« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

加齢とユーザビリティ

実情と問題点を探るために、某サイトのユーザーテストを実施している。
媒体は携帯電話だ。

午前中に58歳の女性のテスト。「携帯は使った事がないのよ」と言う方がどのように操作するかを見る。進むボタン、決定ボタン、上下、そして戻るボタンの基本操作を教え、操作してもらう。
最初のうちは慣れないものの、PCでインターネットをしている彼女は直ぐに慣れる。「あ、パソコンとこの辺が一緒なのね」最初は不慣れなボタン操作も直ぐに慣れる。慣れないのはサイトの作りだけであり、いくつかミスをしながらもタスクテストが終了した。思ったより早く終わる。

午後に71歳の女性にテスト。「乗り換え案内くらい、携帯で見るわよ。」と仰る彼女。実際にサイトを操作していただくと、思ったように手が動かない。「私の持っている携帯より文字が小さくて、のっぺりしていて見づらいから操作しにくいのよ」と仰るが、たとえばフォーカスする部分を完璧に勘違いしていたり、カートという言葉をカードと勘違いしていたり。思った以上にてこずる。ある部分ではフォーカスしているのにほかの画像が集中力の邪魔をしてフォーカスされている事に気付かなかった。ある部分ではフォーカスの色が変わってしまうので、フォーカスされている事に気付かなかった。

58歳と、71歳の違い。同じ位のスキルで、同じくらいミーハーで、なのに、同じサイトを見ても操作は全く違う。

続きを読む "加齢とユーザビリティ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進化するシニア層

現在、色々なサービスに関わらせていただいているのですが、ヒアリングやリサーチを行うたびに「ああ、1年前、2年前とは違ってきているなぁ」ということをつくづく感じます。

色々な方から寄せられる仮説を検証していく内に「あらあら、私も(寄せられた意見と)同じに思っていたのに、本当にきいてみると違うのねぇ」と言うことがある。

根本的に、例えば老眼が進むとか、物覚えが悪くなるとか、そういうものは変わりませんが、機器に対する気持ちや取り組み方は変わってきています。
変わってきているというよりも、面白い生活提案をしたら、シニアシルバー層だと「使えない人たち」と決めてかかるのではなく「こうやったら面白いですよ」「面白いためにはこうしましょうね」と説明することで、だいぶ使い方は変わっていくんだとつくづく感じます。

シニア層はこういう人たちである、と言い訳をして色々な事を諦めているのではないかと最近思う。
そういう、常識という名の言い訳が蔓延しているきがしますねぇ、とスタッフとお茶を飲みながらしみじみしている午後でございます。いやはや、でもビックリ。

要はシニアビジネスができないよぅ、というのは、集客はまあともあれ、提案ができていないのではないか、ということです。

ちなみに、色々な企業様から「御社で講座にとりあげてください」「御社でうちの講座を使わせてあげます」というお電話をいただきますが、そちらについては有料で実施しています!講座についてシニア層に使ってもらえる上に、生の意見をたっぷり聞けるチャンスです!もちろん、どのような意見があるか、また講座の後に寄せられたご意見もまとめてご提供いたします!
■ 詳細はお問合せくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタカナって難しい!

できるだけ、週に1度は現場に出るようにしている。
シニア層との会話がないと、考えが机上のものになってしまいそうなので。

今日は現場の日。
Kさん、58歳。最近ご入会された。
宛名ラベルを作るのが彼の目的である。

「ここ、印刷されたときにはどういう風に映るの?」と聞く彼に
「印刷される前に確認するプレビュー画面を見るにはこのボタンをカチッと押してくださいね」というと、おもむろにメモを取り出して「プレビーボタン」と記入。

「あ、、、」「プレビーボタンね!」と嬉々として仰る。「ええ、プレビューですね」「ああ、これがプレビーね、勉強になるよねぇ」「。。。。」

その後も続く。

「この文字の大きさ小さくしたいんだけど」
「そうしたら、この部分の、三角をクリックして文字の大きさを小さくして・・・」
「このこと、なんていうの?」
「フォントボックスですね」

勿論、メモを取り出して
「文字の大きさ=ホント」


ああ、それウソですよ。とツッコミたいところを抑えて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »