« 記事補足 | トップページ | 視野狭し となりは何をする人ぞ »

原因は・・・

なぜ入力フォームで失敗するのだろう、と、目の前にいるシニア層をずっと眺めていた。

ウェブの入力フォームだけではない。
今日いらしたオジサマは某ウィルスソフトの登録が出来ない、購入したのに期限が伸びないと文句を言いながらいらっしゃった。
他のおばさまは入力フォームで「変な画面」が出るとプリプリしながらいらした。

他の方は、思いもかけず保存してしまったと文句を言っていた。

なんでだろう?と操作を見ていたら、彼らは文字を消すときに、なぜか一様に「BackSpace」を押している。
当教室ではDeleteも絶賛推薦中だ。「ちかちか(カーソル)より後ろの文字を消すときはDeleteを押しましょう」と教えている。

なのに、操作に慣れてくるとだれもがBackSpaceを使う。カーソルより後ろに文字がある場合はマウスでクリックしなおす、もしくは矢印ボタンで文字列の最後にカーソルを動かして、そしてBackSpace.

さて、インターネットで、入力欄にカーソルがない場合、BackSpaceを押すと・・・そう、ご賢察の通り、前の画面に戻る。しかし、画面を見ていない(手元に注力している)シニア層は画面が変わったことに気付かない。

「素敵な男性は目で殺しても、パソコンは、目じゃ殺せないんです。」シニア層は見つめたところから入力できると思っているので、入力フォームの入力欄を穴があくほど見つめて、マウスを他にやって(そして無意識にクリックして)入力する。「あ、間違った」とBackSpace。・・・・・。ご賢察の通り。前の画面に戻る。

前の画面にもどると言う事は、彼らの辞書にはない。となると?

「あれーーーーーーー?元に戻った!おかしい!私は何もやっていないのに

いわば、彼らにとっては「冤罪」である。なにもやっていないのに、何もやっていない筈なのに、私は悪くないのに画面が勝手に「変」になる。

そして、パニックになり終了する。

今日の某ウィルスソフトのおじさまは、「無意識に」「気軽に」Enterを押す人だった。
いや、気軽にEnterを押しているのではなく、何でもかんでもEnterをカッチシ押す、まめな、几帳面な人なのだ。

そう、ご賢察の通り。

Enterを押す事によって確定の画面になる。そしてエラー。

「私は何もやってないー」

エラーが出てパニックになった人ほど大変なものはない。

「今、Enter押してしまったので」

「押してない」

「変換をするときに長くEnterを押しているので」

「・・・・。知らない。」

どこぞの裁判だろうか。「無実です」「記憶にございません。」

正直、仕様なのでどうしようもない。(ギャグではない。)


たとえば、入力フォームをクリックしたときに色が変わる、それだけでもエラー率は低くなりそうな気がする。
入力フォームの行間を広げる事で対処できることもある。

そういうエラーを見越して、入力フォームを作るべきなのか、と悶々とした一日でした。

しかし、某ウィルスソフトのウェブサイト、使いづらすぎ。目的が達成できないときほど人がいらいらすることはないのに。変なカタカナが多すぎて、初心者には本当に使いづらい。支払いまでは簡単なのは、なんかの詐欺なんじゃないかとも思えてきた。あー、大変だった。

|

« 記事補足 | トップページ | 視野狭し となりは何をする人ぞ »

「03.シニア層とインターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/13604403

この記事へのトラックバック一覧です: 原因は・・・:

» backspaceを押してしまう。 [アクティブシニア・高齢者マーケティング特定の鍵「シルバーエンターテインメント」]
使いやすさを考えてみるに感動。 操作に慣れてくるとだれもがBackSpaceを使う。カーソルより後ろに文字がある場合はマウスでクリックしなおす、もしくは矢印ボタンで文字列の最後にカーソルを動かして、そ...... [続きを読む]

受信: 2007/02/01 21:17

« 記事補足 | トップページ | 視野狭し となりは何をする人ぞ »