« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

マウス、使えますか

先日、55歳のSさんが涙目で私のところに来た。
「マミコさん、この間、私会社で、『あら、Sさん、マウス使えるの?』って聞かれたの。私、マウス使えてないのかも。どうやったらマウス使えるようになるんだろう?」

Sさんはパソコンが大嫌いである。
とはいえ、大嫌いじゃ世の中渡っていけなくて、最初のうちは本当に本当に嫌々いらしていた。
最近ようやくパソコンと会話ができるようになり、「仕事が楽しくなってきた」という矢先の話である。

「マウス使えるの?」と聞いてきた同僚さんの真意が解らない。
Sさんですら、真意がわからないのだから、私に解るはずがない。
ショートカットキーを駆使して操作をしていた人に「マウス使えるの?」と言ったのか、マウスをパソコンの基本と捉え、パソコンが使えるのか、と言う意味で「マウス使えるの?」と聞いてきたのか。

とはいえ、落ち込ませてはいけないので
「Sさん、大丈夫。あまり深く考えなければ、たぶん、Sさんはマウスを問題なく使っているというレベルだと思う。」と回答。

とはいえ、その真意はいかに?

確かに、シニア層はマウス使いが下手だ。
例えば絵を挿入してその絵を拡大するときにマウスポインタを端っこに合わせられない。
力が入ってしまうのか、マウスの形が変わったことを確認してマウスの左ボタンをエイヤと押したときにマウスが動いてしまう。
ウィンドウを少し大きくするのも、エクセルでオートフィルするのも、うまくポイントが合わせられない。
ワードで文字をドラッグできない。飛んで行ってしまうのだ。飛んでいくのはバナナだけでよろしい。と突っ込みたくなる(そういう童謡があった。)

で、少し観察してみた。
独学で入ってきた人は、皆不思議なマウスの持ち方をする。
手首が折れ曲がっているのだ。手首がかしげている。ちょっとマニアックな話をすると、アリーマイラブの最後のほうで出てくる弁護士兼カウンセラーのおじさんのような、ちょっとした首のかしげかた。(誰も解らないって)

なんで、こんな感じで持つんだろう?

とりあえず絵をアップしてみる。ちなみに、私は美術とかの実技の点数が非常に低かったので、その旨ご了承いただきたい。

シニアとマウス


そう、いろいろ皆に聞いてみると
どうも、左クリックが中心なので、そこにポインタが宿っていると思っているらしい。
だから、左ボタンがある人差し指がディスプレイに向かってまっつぐ向いているのだ。
そのために、手が少し傾く。
ところが、腕はまっすぐ向きたい。
しかし、なんでこうなるんだろう?シニア層のまねをして絵を描いたが、私にはちょっとこの持ち方は難しい。

とはいえ、こうなっているのだ。
そして、手首でマウスを動かしてしまうので、思いもよらぬ方向にマウスポインタが行く。


慣れた人には解らない、このマウスの持ち方。
これで人差指に力を入れてクリックをする。

それでインターネットを使ってみてください。
買い物かごボタンが小さいとクリックできなかったり
そういう感覚が解ると思います。

こうやってマウスを使っている方を「あなたはマウスが使えません」と言ってしまえるとは思わないですがそういう世界もあるんだなあーと思っていただければ。

#ところで、商品をはやらせるきっかけになる人たちはいわゆる「ぎーく」ではなく、一般人の虚栄心の強い人、そして、それが普及するには平常心が必要なんだと思うこのごろ。これを、どうやって表現するか、悩みどころであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »