« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 - 2007年5月19日 »

ああ、ロミオ。

「ああ、ロミオ、あなたはなぜロミオなの?」
「って聞かれてもねえ、親が付けた名前だしねえ。それってりんごに「なんであなたはりんごなの?」と聞いてるのと一緒じゃない?」

と、冗談交じりに話す色気のない夕方。東京は快晴です。

さて、本日は久しぶりに終日現場の日、朝から晩までシニア層に囲まれて観察のし放題。
そんななか、Sさん(女性、75歳)がいらした。

Sさんはご紹介でいらしたのですが「私、基本的なことは使えるからメールの送受信だけでいいの。」と仰っていた。

なるほどー、と思いつつ、シニア層のハートを掴むメールの作成を教える。

「じゃあ、そこをドラッグしてください」と何気なくいったら「ごめん、言葉が難しくて解らない」

「そのチカチカの前でカチッと押していただいて、ボタンを押したまま、ここまでマウスを持ってきてください」

ようやく通じる。

「この上で右クリックしてください。」

「右クリックって何?」

「中指でマウスの右側のボタンを押すことです」

すると彼女おもむろに、中指を伸ばして器用に左ボタンをクリックした。

「今、押されているのは中指ですが、押しているのは左のボタンですね。右のボタンを押してください。」

それで納得

ところが、右、左、というのが途中でどうも混乱する。
右クリック、左クリックというのがわからないというのはよく聞かれますが、「今のは右?左?」と作業後に聞かれることもしばしば。「どのタイミングで右なのか、どれで左なのかが解らない。」

途中から左右を指示するのをやめ、中指と人差し指の指示に変わる。
ところが、キーを打つ間はマウスを離すので、中指を使おうとすると中指が左クリックの上にある。

「ああ、これ、楽しくてマスターしたいのに、右左がわからないなんて、情けない」と悲しそうに言うSさん。

「大丈夫ですよ~。私もこの間久しぶりに車に乗ったら、右がアクセルかブレーキか忘れてましたから」と笑顔で答えると「運転、やめたほうがいいわよ。」と言われ、2秒ほど落ち込む。

「ねえ、なんで右クリックって言うの?どちらも右手でクリックなのにね。」

それを言われるのが一番難しい。確かにどちらも右クリックだ。マウスから見たら右ボタンだが、人から見たら、その言葉は確かに解り難い。

ああ、ロミオ。あなたは何故ロミオなの?という問いが難しい。「だってそう言われてるんだもん。」と応えるしかない。もしくは「名前を捨てましょう」

ああ、右クリック。あなたは何故右クリックというの?と聞かれてとても困る。「マウスの右についているからですよ」と言っても「同じ平面だし、よく解らん。混乱しやすい」といわれると、この紋所が目に入らぬかといわれているような気分になる。ああ、どうしよう。これじゃあ、「右クリック云々」という言葉は「わかっているフリをしている人」には混乱を招くなあと思う。マウスの操作性の限界をつくづく感じた一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

簡単だって皆が言うのに~!!

Mさんは、妙齢のご婦人である。
趣味は山歩きなのであるが、周りの「若い」(この場合は50歳代後半~60歳代前半をさす)方々が、「インターネットで地図ぐらい調べれば?」のようなことを仰るらしい。

「他の人が簡単だって言うから、あなたたち、プロなんだから簡単でしょ」と突然いらした。

確かに、まあ、一応、「センセイ」しているくらいだから、「いやいや、アマチュアデスヨ」なんとはいえませんけど、山の名前はチンプンカンプン。登るときにどういうニーズがあってどういう地図があればいいのかなんて皆目見当もつかない。

とりあえず、スタッフが四苦八苦して対応する。どうも国土地理院の地図を見るのがよいのではないか。
しかし、彼女は違った。「友達が見ているのが見たいのよ」


(だから、その見ているものが何かを教えてください)


「簡単に出てくるわよって言ってたわよ」


(入れるものがないと出てくるものもありませんよ)


「なんだ、パソコン解るっていってもこんな簡単なことも解らないのね!」と多少お怒りの様子
(ちなみに、この後、そのソフトはかなりマニアックなものだということが彼女の友達の手紙で判明。ソフトがたくさんあるってこともわからないんでしょうね。。。。とほほ)

「じゃあ、代々木体育館にいくから地図の出し方教えて」


そこは簡単、GoogleマップでもYahoo!マップでもぜんぜん問題ない。

ところが彼女「代々木たいくかん」


「変換できないじゃない!!!!」


むむぅ。。。


「じゃあ、次は京王プラザ!」


入力されたものは「京王ブラザー」


(兄弟か!)


「ぜんぜんダメじゃない!」


最後に「ホテルエドモント」

入力したのは「エドモンド」

しかし、さすが、どちらも出ました!ホテルエドモンドでも、エドモントでも。


そして彼女、最後に「みなが簡単だということが私にも簡単だということが当てはまらないってことが解ったからまたよろしくね!」とご機嫌でお帰りになった。


毎日が寸劇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 - 2007年5月19日 »