を留めない。
が、彼らは厭なのだ(多分)。自分でコントロールできない、自分露出。

正直、教室内では、何とも言えない雰囲気だ。
観光名所は楽しいが、観光名所以外はキモ、という感覚。
それは歳のせいなのか?

ストリートビューをうーん、ちょっと・・・というと、web3.0(笑)についていけてないと指摘されるのもちょっと嫌なものだけど、インターネットを見れない高齢者はアンコントローラブルな自分露出についてどう思うか分からんよ、という指摘をどこかの記事で見たので、インターネットが使える高齢者の意見を少し反映させてみました。

要は、他人の家なんて興味ない。他人の家が載っていても気にならない。友達の家は面白い。自分の家は気持ち悪い。観光名所は楽しい。対岸の火事的コンテンツであるってことだ。これが今日の結論。

#ところで、札幌の時計台の画像が削除されている。なぜだ?なにかムフフなことでも?ワクワクしてしまうではないか。
#ちなみに、我が家は私道もどきなのだが(皆がつかっているが、我が家の前の道は実は隣の家の敷地)、我が家が写っている。公道しか写していないとGoogleサイドは言っているが、区役所で調べてというレベルではないみたい。私道!と張っていないところ以外はどうも入っているみたいですな。これはどうかと思うけど…いつ撮るのか言ってくれれば、家を着飾ったのに!

| | トラックバック (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »