« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

パニック!

予期しないことが起きると、人はパニックを起こす。

昔からのインターネットユーザーさんなら必ずや一度は*間違えて*してしまったことがあるはずの goo.co.jp へのアクセス。私はそれを大学でやってしまった。(知らない人は読み流してください)

次々と現れるポップアップ。それらのポップアップを消すのにアップアップしている間に情報処理の授業のために教室に来る人々、あたふたしている私を見て「うわあ、パソコン使っているオナゴはやはり怪しい。」という目で、私を見ていた。(当時はパソコン人口も多くなかったですし。ヲタクじゃない人でパソコン室に入り浸ってるのって私ぐらいでした。)

そんなことを思い出したのはMさん(68歳)が操作しているエクセルを見て。
グラフを移動しようとして、グラフの上でマウスを乗せて、下にドラッグした瞬間、ドラッグしすぎて画面がすごい勢いでスクロールされていく。

何が起きたか解らないMさん。
「ひゃあ。」「Mさん、マウスはなしてください!」「え、マウス、どこどこどこどこ?」「あ、右手」「え?右手?どっち?」「ご飯を食べる手です。」

これはコントではない。なんの落ちもない。パニックが起きて、画面がスクロールされている間に、彼女のすべてが固まってしまう。右手、と普段何気なく使っている言葉も、パニックの時にはまったく理解ができない。

ちなみに、とにかくマウスから手を離させて、もう一度マウスでグラフを上に持っていかせて見る。
案の定、とめたかったところで「あっ」と気づいて、気づいてすぐに手がマウスから離れるわけではなく、やはり「話さなくちゃ」という思い・信念がマウスから手を離させたのは数秒後であった。(本当は戻るボタンで戻っていただければよかったのですが、反応学習がどこまで応用できるのかが知りたかった。)

あ、と気づいてから、実行に起こせるまで、若者と高齢者にはかなりのタイムラグがある。
Mさんの前にWさんという若奥様がいらしていて、その方も同じことをなさっていたのですが、「あ」と気づいて指をマウスから話す(Mさんは手をマウスから離す)時間は本当に短かった。

たとえば、余白の設定など、小さな▼を連続して押すときもそうである。
画面を見ないで入力してしまい、入力した後に、BackSpaceを長く押すときもそうである。

「あ、ここで終わらなくちゃ」と気づいてから実際に行動を終わらせるまでにかなりの時間がかかる。

インターネットもそう。
左ボタンを押すつもり(つまり、クリックして下にいく)←たいていのシニアは下向きボタンをクリックするのが好きで下向きボタンを数回押して「繰る」(という言い方をする)間に興奮して中央のコロコロ(ホイール)を押してしまったらさあ大変。どじょうが出てきてこんにちは。と思わず口ずさみたくなる。

何かが起きたとき、シニア層はすぐに対処ができない。頭でわかって行動に移せるのに時間がかかる。
そういうことも踏まえてウェブサイトを提供すべきなのである。シニア向けは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老いはみんなにやってくる!

別にシニアビジネスをしているからとか言う訳ではなく、最近、足腰が弱くなってきた気がします。
実際、ただの運動不足な訳ですが、健康ネタでシニア層と盛り上がってしまう自分を時折客観的に見つめて、鬱になります。。。

このブログを読んでくださっている皆様におかれましても、「昔は徹夜出来たのに、最近出来なくなってさ」「昔はウィスキーのボトル1本くらい一人で開けていたのに最近ダメなんだよね」「夜が早くなったよ」「朝が早くなったよ」というセリフを仰る方も多いのではないかと推測しています。もし、「寝るのも体力が必要なんだって解った」という言葉に少しでも共感されたら、それは確実に老化です。

老化には体の老化、心の老化、二つあります。
心は好奇心さえなくさなければ比較的若くいる事ができます。しかし、体の老化が進むと必然的に心も少しずつ老化して行きます。これは紛れもない事実です。
わが社は高田馬場にございますので、4月になるとまあ、それは打ち上げられたまぐろのように学生さん達が道で寝ております。それを見て「私も昔はああだったのに、今は到底無理さ」と思ったら、それは確実に老化だと、毎年思う訳です。

とあるところで、65歳の方とじっくり呑んで語って唄いました。
65歳を過ぎたあたりから「体が元気なうちにもっと出歩きたいんだ」というセリフが多くなるような気がしてなりません。体にガタが来始めて、はじめて、「行かねばならぬ旅行」に気付くのです。「元気なうちに行っておこう」

E女史は年に数回海外旅行に行っていますが、彼女が旅行に突然狂ったようにいき始めたのも、「周りでなくなる人が多くなったから、元気なうちに行っておこう」ということでした。

今は78歳のSさんとか、79歳のHさんとかが72歳を過ぎたあたりから海外にどんどん出始めたのも同じ理由。

当たり前の様に元気である時は、元気であることの有難さを解っていても理解はしていないのです。
不便を感じて初めて、「あたりまえ」に気付くのです。
たとえば、カップルでもそうですよね(推定伝聞)。別れてから気づくことって多いようですよ(推定伝聞)。付き合っている時には当たり前だと思っていた事が、別れるとその重要さに気づくらしいですよ(あくまでも、推定伝聞)。

ということで、旅行会社が本当に狙うべきなのは団塊世代ではなく、65歳以上だと思っている私です。


しかしまあ、おばさまがたは元気ですね。1泊で某所まででかけたのですが、たまたま団体さんと同じ飛行機になりまして、おばさまがたは飛行機から降りてもとどまる事を知らずしゃべり続けるのに対し、男性は皆さん疲れていらっしゃいましたので・・・。がんばれ!男性!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女心と秋の空

要は、ころころ変わるって事です。ハイ。

それはまるでピンクレディの渚のシンドバッド。あっちこっち飛んでいくわけです。

さて、なんでそんな話をしているかといいますと。

あまりパソコンに慣れているわけではない人は、考えなければパソコンの操作ができません。
慣れた人は、あまり考えていませんが、慣れていない人は、ココはダブルクリックにすべきか、クリックなのか、左クリックか右クリックか、ひたすら悩みながら進んでいます。

例えば、交通標識があります。私は、何度も言うように運転に不慣れなのでその交通標識がナンだったかを深く考え、思い出すという行為をしなくてはいけません。しかし、慣れた人は「あのマークは一方通行にきまっとる」と思うのです。そのように、違う。

そして、なぜ、女心と秋の空か。

人は得てして、心が変わります。
パソコンの操作中も然り。
突然思い出したりするのです。

たとえば、ファイルを保存しようかどうか悩んでいて、さて保存のボックスを出したはいいが、ふと、「そういえば他のファイルの中身を確認しておこう」と思ってしまった。
目の前にあるのは保存のダイアログボックスです。でも、頭の中は開くです。となると、答えは、ハイその通り。今開いているファイルで別ファイルを上書きします。そこに出てくる警告ボックスは目に入りません。あたかも、電車の中で携帯電話を使わないようにと注意するアナウンスの如く。

例えば、ワードでオートシェイプをいれます。
入れた後に文字を入力しようとオートシェイプからマウスを移動して、文面でチカチカさせます(カーソル点滅)

いや待て、しかし、このオートシェイプは色をつけたほうが可愛い、と突如思ったシニア層は、目の前のカーソル点滅は気にせずバケツマーク(塗りつぶしボタン)を探し、そして、連打します。打つべし打つべし。しかし、一向に色は変わりません。当然です。該当オートシェイプをクリックしていないのですから。でも、気づきません。

例えば、エクセルをしています。
目の前のセルで計算をしました。
「パソコンって凄いわねえ。フタケタ計算もバッチシね。」と感嘆の声。
結果を見るために、他のセルをクリックします。ちなみに、これはムイシキです。
そして、「ああ、そうだわ、計算結果を目立たせるためにセルに色を塗ろう」
ハイ、ご賢察の通り。バケツボタンをクリックします。ところが、当然ですが、セルは別の場所にあります。
「あら?色が変わらない」と呟きます。
ちょっといらいらした感じでマウスを動かし、他のセルをこれまたムイシキにクリックします。そしてバケツ。

いやみの如く該当セルを残したまま、他のセルが色づいていきます。
しかし、彼らは、他のセルが色づいていることには気づきません。ゲッチュー状態です。ボクの視界に入るのはYOUだけ、この計算式しか見えないの、と、まるでラブラブなカップルみたいな感じです。(ラブラブなカップルに対する偏見だったらごめんなさい。)色づく周り、色づかないマルタイ。

ふー。と大きなため息をついて、はじめて全画面が見えます。

「ひゃあああああああああああああ」

この時点ではじめて、該当セル以外が色気づいていることを知ります。びっくりです。

このようにですね、目的のことをずっとやっているわけではなく、意識が突然飛んで、「あれもやってみたい」と突如思うのが「好奇心の強いシニア」の特徴であります。コロコロ変わるのがシニアとパソコン操作であります。
そのことを踏まえて色々ウェブだのソフトだの、サービスだのを提供する必要があると考えなくてはいけないのは提供者です。せめて、大きな被害が無いように勤めるのが提供者の最低限の義務であると感じる今日この頃でございます。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »