« シニア向けウェブサービスって? | トップページ | とっても難しい »

高齢者の見方

現場から離れる日が続くと、なんだか自分の発言がうそくさく感じられる。
言葉にリアリティが無くて嘘っぽいのだ。

ということで、出来る限り現場にいようと心がけているのだけど、まあ、いろいろ大変である。
解らないことがある。こちらが教える。解らないんだよね。それが。会社で。という話が延々と続く。
解決しただけじゃだめですか?ご自身で解決できなかったことを、この3日間、どれほど悩んでいたか、延々と話が続く。「まあ、解決しましたしね」と言ってみる。火に油。目に涙。「この書類を他の子が作ってくれたんだけどね。そうそう。この部分がわからなくてねー。聞いちゃえば早いんだけどね。でさあ、この子が」(以下略)

ところで、高齢者は視野が狭い。とにかく視野が狭い。ウェブサイトのどこを見ているのか、直ぐにわかるような視野の狭さ。さらに、聞くところによると全体的に黄色がかり。。。

しかし、それがどういう状況か解らない。
私は目が悪い(とはいえ、0.3くらいあると思う)。メガネを取るとボーっとしている。ボーっと。でも、文字が見えないわけではない。輪郭がぼやけている感じ。普通の男性が素敵な男性に見えるほどではない。めがねがなくても実はパソコン操作は問題ない。結構見えている。
そんな感じを表現するのは難しい。

ということで、「高齢者メガネ」を買ってみた。
こんな感じ。(ケータイカメラです。)
しっかり写ってるほうがメガネなし、うすく黄色がかっているのが高齢者メガネを着用した携帯カメラ。
200802091428000

200802091429000

ほんとかなー。と呟きながら、しかしそれを実証できない。
まあ、ご参考までに。

|

« シニア向けウェブサービスって? | トップページ | とっても難しい »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/40055159

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の見方:

« シニア向けウェブサービスって? | トップページ | とっても難しい »