« 2007年4月8日 - 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »

年を取るとどうなる?

打ち合わせの席で、時折聞かれる。
「モリさん、僕は年を取ったらどうなるんでしょう。」

私は占い師ではないし、人生相談役でもないので、正直解らない。

自分でもどういうシニア層になるかはわからない。今の運動のしなさ加減だと60歳くらいになると足腰にガタが来て、足腰にガタが来ると出歩くのが億劫だからまあ、家の中にいるだろう。新しいことに挑戦しよう!という気概を持っていられるだろうか、年をとって、「できないできない、私は年だから」を繰り返すと若者から引かれるので、できればそういうことを言わないようにしよう、「しちゃいけない高齢者像」や「なりたい高齢者像」を考えながら、一歩一歩老化に進んでいる。若者曰く「僕はきっと70歳になっても新しい人たちと交わっていると思う」というが、どうだろう、と冷静に考える。たぶん、今の60歳だって、そう思っているはずだ。私が不安なのは、今のシニア世代には演歌があってカラオケで歌いやすいが、私たちの世代はアップテンポの曲ばかりだ。高齢になったら歌えない。テンポがついていけない。「あのコロはあれが歌えたのに」といって歌う歌がなくなってしまうのではないかと常に思っている。


年を取って丸くなるんじゃないか、とか、年を取ると聖人になるんじゃないかとか、仙人になるんじゃないかとか聞かれることがある。しかし、実際に毎日毎日シニア層に会っていると、そうかな???と思うことのほうが多い。

「私って、本当に気が使えるのよね。」と某シニア層が言う。「私って不思議ちゃんよね」という女性ほど怖いものはないが、「私って気が利くのよ」というシニア層ほど怖いものはない。ご本人の評価と他人の評価が違うことは多い。

自分のことは意外と自分で見ることが出来ない。昔、小学校のころ、シスターが言っていたことに、「人間には5つの側面がある。自分しか知らない自分、他人しか知らない自分、誰も知らない自分、誰もが知っている自分、そして神様しか知らない自分。」(クリスチャンの学校だったので。)自分しか知らない自分は得てして自分を飾るし、他人からの評価を得て、まるで思春期のように「本当の私はこうなのに」と思うことも多いのではないかと思う。

自分は周囲に気を使うのよ、というおばちゃんが、レストランで割り込みをしていたり、最近の若い子は、とぼやいているおじさんが電車の中でがなりたてるように電話をしていることもある。年を取るからといって聖人君子になるわけじゃなし、すばらしい人になるわけでもなし、長老になるわけでもない。普通に一人の男性を巡って言い争いをすることもあるし、肩書きで見栄を張りあうこともある。もちろん、ものすごく気遣いが出来て、気持ちのよい人もいらっしゃるが、所謂年を取って「鈍感力」が発達するのかもしれない。

つまり、何をいいたいかというと、シニア層=年を取って丸くなるとかいう神話とか、成熟したとか言うサービスを提供していると痛い目にあいます。ということ。彼らは、私たちの未来なんですから。しかし、ご本人たちが気を使っていると思うこともありますので、そこは気づいて、「お気遣いありがとうございます」と先回りすることも重要で。

しかし、シニアビジネスをしていて、私たちはなるべき、ならないべきシニア層を見ることができる。核家族化が進むとそれが解らないんじゃないかと。私もシニアビジネスを始めるまで、おばあちゃんは聖人君子だと思っていた。「はい、おばあちゃん、よくできました」という世界が通じるんじゃないかと思っていた。でも、実際はそうじゃなかった。年を取ったら気前よくなろうとか、一歩引いて動こうとか、なんとなく、目指すものが出来てきた。目指すものがなかなか身近にない今、今の若者がシニア層になったらどうなるんだろうと、時折思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手な解釈

シルバー層はいろいろなことを勝手に解釈する。
Nさん(80歳)は、「自宅のパソコンの置いてある場所が悪いからこの操作が出来ない」と思い込んでいる。いや、やり方が間違ってただけで、それを直しただけなんですけど。。。とは突っ込めない。

スペックの低いパソコンを持っているKさん(68歳)は、ワードのマークを連打しすぎてパソコンが動かなくなった。

「だから僕はワープロのほうが好きなんだ。」ワープロ出身者はしばしばワープロを懐かしむ。

スタッフが言う。「突然いっぱい開けー!といわれてしまったので、目を白黒させてるんですよ、パソコンが。」


「ふーんそうか、つまり、いっぱい開き直ってるってことか。」


どの文脈でそう理解したのかわからないけど、とりあえず、納得したのでそのままスルー。

できる人の「納得」とできない人の「納得」は違う。納得というのは、過去の経験と照らし合わせて、その中で何かと照合できれば、その筋が通れば「納得」に結びつく。納得という文字をずっと見てると納豆を思い出す。(関係ないけど)

できる人は正攻法で人を説得させようとする。
納得できない人の気持ちが解らない。
前提に立っているものがまったく違うので、納得のポイントがずれる。

「わからない人の気持ちにたって」というのは簡単である。
言うは易し、行うは難し、わからない人はウェブ上で、わかる人とは月とすっぽんのような、たこやきと明石焼きのような違いでもって理解している。

ウェブサイトでも「初めての人へ」というのは、わかる人の目線ではなく、わからない人がどうしてわからないのか、そしてどのように「思い込んでいるのか」、彼らの解釈をきちんと把握して提供するべきなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シニア割引

http://www.microsoft.com/japan/users/senior/default.mspx

とうとうマイクロソフトさんもはじめましたね。

このニュースを見て、呟くように「おお、マイクロソフトさんもシニア割り始めたんだって!」と現場に向かって言ったら、近くに座っていたおじさまが、「お、それはどこのメーカーかね。パソコンが安くなるのか」と。

同時にICTマスターも始まります。(6/1から)

シニア資格の牙城にどこまで食い込めるのかが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当たり前のことが難しい。

とあるサービスを利用しているNさん(75歳)
自宅にはパソコンを持っていなかったため、とある会員制サービスを使うのには顧問をしている会社のパソコンしかなかった。(顧問が会社でそんなことやっていていいの?という突っ込みはおいといて)

ところが、自宅にパソコンが来た。

おお、これは会社ではなくて自宅でも見れる!会員制サービスのIDはメールアドレスだ。ということはつまり、自宅では使えないではないか!ということで、某事務局に頼んで会員IDであるメールアドレスの変更を依頼した。

「自宅のパソコンでもIDだけだったら会社のアドレスを入力すればいいじゃん」というのは「出来る方」の発想。1台につき、1アドレスだと思っている人は多い。パソコンを買えてメールアドレスを泣く泣く変える人もいる。1台につき1メールアドレスだと思っているから。もちろんそのときにはアドバイスしてメールアドレスは変えないように言うのですけど。

「ん?依頼しないとメールアドレスが変更できないの?」というのも出来る方の発想。「変えるということはすべてえらいところを通さないとできない」とかたくなに思い込んでいる。メールアドレスが変わるともう1アカウント取る人もいる。前のものが使えなくなるとかたくなに信じているからだ。

そして、事務局にIDを変更してもらったNさん、自宅で喜んでそのサービスを使っている。

しかし、気づいた。


「僕は会社に行ってもそのサービスが使えないじゃないか」

(いや、会社ではサービス使わないほうがいいのでは)というのは野暮な突っ込み、困ったNさんは当社に連絡をしてきた。

「僕は会社でも自宅でもそのサービスが使いたい。しかし、メールアドレスは自宅のものである。どうしよう。二つ自分がそのサービスを使うべきか否か。それでなくても僕はパソコンが得意ではないのに二つも登録したらよく解らなくなってしまう」切実に問い合わせが来た。

メールアドレスはただの識別するための番号で、背番号みたいなものなので、どこにいっても大丈夫ですよ。会社でもご自宅のアドレスを入力してログインしてみてください。

と伝えると「本当?信じていいの?」


「信じてください。」


ケッキョク、半信半疑ながらログインできたようだ。それ以来あたふたした問い合わせがこないから。

IDをメールアドレスにすると間違いが少ないのでシニア層には好かれる。ID名を覚えていないことが多いからだ。かくいう私はシニアではないが、いろいろなところに登録して、登録するたびにID名を忘れてしまう。

しかし、メールアドレスをIDにすると、時折メールアドレスを変えたりすることで混乱を引き起こしてしまうこともある。

若者にとって、いや、使える人にとって、メールアドレスというIDがあるのは自然だし、ウェブメールの概念なども問題なく把握できる。しかし、使えない人にとって、ネットの概念が頭に入っていない人にとって、そういうできる人の「当たり前」がすごく難しくて、さらに、できる人が「さぞかし当たり前」のように話すと自分だけ解らないのかと孤独感を感じてしまうこともあるのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月8日 - 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »