« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »

10秒チャージ、3分キープ

今日、久しぶりに現場に出ました。
夏休み頃から非常にバタバタしておりまして、現場監督(!?)はするものの殆ど教えていなかったのです。
ヒアリングをするときにはシニア層に接しますが、やはり知っている方のヒアリングとはいえヒアリング中は少し緊張していらっしゃるので、まるきりいつもどおり、というわけには行きません。

今日は久しぶりに教えましたが、迫りくる締切よりもよほど大変でした。本当に。
普段、口では言っています
「本当にすぐに忘れますからね、記憶を持たせておくような仕掛けが重要です。ネーミングにしろ、ウェブデザインにしろ。つまり、記憶がなくてもできる状態でなくてはいけないのです」

寝言でもいえます。


しかし、今日、現場に立って、今説明したことが私がくるりと他の人を見ている間、それはほんの3分の間、突然呼ばれて「ごめんねー、さっき言ってたこと、その瞬間は解ったんだけど、後ろ向いたら忘れちゃって」

向くなー!後ろー!


昔、ウィダーインゼリーの広告が 10秒チャージ2時間キープ、グリコだって2時間フルマラソン?

しかし、実際の現場は10秒チャージ、3分キープ。


この、「忘れてしまう感覚。」これは、絶対に若者には理解できない。
私は6年近くシニア層に囲まれていて、慣れきっているつもりが、今日は新鮮に驚いた。
1ヶ月離れていただけでこんなに驚くなんて、という私自身にも驚いた。

(え、さっき、言ったこと、さっき、「なるほどねー」って納得したよね!?)

こればかりは実際に触れないとどれほど忘れるかは理解できない。特に3操作以上あると覚えられない。混乱するのだ。対象をドラッグして右クリック、これが解らない。行為は覚えているが、何をドラッグすればいいのかが覚えられない。

100歳以上が過去最高になったとか。
これからますます高齢者だらけですよ~。
そんな中、お互い「さっき言ったじゃない!」というなんだか男女の痴話げんか(ほんとかな?)みたいにならないためには、さっき言ったことを覚えてなくても出来る仕組みが必要だ。

もちろん現場では笑顔で言う「いいんですよ、忘れてください。人間は忘却の生き物です。」
わが社は哲学的なパソコン教室でもあるので。

でも、心のなかでは本当にビックリマークが並んでいたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難しい事と難しそうなこと

うちは毎月、2、30人新しい方がご入会されるだけではなく、現在新宿区のIT講習会を請け負わせて頂いているので年間500名近い色々な方がいらっしゃる。

色々な方とお話しをしていると、いろいろな発見があるが、どうしても一つ解からない事。
それは「難しい」の定義だ。特に女性。

やりたいことをがーっと並べて「そのくらいは出来るようになら無いと。あ、でも、これ以上のことは難しそうだからやらなくていいの!!」

「文字の色、色とりどりなのは難しそうだけど、2色ぐらいなら簡単でしょ」それは色とりどりが難しいと言うのではなく、フォントの色を変えるという操作は1つなのだから、その操作を覚えればいくらでも応用が利くはず、という理屈は彼ら(特に女性)には通用しない。

本当はそれが難しいかなんてどうでもいいんだと思う。
「難しそう」を理由にして触らないだけなんだと思う。
昔、ケータイメールをしていたシニア女性なんて本当に少なかったのに、今じゃ気付くと皆ケータイでメールだけは出来るようになっている。じゃあ、パソコンのメールも原理はケータイのメールと同じだよね、できるよね。と言う話をふってみると「ムリムリムリムリ」。どこのムリムリ星人だ。

「だってパソコンって難しそうじゃない」
「でも、メール立ち上げて、宛先入れて本文入れて送信押すだけですよ」
「ムリムリムリムリ」

「でも、出来るようになればいいなと思うのよね」と夢見る夢子ちゃんが言う。
「その為に何かしてみたことはありますか?」
「ううん(否定)、だって難しそうなんだもん。」

本当は難しいかなんて意味はない。
とても大切な事は、難しくないと思わせる事なんだと思う。

同じ機械でも冷蔵庫は難しくない。テレビも難しくない。固定電話も難しくない。

携帯は普通。いろいろやらなければ難しくない。

パソコンは難しい。ビデオも難しい。リモコンも難しい。

操作が一杯ありますよー。というのとボタンが多いですよーというのは難しく思わせる原因で、何もしていないのに無理だと思わせちゃうのかな。


しかし、先日お教室に見学に入らした某社の某さんが、「いやー、モリさんの言うとおり、本当に皆片っ端から忘れていくんですね~!感激しました」と仰って下さいました。見学・お手伝いは大歓迎ですので、いつでもお問い合せください。(冷やかしは嫌です。面白い方がいいです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機能を削ぎ落として特化する

長らくご無沙汰しておりました。

いいわけにはなりませんが、7月に入り目の回るような忙しさになってしまい、ネタは溜まっているのですが書く気力が起きず大変ご無沙汰しておりました。
まるっと夏の記事が抜けてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
私は20歳代最後の夏だったのですが、シニア層にずーっと囲まれ、ヒアリングをずっと行っており、それに伴い老後についてしばし考える日々が続いておりました。

さて、ケータイといえば、5年前には「ケータイでメールなんて超むずい(難しい)><」と仰っていたシニアの方が多かったものの、ここ最近は「ケータイはね、簡単だからね。」という方が特に女性シニア層に増えた気がします。

「顔文字とか、そういうのは応用が利かないからかわいいのとか送るのは難しい」という声が聞かれるようになったということは、コミュニケーション能力が発達している彼女たちのことですから、すぐにできるようになるでしょう。

PCは開けてから起動し、クリックしてメーラーを出し、という手間が多い。
携帯は、開けた。打った。アドレスつけた。送った。というように他の手間が少ない分とても簡単に感じられるようです。ここ最近のヒアリングでも「PCは1年くらい触っていないけど、ケータイでのメールは毎日やってる。きゃはっ」というシニア層が多いのに驚きます。いずれメールのやり取りをするPCはさびれ、今後はケータイの時代なんだろうなあと、最近ようやく写真添付がケータイで出来るようになった私がしみじみと思っております。(ケータイ音痴、というよりPCのほうが楽なのでケータイでメールとか好きではないのです。)

彼女たちのケータイの使い方を見ていると、ポケットボードと写ルンですを彷彿とさせます。
(そんな話を以前したところ「ポケットボードなんて懐かしいですね」と言われてしまいましたが、あの「うーちゃちゃちゃ」はすごい衝撃でした。モモモモモモモモモモンガーのほうが好きでしたけど(古)

機能を削ぎ落として特化する。
「ケータイ、機能多いじゃん!」という突っ込みはもちろん、彼女たちにとってケータイの基本的なものは通話ではなく、「おしゃべり」です。ケータイで通話できる、通話できないかも、相手も忙しいかも、というときはメールする、大体世の中の女性なんて人の話をあんまり聞きません。もちろん私もですが。ただ一方的に話しかける、そして難しくない。キーを覚える必要もない。頑張ればハートマークとか、顔文字とかも入れられる。どこでもいつでも誰とでも一方的おしゃべりも可能。コミュニケーション、というニーズのもとに携帯は簡単で、とてもシンプルなのです。

写ルンですもそうでした。いい写真じゃなくて、行った記録をするだけならいいカメラなんて必要なくて、彼女たちのニーズは「行った場所の記録」にある。そういう、必要な彼女たちのニーズ、おしゃべり願望を満たすために必要な機能以外は削ぎ落として何かに特化する、「考えずにそれが行える」、それが重要なのではないかと思います。

まあ、言うのは簡単なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »