« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

多少の違いは気にしない!

もし、あなたが男性なら、久しぶりに会う女性の髪形が違った事に気付きますか?

私は趣味で時折長いウィッグをつけるのですが、(変装ではないのです。趣味。)誰も気づきません。「ああ、モリさんって髪長かったよね。」
自慢じゃないですが、自慢にもならないですが、生まれてこの方髪を伸ばしたことはありません。なのに、そういう反応なのです。まあ、私に興味を持っていないとかってオチはなしの方向で。

多くの人の場合、多少の違いには気付きません。

シニア層に然り。この場合は男女問わずですけども。

たとえば、ファイルを保存する、ファイルを開くと言うボタンがある。小さいボタンは彼らには良く解らない。さらに、握ったマウスがツルリと動くものだから、開くを押そうとして「保存」を押してしまう。

たとえば、たとえば、ワードを開いて(白紙の状態) 開くボタンを押そうとして保存ボタンを押してしまう。
もちろん、左上には「ファイルを名前を付けて保存」と書いてある。しかし、彼らはそんな細かい事は気にしない。まさか、そんな、ムイシ菌(無意識)によって他のボタンを押しているなんて思いもしないからだ。
さらに、開くもしまるじゃなくて保存するも同じダイアログボックスである。髪が2センチくらい短かろうが長かろうが、どうでもいいのと同じ、なんとなく同じ形だからいいじゃないかいいじゃないか、よいよいよい。

「あ、この間の続きはこれね」と笑顔でダブルクリック。

さて、これから怒る悲劇はだれが想定できるだろうか。

そう。白紙で、今まで一生懸命作ったワードファイルを上書きしてしまったのだ。

パクパクパクパク。

「ど、どうしました」


「何度やっても、昨日まで頑張って作っていたものがでないの!」

落ち着いて見ると、明らかに「白く」なっている。ユーザーさんの顔も顔面蒼白。しかし、手の施しようがない。

話は変わって、よく、ウェブサイトで「どのページを見ているかわからなくなる」ページがあるが、それは「小さい事なんて気にしない」から、タイトルがきちんと明示されていないものは「あらー、さっきと同じページじゃない、いやねえ」となってしまう。

男性が女性が髪を切ったの気付かないように(気づく人は偉い。)、シニア層は「小さな違い」に気付かない。

シニア層も使えるウェブサイトを作るなら、それは留意しなくてはいけない事。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

視野狭し となりは何をする人ぞ

今日は久しぶりの団体講習である。

ということで、「無料団体講習」、本日の御題は「ポータルサイト」

「色々なポータルサイトを見てみましょう」

皆さんに点数をつけていただいて、尚且つスタッフによる点数と合わせて今週末くらいにはウェブ上で発表できると思います。お楽しみに・・・。

さて、久しぶりに団体で、インターネットをしている姿を見た。

今日集まったのは60歳代後半~70歳代前半の方が中心。
かなり使っている方はプルダウンなどは問題なく操作できるが、あまり使っていない方にはプルダウンは難しい。

さらに、皆さんの共通点。
例えば「ウェブサイトの○○という文字を探してみてくださいー」という会話をしたとする。
すると、上部から読み上げていく。「ぶつぶつ、これじゃない。ぶつぶつ。これじゃない」

例えば「路線をクリックしましょう~」と聞いたときに「うーん、どこだどこだ・・・」

彼らの首の動きや目の動きを見ていると、それはまるで、手のひらを丸めて筒にして、覗いているような状況だ。
周りが全く見えない。

なので、例えば間違えてスクロールしすぎて画面の一番下に言ってしまったとしよう。
すると、すこし戻すことはできるのだが、一番下にあった回答を「あ、コレが見たかったのね、私。」と勝手に納得してしまう。

「随分情報が少ないのね。」

「あー、っと、えーっと、もっと上にもありますけど・・・」

是非、手を筒にして画面を見ていただきたい。
正解があった、と思ったら、そこで手が止まる。
よし、それ以上は目に入れる必要はないと勝手に思い込む。

そんな感じが、シルバー層のウェブ操作なんだと思っていただきたい。

あとは、背景に色が着いていて、普通の文字で書いてあるものは、大抵読み過ごされている。
読みすごす、ということはその部分を完璧に抜かしているのだ。
そのせいで誤作動が起きる。

背景と文字とのコントラストが弱いのであれば、文字は太字にしたほうがよい。でなければ読まれないと思ったほうがいい。

今日は色々と学ぶことができる日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原因は・・・

なぜ入力フォームで失敗するのだろう、と、目の前にいるシニア層をずっと眺めていた。

ウェブの入力フォームだけではない。
今日いらしたオジサマは某ウィルスソフトの登録が出来ない、購入したのに期限が伸びないと文句を言いながらいらっしゃった。
他のおばさまは入力フォームで「変な画面」が出るとプリプリしながらいらした。

他の方は、思いもかけず保存してしまったと文句を言っていた。

なんでだろう?と操作を見ていたら、彼らは文字を消すときに、なぜか一様に「BackSpace」を押している。
当教室ではDeleteも絶賛推薦中だ。「ちかちか(カーソル)より後ろの文字を消すときはDeleteを押しましょう」と教えている。

なのに、操作に慣れてくるとだれもがBackSpaceを使う。カーソルより後ろに文字がある場合はマウスでクリックしなおす、もしくは矢印ボタンで文字列の最後にカーソルを動かして、そしてBackSpace.

さて、インターネットで、入力欄にカーソルがない場合、BackSpaceを押すと・・・そう、ご賢察の通り、前の画面に戻る。しかし、画面を見ていない(手元に注力している)シニア層は画面が変わったことに気付かない。

「素敵な男性は目で殺しても、パソコンは、目じゃ殺せないんです。」シニア層は見つめたところから入力できると思っているので、入力フォームの入力欄を穴があくほど見つめて、マウスを他にやって(そして無意識にクリックして)入力する。「あ、間違った」とBackSpace。・・・・・。ご賢察の通り。前の画面に戻る。

前の画面にもどると言う事は、彼らの辞書にはない。となると?

「あれーーーーーーー?元に戻った!おかしい!私は何もやっていないのに

続きを読む "原因は・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »