« 2007年2月4日 - 2007年2月10日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »

「せっかく覚えたのに!!!」

「だから、インターネットは覚えるものじゃない。」

と、声を大きくして言いたいときがあるけれども、小心者なので言わないでおく。

インターネットに慣れた人にとってはありえないかもしれません。
シニア層、特に不慣れな人々は、インターネットを「覚え」ます。
まあ、私と車の運転を考えれば、インターネットを「覚える」のも仕方がないかもしれません。

このブログを昔から見ている方はお馴染みですが、私は車の運転が好きです。が、どうも上手ではないみたいです。
もう最近運転していないのでわかりませんが、久しぶりに乗ると、サイドブレーキはさげるべきか、あげるべきかで悩みます。そして、どちらがアクセルで、どちらがブレーキなのか、もうすでにバックはできません。どちらにひねればどう向くかは考えてもわかりません。フリーズします。交通標識などすっかり忘れていますので、細い道は車がいっせいにどちらの方向を向いているかで一方通行かどうかを判断します。「せっかく覚えたのに!」

しかし、道はすぐには変わりませんが、インターネットは画面がコロコロ変わります。
そのときに出るのです。「せっかく覚えたのに、もうわからなくなっちゃった!」
これではリニューアルの意味がありません。リニューアルはリニューアル後も「問題なく」使える状態でなくてはいけないのです。前の管理画面やら何やらを丸覚えしていた方でも、「ああ、ちょっと変わったけど使えるわね」というレベルでなくてはいけないのです。

よく使っているところが変わってしまうと混乱を引き起こしますが、あまり使わない、もしくは無意識に使っている部分(座標軸で覚えてる等)が変わっても気づきません。
しかし、リニューアル後の画面があまりにも「ユーザー視点」で作られていないと、前の画面との比較で大きく不満が出ます。少しよくなっていても、その少しがユーザーには届かないことが多々あります。

進化はいいことだと思います。
しかし、リニューアルして、成長がないのもどうかと思うのですが。

ということで、リニューアルして自然に使えるのではなく、シニア層が「あー、覚えなおさなくちゃ・・・」とつぶやいたら、そのリニューアルは正直、うまくいかんかった、ということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買わない?買えない?

1月より1か月に1回、使いやすさ比較をすることになったのですが、それは実は、当社の生徒さんのための講習会を兼ねている。(なんて、「使いやすい」仕事なんでしょう(笑))
基本的に弊社がプレスリリースを打たない調査結果は、このように、生徒さんの皆さんと持ちつ持たれつで進んでいる。(なので、調査法もざっくりです。プレゼンなどにご流用なされないようお気を付け下さい。きちんとしたデータについてはお気軽にお問い合わせください。次の講習会のネタにします。)

さて、次回の(というと、必ずサザエさんが頭に浮かぶのですが)講習会は来週頭、とある、ショッピングサイト比較である。今日、教室内のチラシに反応した仲良し生徒さん達が「ねえねえ、何やるの?」と質問していらした。

「たとえば、同じものとか、価格比較できるんですよ♪」と話すと「えー、受けたい~!」

「たとえば、私、今、掃除機が無性に欲しいんですけど、同じものでも全然値段が違うんですよ!」という話をしたところ、「でもマミコさん、私は安いよりは、アフターケアがしっかりしていると言う事が簡単に知りたいのよ」とT女史(64歳)がおっしゃった。

「私は、価格よりも支払方法が怖くてね。」とK女史(71歳)が仰る。

「安くて早いのがいいわよね」とN女子(68歳)が仰る。

へぇ、といろいろと突っ込んで聞く。みんな、買いたいのに、欲しい情報が手に入らないから買わない。欲しい情報が若者視点なのか、それとも、ユーザー視点じゃないのか、もしくは、使いにくい、探しにくいウェブサイトだからなのか、シニア層はインターネットでは「買わない」、いや、「買えない」。
欲しい情報さえあれば、きちんと伝われば、買うのに。

そう言えば、午前中はC女史(81歳)がアマゾンで購入が出来ないとぶつぶつ仰っていた。
レアものが欲しいらしく、マーケットプレイスで購入しようとしているらしいのだが、会員番号とか、なんとか番号とか、難しくて買えないらしい。結局その質問をしに当校にいらしていたのだが。

本当は、インターネットで買いたいんだなあと思う。
「買いたいわよ~。だって、体が動かなくなってきた時、インターネットで買えたら嬉しいじゃない。」とK女史が言う。

「遠くまでもの探しに行くのが面倒なのよ」とC女史が言う。「だったら、ネットで買えるなら買いたいじゃない?だから、マミコさん、手伝ってよ。だって、私、ワクワクよ?」←私はこの言葉を言われると弱い。

そういえば、I女史(76歳)も言っていた。「動かなくなる前に、早くインターネットショッピングをマスターしたいのよ!」

買いたい人が、買えるシステム。
そういうののお手伝いをしていきたいなあとつくづく思うのでした。

ということで、来週末には、「某サイトと某サイトの使いやすさ比較!どっちに軍配が上がるの!?」をお届けできるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パスワードとシニア

パスワードは、難しい。
だからといって、パスワードがあるからそのサービスを使わない!という程魅力がないサービスじゃなければ、従容としてパスワードがあるサイトを受け付ける。

要は、パスワードがあるからうちサイト使われないのかも・・・というのはイイワケであり、魅力があればパスワードくらい乗り越えますよ。シニアでも。

ところで、パスワード。若い私でもどれがどのパスワードか解らなくなり、とうとうネット銀行口座が使えなくなったりする時代なのに(笑)シニア層にはパスワードの管理が難しい。そもそも、パスワードが会社ごとに違うということがなかなか理解できない。「銀行の暗証番号」と同じで、会社が違えば暗証番号も違いますよね、と言っても、その一瞬は納得するが、理解はしない。手帳に「パスワード」と書いてあって、大きく数字が書いてあっても、それがどのパスワードかは解らない。さらに大文字、小文字なども解らない。Lとか1とかも解らない。

となると、パスワードは、忘れられるものだと最初から諦めたほうがいい。
要は、パスワードを忘れ去られても、自分でパスワード回復できるような作りであればいい。
シニア層はパスワードを大切だと知って入るが、決して大切に扱ってはくれない。
恋人は大切だと知っておきながら、遊び歩く男性に似ているのかもしれない(笑。わははははは)
80歳まで健康でいることは大切だと知っておきながら、全く運動しない私も同類である。


大切なことは、忘れたときに、どうリカバリするかと言うこと。
久しぶりの現場で、パスワードを復活させるのに、意味が全然解らないと戸惑うシニア層を見て、どうしてパスワードは復活させにくいんだろう?と思う今日この頃でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

団塊世代

団塊世代は高度経済成長期を戦ってきた方々である。

我々就職氷河期をくぐってきたワカモノはストイックであったり、諦めたり、ひねくれてたりもするのだが、彼らは「成長」を体で感じてきた方々なので、就職氷河期生よりも夢があり、のびのびとしている。「あの頃は、よかったよね」という体験を持っているのだ。人数が多くても皆就職できた時代。

にんげんだもの、誰だって一度や二度、大きな失敗はしているものの、「でも、バブルの頃は良かったなあ。若かったし、バリバリやっていたんだよ、ボクも。」という話しがよく出る。

となると、常に失敗体験からはじまる?就職氷河期生と団塊世代が違うのは、一度でもすごく大きな時流としての成功体験を持っているかだと思う。
随分昔、ITバブルの末席にいて、感じたことは「前のバブル世代をどこで過ごしたか」ということもあった。どの年齢で以前のバブルを体感したか、それでITバブルへの対し方が違う、と、バブルの末端で思っていた。

団塊世代は「成功」を積み重ねてきた人なので、失敗に対して妙に恐怖感がある。バブル破綻も彼らの「恐怖」を作り上げるのに一躍買ったのだろう。「できれば失敗したくない」「いや、かなり、安定したい」「すこしの冒険と、多くの安定を」「おれもいろいろあったからさあ」となる。繁栄に対しての猜疑心が弱く、失敗に対しての恐れが多い。

そんなのどの世代も同じだよ、と言われそうであるが、成功体験の有無、浮かれたような時代をどの年代ですごしたかは大きく違ってくる。それは年齢のせいだけではない。

ということで、団塊世代は皆で成功するのには結束力があるが、誰かを組み強いてでも上に行きたいという気持ちが、少し弱いように感じる。ちょっとかっこいいものを持ちたいし、だれかにかっこいいといわれたい、アウトローな感じに憧れたりもするが、大きな賭けには出ない。ナカヨシが好き!と言う人もいれば、オレサマな人もいて、それでも大きな失敗をしないように、その中でどれだけ豊かな生活を楽しめるかを楽しむ傾向にあるのが団塊世代の気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月4日 - 2007年2月10日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »