« 2006年10月1日 - 2006年10月7日 | トップページ | 2006年10月15日 - 2006年10月21日 »

シニアマーケットの攻略方法

先ほどの話を聞かないシニア、の話の続き。

これは広告マンの受け売りであるが商品の反応3種類。

1)そんなの知ってる。
2)へえ、そうなんだー!
3)意味わかんない。

そう、伝わる広告とは(2)を狙うべきなのである。
が、多くの人は、シニア層の実態を知らないが故に、妄想シニア層に語りかけてしまうため(1)を踏みがちである。実際にシニア層がシニア層に説明するときですら、彼らは「シニア層」という妄想をワンサカ作り続けている。そして、「そんなのしっとるよ。」と話を3秒で打ち切られてしまうのである。

へえ、そうなんだーを作るためには、相手の一歩先をいくだけでいいのだ。10歩先を行く必要もないし、同じである必要はもっとない。1歩、先を見せてあげる。3時間先の、もしくは3週間先のあなたを想像させてあげる。「へえ、そうなるんだ。」とか、「へえ、そうなんだ」と相手に妄想を抱かせること、これがキーなのだ。

よく、「僕たち若者と変わらないですね」と言われるが、当たり前のことである。にんげんだもの。
1歩先を想像させるなんて、若者相手に今までずっと語りつくされてきたことだ。
この広告マン・T先生の言葉もかれこれ10年前に聞いたものだ。

シニアマーケットの攻略方法で足りないこと、それはきちんと相手の事を理解するという、戦略の基本的項目を守れていないだけなのである。「シニア層はもっと特別だと思ったのに、同じじゃないですか!」あなたは、経年変化、どれほどする予定ですか、鱸ですか、とオーラでしゃべってみる。

同じであること、違うことも肌で解りながら、妄想シニアではなく、現実の、3次元のシニア層に1歩先を提案する。
言うは易し、行うは難し、ここで横山やすし、っていったら失笑を買うだろうなと想像しつつ、妄想シニア相手ではシニアマーケットは攻略できない。とまじめな顔でつぶやく。

さあ、書を捨てて町へ出よう!シニア=刺抜き地蔵ではないところに出てみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シニアマーケットと天岩戸

職業柄、たくさんのシニア層と接する。
現状、現場に立つことは1週間に2,3回しかなくなってしまったものの、現場にいなくても色々な人が話しかけに来るし、ユーザーテストもしているので、やはり1日に10人以上と話している。人手が足りないときは教室の新規加入者に対して教室の説明・営業もする。

私が説明をしたとき、9割方がその場で入会を決める。
シニア層の分析などを仕事としてやっていることが、実は新規入会の際にもきちんと活かされていて、しゃべった瞬間に「こういう人だろう」では「こういうことを言ったら喜ぶだろう」ということを解っている。だから、営業が上手とか上手じゃないのではなくて、そうなるべくして、そうなるのだと思っている。だてに、1000人以上の人と話してないですから。

今日はその話をスタッフとしていた。
シニア層はどうして人の話を聞かないのだろう。と言う話だ。
うまく言わないと話は伝わらない。どうして、うまく伝えられないのだろう、と言う話になった。

シニアマーケットを狙うのに、大きく二つの問題点がある。
1)シニア層が話を聞かないという問題
2)うまく話をできない問題

多くのシニア層は、人の話を聞いているふりをするが、本当は話を聞いていない。
話していると、最初の3秒ぐらいで「ああ、ボクそれ知ってる。大丈夫」となる。「ウソだ!」(山田奈緒子@トリック風に。古い)これからが本題なのに、クイズだったら「お手つき!」となるところである。
実際に、やっていただくとできないことが多い。ただ、面と向かって「ウソだ!」とはいえないので、手を変え品を変え、実際にやっていただいて「ああ、ボクできなかったんだね」と納得していただけるまで待つ。
ということは

続きを読む "シニアマーケットと天岩戸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷わせない

携帯電話を触ってもらう。
ウェブサイトより自由度が少ないせいか、とにかく「間違える」人が少ない。
操作もインターネットより簡単だし、「ここはどうしてクリックできないのかしらね?」というインターネットのウェブサイトをチェックしているときに何度も何度も聞いた言葉があまりでてこない。(ゼロではない)
さらに、いくつかのストップ要因(そのものが出てくると操作を止める原因となるもの)を発見したことは大きな収穫。

ただ、誰もが操作できなくなる瞬間がある。
それは、一度でも「操作を間違えた」と思わせること。
これはパソコンのネットを触っていてもそうだが、一度でも間違えた、と思わせると「間違えたくない!」という願望が働くため、操作が突然おかしくなる。パソコンでシニア層に操作をしてもらっていても、間違えたウェブサイトについては良くわからない操作をしてしまうことが多い。良くわからない操作をしたから間違ったのではなく、一度躓くとさらに倍率ドン、な感じで良くわからない操作をしてしまうのである。


良くわからない操作、というのは携帯の場合は戻るボタンを押す代わりに上ボタンをひたすら連打してみたり、そして、画面が繰り下がる(やっぱりこういう表現を使う)とパニックに陥って突然機能ボタンやメニューボタンを押し出す。

これが時代劇なら「まあまあ、やっつあん、チャぁでもしばいて落ち着けや」と熊さんがポンポンと肩を叩くところであろうが、私たちは静かに、それを見守っている。(本当は喉から手が出て代わりに操作したいけど)

続きを読む "迷わせない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレは大正生まれ♪

小ねたの日曜日です♪(日曜日は現場の日)

さて、最近立て続けに大正生まれの方がお入りになる。

正直、先日まで75を過ぎたらがくっと学習能力がおちる・・・はじめるなら74歳までに!というお話をいろいろな方にしていました。

まったく最初からはじめるのは74歳くらいが限度、75歳くらいからは覚えるより忘れるほうが早いと覚悟し、焦らないでパソコンに向かってください。というお話をしていました。

ところが、最近入った83歳ブラザーズ。
これがすごいんですよ。ノリノリのワルワルといいますか、一人はイラストレーターを習いに来ているのですが、その辺の50歳代後半のおばさまよりずっと学習が早い。
もう一人の83歳のお兄さんは、私をどうにか呑みに誘おうと毎回がんばっていらっしゃる。(笑)

私のもう一人の83歳ダーリンは、私と毎月のように呑んで騒ぐ。

もちろん、昔からパソコンを触っているというのもあるし、「オレはじじーだから忘れるほうが早いよ!ワハハ」と笑ったりもされますが、学習力はそこまで劣るものでもない。そして、みんな好奇心の塊である。

彼らの共通項といえば・・・

続きを読む "オレは大正生まれ♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月1日 - 2006年10月7日 | トップページ | 2006年10月15日 - 2006年10月21日 »