« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »

大手ショッピングモール比較

先日行った講習会の使いやすさランキングをウェブにアップいたしましたのでお暇なときにご覧くださいませ

シニア層が評価する大手ショッピングモール比較

探したものは蟹と化粧品。
蟹などは後ろで見ていて、めまいがするかと思いました。おいしそう過ぎて。
見ながら「ぐぅぅぅぅ」とお腹がなってしまい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

団塊世代と若さの話

「人は相対的に年をとる」
このセリフ、何度も誰にでも言っているのですが、人は相対的に年をとります。1年ずつ年をとるわけではない。
ある瞬間に年をとるのだ。私が始めて年をとったと感じたのは、甲子園球児より年が上になったときだった。
「ああ、彼らはあんなに老けているのに(ハンカチ王子は除く♪)、私はこんなに若いから、自分は永遠の17歳くらいだと思っていたのに、ああ、なんてことだ、私は彼らより年上になってしまった」
昔、60過ぎたらそれなりに「おじいちゃん」「おばあちゃん」だった。皆さんの中での60歳の意識はそういう感じだ。だから、「自分は(想像の60歳に比べて)相当若い」という評価になる。それはあくまでも相対的な「若さ」である。

ということで、「自分は若い」「いまどきのシニアは若い」という言葉に流されてはいけない。
彼らの「若さ」には思い込みが多い。
「僕は若い(誰かと比べて)」なので、その若さはあくまでも比較でしかない。その比較軸も良くわからないが。

昨日妙齢のE姉がいらして(見てたらごめんなさい。妙齢じゃなくて、熟し時、ですよね。)「同窓会に行ったらみんなおじさんばかりで、行くのがしんどいわよ。みんなジジくさくてね。男性は定年したらダメねっ」とズバリ言った。

本日、シニアビジネスに詳しい、これまたE姉よりはかなり若いけども、これまた妙齢な(ああ、ごめんなさい。どちらかというとイケイケドンドンのお年頃ですよね。)N姉と打ち合わせをしていて、「男性は定年退職をしたら一気に老け込む!!」という話をして盛り上がった。

実は、多くの人は自分は若いと思い込んでおり、自分以外は老けていると、思い込んでいる。
昔たまごクラブかひよこクラブで「あらかわいいお子さんですねー」と通りがかり、行き過ぎると「うちのこの方がかわいいに決まってるじゃないね、あなた」というCMがあったが、それと同じである。「あなた若いわねー」と口では言うが、心ではまったく思っていない。

団塊世代が若いのは、本当に若いのではなく、他人と比べて「自分は若い」と思い込んでいるだけのことが多い。実際に行動履歴や雑談のセリフを聞いていると、「あらあら、きちんと年相応」と思えることが多い。それは悪い意味ではなくて、きちんと年相応なのだ。なのに、多くの人が「団塊世代は若い」と思い込み、そうアプローチをするから失敗をする。
あ、もちろん70歳の人に比べればとても若いですし、若さという記号に執着する人は多い。(参考:広告の記号論) 彼らの自己申告の若さを真に受けてはいけない。彼らの他人評価の若さを真に受けてはいけない。(そもそも「若さ」の定義がないのに、彼らを若いと評価するのはおかしいことだ。)

ところで団塊世代は心が若いとか、ナウな世代だとか、ユーザーさんの近くにいないで数字から拾い出す方たちもいらっしゃいますが、「あれって、ぜんぜん生身の声じゃないわよね」というのでN姉と盛り上がる。どうして、生の声を拾おうとしないんでしょうね。数字遊びをする前に、是非うちに修行にいらしていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショッピングモール

今日は団体講習会の日である。
今回集まったのは女性のみ、「買い物ですよ!」と告知していたので、好奇心旺盛な女性が集まった。
年代は62歳~76歳と幅広い。インターネット利用暦は1年以上4年未満、というところだろうか。

本日見たのは、Yahoo!、楽天、Bidders.
化粧品と蟹を探して大盛り上がり。「この場で買いたい!!!」という声も続出して、このようなノリで納豆ブームが作られたんだなあ・・・・とちょっと思う。(「だって、売れてるって書いてあるわよ?」「おいしいって書いてある」←ネット情報に触れることが少ない人にとって「発表されること」は本当だと思うようだ。まずは疑ってかかる私とは大きくお育ちが違う。)

順位?については、まとめたら本家コラムで発表いたしますが、とりあえず私がざっくり気づいたことの雑感。

1)カートへボタンが見つからない
各社モールの場合、カートボタンが規定のものになっている。そのため、とても小さい。

ページはショップさんごとに違うので、うまい売込みができるショップさんは「おお、この蟹、買うわよ、私、買うったら」とシニア層を興奮させる。
しかし、ページの大半が文字が大きいつくり(フォント画像でガチガチ)になっているため、小さなカートボタンを見つけ出すことができず、「売り切れだから買えないのね、しょんぼり」となってしまった。カートボタンが見つからないのは悲しい話である。

2)なかなかクリックしてもらえない
若い子なら「すぐにクリック」ということができるが、(実際、若い方が団体授業に入ると一人でクリックしまくっている)お年を召されると、じっくり考えてからしかクリックができない。「うーん、これはクリックするに値するのだろうか」

となると、検索結果で表示されるタイトル部分が肝となる。ここをいかに端的にあらわすか。

3)会員にならないと買い物できない?
今回3つのモールはすべて会員にならなくても買い物ができる。
ところが、Y!と楽天はその画面がファーストスクロールで見えない。
なので、「会員登録・・・面倒くさいわね」となる。
ビッダーズはすぐに見えるので、安心につながる。

4)全角対応すばらしい!
やはり目の前で郵便番号を全角で入力されていた。
しかし、Yahoo!も楽天もすべて自動的に半角に変わったときには涙が出るほど感動した。すばらしいなあ。

5)エラー画面
エラーの出し方はYahoo!に軍配。

6)意外と使えなかった買い物の順番表示
現状を示すための買い物途中の順番の三角。
楽天、Biddersは小さいため、「ああ、順番なのね」と納得するもYahoo!に関してはボタンだとかたくなに思い込み、ずっとクリックし続けていた。


その他
入力部分のテキストボックスははっきりとしていたほうがいいなあ、というのが雑感。
ビッダーズの検索ボックスは見つからなかったけど、楽天の検索ボックスはすぐに見つかりましたもの。

しかし、今日はGさん、Mさんが大興奮でお帰りになった。その興奮さ加減を落ち着かせるために、エネルギーを消費してしまった・・・。「これからはインターネットで買ったほうが、いいわよね!」と喜んでくださったのでうれしい限りですけども。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

シニアイベント

仕事柄、色々なお兄様、お姉さま方と話す。
最近の団塊世代は一様に焦っていて、多くの要因はマスメディアの煽りでもあるわけなのですが、私の周りのおじさまがたも皆、どこか、焦っている。

なので、2年前までは「定年退職後」は夢物語だったのに、現在は現実として「退職前に人脈を」とか「退職前に世界を広げて」「趣味を」「友達を」と、妙な焦燥感にかられているように見える。

さて、そんな中、沢山のシニアビジネスが立ち上がっている。
とにかくシニア層を集めたり、いろいろしている。

昨日は某会合があり、私は出席していないが知人が行った。
「シニア向けというのにさ、会場は気が利いてないし、若者だけの遊びにかっこいいからとりあえずシニアを混ぜましたって感じなんだよね」

そういえば、昔某会合に出た某女史が「行ったら、客寄せパンダ状態でやんなる。」

「シニア層の集まりって言うから楽しみにしてたのに、行ったら話はつまらないし、友達はできないし、本当に最悪。」

この原因として、
1) 主催者が気配りできない
2) シニア層が求めすぎている(与えられるのに慣れている)

というのが挙げられる。
定年退職をすると、人との出会いがぐっと狭まる。そのために、人は頑張るのだが、「行く」ことはしても「努力」はあまり好きではない。
当社のイベントは大体刺激的で満足度が高いと自負しているが、それでも、主催者の我々は彼らを楽しませるために色々な仕掛けをし、話題を提供し、人をくっつけ、終わった後には口も聞きたくないほど、1杯のワインでダウンしてしまうほど疲れてしまう。

「シニア系のイベントに行ったけどつまらなかった」「月並みな情報であとは営業ばかりだし」「まあ、じいさんばかりだったよ」といわれてしまうのであればシニア層に対するヒアリングをもっともっと行った方がいい。独り善がりの幸せを押し付けてはいけない。もし、イベントでつまらなそうなら、お土産を大量に持たせるしかない。とりあえずそれで不満は少し減る。しかし、お土産を持たせないとうまくいかないイベントなんて、もう少しコンテンツを持たせた方がいい。コンテンツもなくてお土産もないイベントなんて最悪だ。ホスピタリティが薄いイベントなんてやらないほうがいい。まず、少なくとも環境と駅からの場所は考えなくちゃいけない。エレベータがあるか、駅から遠くないか、道に坂はないか、色々計算して、計算尽くして、はじめてイベントって成り立つんだと思う。

まあ、私はプロのイベント屋さんじゃないし、何千人単位で来客を見込むものならば、いちいちエレベーターとか、きにすることはできないだろう。しかし、シニア向けイベントをするのなら、そういう細かな当たり前の気遣い、あっても感謝はされないが、ないと不満になる程度のものは全て気を回しておくべきであると私は考える。


来週は80歳台の方々と飲み会。これは仲よい方々で少数だから、話も盛り上がるし楽なんですけどね。

いずれシニア向けイベント心得でもかきますかあ・・・。

テクノラティプロフィール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »