« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »

考えたくない

「難しいことはイヤなの。」
「簡単に覚えたいの。」
「難しいことはいいの。ただ、写真の加工と年賀状と名刺作りとチラシ作りと簡単な名簿作りさえ出来ればいいのよ。だから簡単に教えてよ。」

少なくない方に言われる。
本当は少しずつ難しいことに挑戦して若返ったほうがいいのに、と思う。
実際、脳を使えばどんどん若返る。少しずつ挑戦できる。
でも、挑戦できる人は歳を取れば取るほど多くない。
「あと数年しかいないんだもん、数年後にはあの世でしょ?イヤだよ、いまさら頭使うなんて」と言う方も少なくない。

私が始めて真夏のデリー@インドにいたときに、それはそれは暑くて、考える事を放棄したくなった。
しかし、考える事を放棄すればそれは騙してくれと言っているようなものである。バックパックをしょった小さいカモが歩いているに過ぎない。お財布の中はわずかだったけど、それでも、カモはカモ。そして私はコロリと騙された。(さすがに3回もインドに行けば騙される事はなくなったけど、数多くの騙された人に会って来た。)

シニア層が「考えたくない」というせりふを聞くといつもインドのことを思い出す。
考えるのが面倒くさい、というのは多分、あんな感じなんだろうなと。

そんな中、昨日「R25」を読んでいたらこんな記事が合った。
「アタマがよいって どういうことだろう?」

「日常人は身体的努力をいやがるが、それにもまして、精神的努力を嫌うものである」

#もちろん、自分への戒めにもなる。

企業人としてはシニア層に使ってほしいのであれば、出来る限り考えなくて済むものを提供すべき。
解りやすい商品、解りやすいテキスト、解りやすい説明書、

時折、このことに対して哲学的に自問自答することはありますが、
サービス提供者の姿勢としては「考えさせない」。これに尽きると思います。
考えさせない、というのがどういうことなのか、考えるという事がどういうことなのか、シニア層の実際が知りたい場合には是非是非研修にお申し込みください。無料研修もありますので。(ただし、簡単な審査がありますが:冷やかしや目的がはっきりしていない方をお断りするものです。技術者、研究者、デザイナーさんのご応募をお待ちしています。)→ウェブマスターさんは有料研修で是非。→シニア・シルバー層の視点育成研修

とはいいつつ、弊社ではシニア層に「考える事」を推奨しています。そこは譲りたくない。それがダメな人・嫌いな人も多い、と知りつつ。インドの酷暑で「考えろ」と言われたら苦痛で苦痛でたまらないのも知っているけど。苦痛を与える事は「いいこと」ではないかもしれないけども、私にとっての「教育」の原点なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シニア・シルバー層ユーザ視点育成研修

事件は現場で起きてるんじゃない!会議室で起きてるんだ!と我が妹が会社でかっこよく決めたつもりが、「それって逆じゃない?」と冷静に突っ込まれて恥ずかしかった、という話を先日していました。
ネタが古い姉妹なのです。(どうでもいい話ですが、私は3姉妹の真ん中です。)

さて、シニアビジネスをしたい、シニア層にも使えるウェブサイトにしたい、と考えている企業様は多いかと思います。シニア向けウェブサイト・・・と思ったときに「どんな人を対象にすればいいのか?」「どんな操作でとまるんだろうか?」色々悩まれることは多いかと思います。

その際に、数字のデータだけを見て「70%の人は旅行が好き」などと「文字で理解」していても、実感として解っていないとその先が進まないことは少なくありません。

実際に操作している人を見る以上に問題点を実感することはできません。操作もユーザーテストのような少し緊張感が走る場所よりも、ふつーのより生活場所に近いところで見たほうが参考になります。

ということで、今回、弊社でシニア・シルバー層ユーザー視点育成研修を実施いたします。

「マウスの押し方が強いってこういうことか!つまり、ボタンはこれでは小さすぎるというのはそういうことか」

「検索が下手ってそういうことか。まったく検索の表示の意味がわかっていないってそういうことなのか」

そんな形で皆さんの「実感」を押し上げていただければと思います。

詳細はこちらをご覧ください♪

こんなことできる?この人数でこの予算でいける?などご相談・交渉?はお気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »