« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

こころとからだ

とある企業様のリクルーティングを依頼された。

その一つの条件に「こころは若いが、体は年相応。」というのがあった。

教室に戻り、教室にいらしている方々の顔を見る。

「あの人は、若いよねえ。」

「あ、でも、質問内容は年相応だ」

パソコンに関する質問内容は得てして「これどこにあるの?」「このやり方がわからない」というものが多いのですが、加齢による視野の狭さなどが質問内容に反映される。

「そうだね、めっちゃ若そうに見えるけど、質問内容は年相応だね。」


そんな会話が繰り広げられた午後。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シニア向けケータイの難しさ

そもそも、「シニア」ってどういう人なの?というのが、見もせず、なんとなくで偶像を作っているのが問題な気がするんですけど。

低調なシニア向けケータイ、40歳以上で5%未満

という記事なんですが。

色々お話をいただいて、毎回思うのが、「ターゲットにしている人は実在している人なんだろうか。」ということ。

先日某社の携帯講座をしたことはここに書いたかと思うのですが、シニア層、といっても、60歳代後半がメインだったのですが、彼らは講座を受けた後に一言。「でも、若い方がかっこいいじゃない?」

50歳代も数名出席されていたのですが、50歳代は「まだらくらくホンって年じゃないよね。若い子に笑われちゃう」と。

使いやすさは、押し付けがましさは違うと思う。
あなたは年なんだから、コレを使いなさいよ、年相応にしなさいよ、と言われるのとはちょっと違う。
それって、中学生の時に「あんたは子供なんだから、そんな事しらなくていいの!」と言われた時の反抗心に似ているのかもしれない。

意外にユーザーを獲得できていないシニア向けケータイだが、何が余計で、何が足りない機能なのだろうか。

実際問題、シニア向けケータイを使っている人が、どのくらいウェブリサーチに解答できるかと言う話もありますが、(先日も学校の先生は100%パソコンを使っていると言うウェブリサーチがありましたがそれってちょっと可笑しい)足りないとか、足りるとか、そういう機能を考える前に、彼ら、というよりは多分多くの人がターゲットにしている団塊世代を中心とした人達が何を求めて、なぜシニア向けケータイを使わないのか、たとえば65歳くらいまでのおきゃんなシニア層、もしくは準シルバー層が何を求めているのか、側に言って自説を振り回すんじゃなくて、根気の要る仕事だけど話を聞くって大切じゃないの?と思うのです。

おじさまがたは比較的年齢を従容として受け入れるけどオバサマはね。女心は難しいのですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

情報源は?

シニア層女性の分類の軸の一つに、「男の子のハハであるか、女の子のハハであるか」ということがある。


私達の仕事は、少しの会話からその人がどのような性格で、どのようなことを望んでいるかを見極める仕事でもある。そのために、仕事だけではなく自分たちの為にシニア層の分析をしている。

話をしていると、たいてい「男の子」の親か、「女の子の親」か解る。ミックスされている場合にはどちらの影響を受けているか、なんとなく感じることが多い。

その違いは情報源の違いである。
子どもというのは得てして情報源である。

同い年の方でも、子どもの年齢でかなり物事に対する感受性が変わる。
それは子どもから得られるだけではなく、子どもの友達のお母さん(得てして子ども同士はつながりがないのに)から得られる情報もある。とはいえ、子どもも妙齢になり、「結婚した」だの「子どもができた」などで疎遠になる事もあるのだけども。

年をとると情報源が少なくなる。これは男女ともにそうなのだが、今日いらしたMさんも同じ事を仰っていた。「うちは子どもと同居じゃないから、新しいことは全然解らなくって。子どもも私がパソコンに興味があるなんて重いもしなかったみたいだし。」

私たちは普段、情報の過多など気にしない。インターネットを開けると情報の洪水だと人は言うけど、あまり気にしたことはない。それを避ける術をなんとなく手に入れている。

ところがそれに慣れていない人は難しい。

シニア・シルバー層対象のビジネスは情報源の選定からも考えなくちゃいけないってことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころとカラダは違うから。

最近、人と話しているときに「加齢」を「過労」といってしまいます。不思議ですね。

普段、私たちは1日何十人ものシニア層に接している。
若く見える方もたくさんいるし、若く見えるのが普通なのかもしれない。
昔は70歳と言えばイメージは杖ついている感じだったのが、杖はついていても今の杖はお洒落だし、昔ながらの「おばあちゃん」と言う人が都会にはいなくなってきた気がする。昨夜もシニア層30名の懇親会があり、若手で56歳、最高が88歳というメンバーだったのですが、皆さんオシャレでそれはそれは「若い。」
たぶん、シニアと接する機会がない人は昨日みたいな会で「うわあ、若い!」と彼らの若さに目を真ん丸くしてしまうだろうと思う。

若く見えるのはいいこととは限らない。
どうしてこんな質問をするんだろう、と思った時は大体実年齢と見た目年齢でかなり乖離がある。
いくら心が若くても、どんなにオキャンでイケイケでも、質問を聞くと大体の年がわかる。
そのくらい、パソコンと加齢はしっかり結びついている。

ウェブ操作には3つの問題点がある。
カラダ、ココロ、ワザ。
ココロはコンテンツに関係する。ココロが若い人と若くない人が欲するコンテンツは違う。
こんな情報見たくないわ、もっと新しい情報、面白い情報がほしいとシニア層は言う。
「ばばくさいのなんか嫌よね。」と彼女たちは口を揃えて言う。私は若いんだから、シニア向けとかって「ちょー関係ないしー。あ、でも、シニア割りは大好きー」って感じだ。

カラダは年齢に依存する。
あたりまえのようですが、年齢が高くなると、ウェブ操作がまったく変わってくる。
年をとると忘れっぽくなる。細かいことに気づかなくなる。視野が狭くなる。面倒くさくなる。覚えられなくなる。文字が読めなくなる。考えたくなくなる。
ココロは若い情報を欲しているのに、体は正直だ。「若い子向きでチョー使いづらい」とか思っている。

ワザは経験に依存する。とはいえ、最近、そのことも少し疑問視していて、独自でインターネットを使っている方はリンクをダブルクリックすると信じている方もいらっしゃるし、ツールバー系はいろいろと混乱している。ワザも比較的加齢問題がかかわっている。

見た目の若さにだまされてはいけない。
上澄みの言葉にだまされてはいけない。
ココロとカラダはどうやっても違うのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »