« シニア層との遭遇-K君の場合。 | トップページ | 都合の悪い話は聞かない »

言っている事、やっている事

心配なんかしてないんだから!と ツンデレは多少時代遅れの感もありますが、ツンしか持ち合わせていない森です。
ツンというより、槍に近いですね。もちろん、先っぽは猛毒ですが。

さて、言っている事とやっていることが違うのはよくあること。
私も度々あります。禁酒なんて宣言した3分後から・・・

さて、Iさん61歳女性。

パソコン歴1年。
ずっと自己流だったために、色々な機能が解らない。
仕事で必要になったために通い始めた。

私「では、チカチカ(カーソル)よりも後ろを消したいですよね?では?」
Iさん「デリート」

私「そうですね!」

と、IさんはBackspaceを思い切り押し出した。

私「あう。」

Iさん「あれ?」

私「うぎ」


Iさん「あああああああああああなんか、変なのが消えてる!」

変なの、消えてない。変なのの反対方向が消えてる。

こっちがバックスペース、こっちがデリート。どんなに言っても覚えられない。
覚えようとしないのではない。メモも取っている。
ただ、キーを押す時に、考えない。
明らかに、適当に押している。


「あたし、自己流だから、だから悪いのよね」

ちがう。自己流は悪くない。
ただ、その起きた行動を自己流のせいにするならば、自己流は浮かばれない。
自己流と言う隠れ蓑で、間違う理由を述べる。
間違いを克服しようとせずに、何かのせいにしているために、間違いは直らない。
そして、思ったものと違うものが、今日も消えていく。嗚呼。

「なんでだろう~」もう、テツandともも流行っていない。

とにかく、思っている事とやっていることが違う事がままある。これはパソコンの操作だけではないけども。
そして、それに対して、学習効果があるはずなのに、学習しないと言う意思が固い人もままいる。

サポートセンターは大変だと思う。
彼らは、目の前に見えているものをそのまま伝える事は多くないし、やっている事と言っている事が違う事もままある。だからマニュアルを作る時にはこれでもか!と間違えないようにつくるのであるが、難しいなあ。としみじみ思った。

|

« シニア層との遭遇-K君の場合。 | トップページ | 都合の悪い話は聞かない »

「03.シニア層とインターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/42797817

この記事へのトラックバック一覧です: 言っている事、やっている事:

« シニア層との遭遇-K君の場合。 | トップページ | 都合の悪い話は聞かない »