« シニアとネーミング | トップページ | シニア割引 »

当たり前のことが難しい。

とあるサービスを利用しているNさん(75歳)
自宅にはパソコンを持っていなかったため、とある会員制サービスを使うのには顧問をしている会社のパソコンしかなかった。(顧問が会社でそんなことやっていていいの?という突っ込みはおいといて)

ところが、自宅にパソコンが来た。

おお、これは会社ではなくて自宅でも見れる!会員制サービスのIDはメールアドレスだ。ということはつまり、自宅では使えないではないか!ということで、某事務局に頼んで会員IDであるメールアドレスの変更を依頼した。

「自宅のパソコンでもIDだけだったら会社のアドレスを入力すればいいじゃん」というのは「出来る方」の発想。1台につき、1アドレスだと思っている人は多い。パソコンを買えてメールアドレスを泣く泣く変える人もいる。1台につき1メールアドレスだと思っているから。もちろんそのときにはアドバイスしてメールアドレスは変えないように言うのですけど。

「ん?依頼しないとメールアドレスが変更できないの?」というのも出来る方の発想。「変えるということはすべてえらいところを通さないとできない」とかたくなに思い込んでいる。メールアドレスが変わるともう1アカウント取る人もいる。前のものが使えなくなるとかたくなに信じているからだ。

そして、事務局にIDを変更してもらったNさん、自宅で喜んでそのサービスを使っている。

しかし、気づいた。


「僕は会社に行ってもそのサービスが使えないじゃないか」

(いや、会社ではサービス使わないほうがいいのでは)というのは野暮な突っ込み、困ったNさんは当社に連絡をしてきた。

「僕は会社でも自宅でもそのサービスが使いたい。しかし、メールアドレスは自宅のものである。どうしよう。二つ自分がそのサービスを使うべきか否か。それでなくても僕はパソコンが得意ではないのに二つも登録したらよく解らなくなってしまう」切実に問い合わせが来た。

メールアドレスはただの識別するための番号で、背番号みたいなものなので、どこにいっても大丈夫ですよ。会社でもご自宅のアドレスを入力してログインしてみてください。

と伝えると「本当?信じていいの?」


「信じてください。」


ケッキョク、半信半疑ながらログインできたようだ。それ以来あたふたした問い合わせがこないから。

IDをメールアドレスにすると間違いが少ないのでシニア層には好かれる。ID名を覚えていないことが多いからだ。かくいう私はシニアではないが、いろいろなところに登録して、登録するたびにID名を忘れてしまう。

しかし、メールアドレスをIDにすると、時折メールアドレスを変えたりすることで混乱を引き起こしてしまうこともある。

若者にとって、いや、使える人にとって、メールアドレスというIDがあるのは自然だし、ウェブメールの概念なども問題なく把握できる。しかし、使えない人にとって、ネットの概念が頭に入っていない人にとって、そういうできる人の「当たり前」がすごく難しくて、さらに、できる人が「さぞかし当たり前」のように話すと自分だけ解らないのかと孤独感を感じてしまうこともあるのである。

|

« シニアとネーミング | トップページ | シニア割引 »

「小話」カテゴリの記事

コメント

> パソコンを買えてメールアドレスを泣く泣く変える人もいる。

 全米が泣いた(つД`)。

投稿: 古田@道具眼 | 2007/04/26 07:38

全コメが泣いた?それは規模が大きい・・・。

投稿: モリマミコ | 2007/04/26 16:45

はじめまして。
いつも興味深く読ませていただいております。

どうしても聞いてみたい疑問がありましたので、コメントさせていただくことになりました。

「さも当たり前のように概念を理解することができる人とそうでない人との違いは、どのようなところから生まれているのでしょうか?ご年配の方は、どうして概念を捉えにくいのでしょうか?」

よろしければ、お考えをお聞かせください。

投稿: Yさん | 2007/05/18 13:55

Yさま、コメント有難うございます。

さも当たり前のように概念を理解することができる人とそうでない人との違いは、どのようなところから生まれているのでしょうか?ご年配の方は、どうして概念を捉えにくいのでしょうか?

表現が難しいのですが、物事に対するアプローチ不足だと思うんですよね。些細なことばかり気になってしまい、根本を理解しようとしない。
たとえば、数学で言うと公式ばかり覚える人たちともいえるでしょう。
大事なのは公式ではなく、なぜ其の公式が導かれるのか、ということで、それさえ理解すれば数学はとても面白くて簡単なのと同じです。なのに、多くの方は公式を覚える事をしようとして、其処にいたる道筋を覚えない。なので、概念を理解出来ない。、と思っています。

私は数学受験大絶賛ですので、根本は数学受験にあると思っているのですが、とはいえ、理系の方が全員概念をきちんと理解しているかと言うと、小手先の事象にばかりとらわれる人も少なくは無く。応用が効かない。目的をきちんと把握できない。目的さえ把握できれば最短の道を選べるとは思うんですけどね。良い質問にしか良い答えが出ないのと同じで。

高齢者のかたは、頭の引出しが一杯で、どこに今知りえた情報を突っ込んでいいのか解からない、また、一回突っ込むと移動が容易ではない、ということが理解に結びつけるのに時間が掛る理由ではないかと思います。

こんな感じでいかがでしょう?語ると長くなるのでこの辺で。では。

投稿: モリマミコ | 2007/05/19 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/14845447

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前のことが難しい。:

« シニアとネーミング | トップページ | シニア割引 »