« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

「ついていくためには・・・」

Hさん、パソコン歴も長いかなりのベテラン。

「私、顔文字の勉強がしたいのよ」と、突然仰った。

「顔文字の勉強!?」

「娘がね、なんか変な記号を送ってくるんだけど、そういうのを読み取る勉強がしたいの」

「・・・・・・・。難しいですねぇ。」

「こういう記号で送られてきたら、こういう意味、って調べられるのはないの?」

「逆にこういうときにこういう顔文字、というのはありますけど・・・」

「だって、あんな記号で送られても、何が言いたいんだか解らないのよ!」

とりあえず顔文字サイトを見せる

(T_T)

「このTって何を表しているの?」

「涙です」

「どうしてTが涙なのよ~も~わっかんない!」

m(_ _)m

「()の中に何もないじゃない」

「これ、多分、目線が下なんですよ」

「横のmってなに?」

「ぺこり、って謝っている感じじゃないですかね」

「顔が大きいほうが気持ちがたくさん詰まっているってこと?」

「うーん、うーん・・・。」

私はあまり顔文字を使わないが、シニア層は顔文字が好きだ。多分顔文字=「新しい」=かっこいい、に繋がっているんだろう。「なんでこの顔文字やねん!」と言いたくなることが多々ある。

HさんはIMEを使って顔文字に変換することはできるが、その意味が解らないと言う。

「じゃあ、顔文字使わないという手も。」と控えめに提案すると

「だって、皆使っているのよ?送られてきたらその意味も解読しなくちゃいけないし、やっぱり顔文字で返してみたい」


ついていくためには、日々努力、日々是勉強。

以上、こねたでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eコマース業界の最前線で活躍する人達が集う最大規模のイベント!!

私も会員になっているEC協議会のイベントのご案内です。
なんと、当日は無料!
さらに、全国から色々なEC業者さんが集まり、ECサイトを展開している方には情報交換に、業者さんには情報収集に!是非是非ご参加くださいまし。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Eコマース業界の最前線で活躍する人達が集う最大規模のイベント!!「全国イーコマース協議会 周年イベント(第35回定例会)」のご案内
…………………………………………………………………………………
     特定非営利活動法人 全国イーコマース協議会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

2006年9月11日(月)をもってNPO法人化二周年を迎える、日本最大規模のネットショップ相互扶助団体「全国イーコマース協議会」(所在地:東京都中央区)がお送りする無料セミナーのお知らせです。

当会の会員店舗はもちろん、Eコマース業界の発展に貢献する多数のインターネット・IT事業者、各種著名人、報道機関が集まるEコマース業界屈指の大型イベントです。

皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場いただき、何かを持ち帰っていただければ幸いです。

■■イベントタイトル
『全国イーコマース協議会 周年イベント(第35回定例会)』

■■日時
2006年9月16日(土) 11:00~

■■会場
「品川インターシティホール」
住所:東京都港区港南2-15-4
最寄駅:JR・東海道新幹線 品川駅
アクセス: http://www.sicity.co.jp/d/d0101.html
※500名様まで参加可能

■■参加費
無料

※情報交換会(懇親会)に参加される場合は別途参加費が必要となりますのでご注意ください。

■■セミナー(全て無料で受講できます)

【講演1】
ベストECショップ大賞2006大賞受賞店
和食器・九谷焼専門通信販売の和座本舗 店主
九谷物産株式会社 取締役副社長 西田 上 氏

【講演2】
シックス・アパート株式会社 代表取締役 関 信浩氏

【講演3】
ヤフー株式会社 取締役兼COO 喜多埜 裕明氏


■■その他の催し

全国イーコマース協議会 NPO設立二周年記念式典(無料)
協賛企業各社との交流イベント(無料/ブースコーナーにて)
情報交換会(5,000円/飲食代込み)


■■詳細はこちらをご覧ください

■■参加の方法
ビジター用参加申込書のページを印刷し、必要事項をご記入の上、全国イーコマース協議会事務局( 03-5614-7653 )へFAXにてお申し込みください。
ビジター用参加申込書:
 受付締切り:2006年9月9日(土)24時


■■全国イーコマース協議会とは?

多数様のご参加を心よりお待ちしております。


───────────────────────────────
□■ NPO法人
■□ 全国イーコマース協議会 | http://www.ec-conference.com/
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 特定非営利活動法人 全国イーコマース協議会
 住所:〒103-0023
    東京都中央区日本橋本町3-9-4 日本橋ロードビル6F
 TEL:03-5614-7654 FAX:03-5614-7653
 E-mail: info@ec-conference.com (お問い合わせ総合窓口)
───────────────────────────────
■協議会NEWS!
  http://www.ec-conference.com/con_eccnews.php
───────────────────────────────
 「全国イーコマース協議会」は全国のEC事業者が加盟する
 日本最大規模のネットショップ相互扶助団体です。
───────────────────────────────

| | コメント (3) | トラックバック (0)

なにがなんやら

「えーと、私さっき、チケット買うために登録したわよね。ってことは、どこのお店でも使えるってこと?」

「普段使っているのはヤフーアドレスだから、メールアドレスは持っていないの」

「私はこれを選んだ、次のページにいったら「これを選んだ人は・・・」と出てきたので、それをクリックして云々。」

そんな会話が繰り広げられる毎日。相変わらず現場は混乱と困惑に満ちている。

・・・・・・・・・・・・・
教える人の研修をしながら、(2ヶ月連続研修中!)「解る人と解らない人」の話をし続ける。(裏メニュー?で当社の”シニア視点養成”研修があるのです。笑)

話ながら、教習所を思い出す。忘れもしない、大嫌いな縦列駐車。

「あのコーンが見えたら左にハンドルを切るんだ!」先生が叫ぶ。

例えば、あの「コーン」。窓から身を乗り出せば、結構早く見えるし、どのタイミングで窓の外を見るのか、なにがなんとやら、全くをもって意味が解らない。

「えーと、えーと・・・」しどろもどろになる私。

でも、当たり前のように先生が話すから、意味が解らないなんていえない。

先生は、意味が解らない私がわからない。
「そんなこと、誰でもできるのに、どうしてキミはできないんだ!」ちょっと怒り出す先生。
「何度言ったら解るんだ!」
これがうちのスタッフだったら即辞めて頂く感じですね。
しかし、時は教習所、そして私は大学生。そんなことを言えるワケもなく。
解らないまま、先生の腕の角度を覚えて(人間、どうにかなる!)教習所の駐車場のみに対応できる運転技術で私は教習所を卒業した。
(どれほど私の運転技術がすばらしいかはこれで解るはず?)

シニア層の質問を聞いているとこちらも良くわからなくなってくる。
インターネットってすごく難しいんじゃないの?って思えてしまう。
色々な言葉が、例えばこちらではログイン、こちらではサインイン、おまけに顔文字の意味まで読まなくちゃいけない、ID、アカウント、もー、ごっちゃごちゃ!!!なにがなんやらぜーんぜんわからんっ。

私が縦列駐車が全くわからなかったように、解らない人にとっては「全く意味が解らない」。
同様に混乱を引き起こしたウェブサイトはもう使わない。私が縦列駐車をしないように。(笑)
#ちなみに、縦列駐車が必要なところには車を止めないので路上駐車もしないので、注禁をとられることもなく、ゴールド免許ですし(これ自慢)、まあ、そもそも車に乗らないから・・・。


要は、その、サイトの混乱が、混乱を引き起こしたサイトが、誰かを「インターネットって難しい」と思わせているのであればちょっと嫌だな、と思ったのです。本当は車の運転も、インターネットももっともっと楽しいかもしれないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんどでも

好きなドリカムの歌にそんな歌詞がありました。「なんどでも、なんどでも、なんどでも」


そう、多分、シニア向けサービスをしている人たちが必ずや当る壁、それが「なんどでも」

そう、哀しいかな、老齢化と共に、確実に理解力と記憶力が落ちていく。どんなにステキなダンディーな方でも、それは仕方ないのだ。記憶力なんて10代の頃と比べたら今ですら半分近く落ちている気がするのに・・・

さて、バタバタも少し落ち着いたので、初心に戻って現場に入る。
現場無くしてなんとやら、と思うタイプなので。

しかし、この1ヵ月半、現場を離れていることのほうが多く、実際に現場に入ると「あれー。ここまで「何度でも」だったかなー」と思うことが多い。
この1ヵ月半の間に色々な人にシニア層の思考や消費行動、ユーザビリティ云々の話をずーっとしていたのだが、やはり、若い子を相手にすると「そんなことってもしかして、私のギャグなんじゃないか」とたまに思ったりもしていたのですが、いやいやいやいや、現実は小説よりも奇なり。ですね。本当に初心に返って「えーーーーーーーここで引っかかっちゃうのか・・・」を堪能してます(疲れてますけど)。


まず、本当に思うのは、「前覚えたことを混乱しやすくなる」。オトナになると色々な情報が頭の中に入ってきますから、いざと言うときにどの情報を取り出せばいいのかわからなくなることって多いのです。
的確に取り出せる若いドラえもんと、パニックに陥った時に(例えば恐竜が後ろから追っかけてきた時に)よく解らないものを取り出すドラえもん、そこを思い浮かべていただくと解りやすいかと思いますが、何か困ったことが起きた時、例えば自分の思った検索結果が出なかった、電池を抜いて動かなくなった(うちは機械モノは何でもレクチャー)とき、設定をリセットしてしまった時、そんな時、どうする~じゃなくて、「大混乱!」なのです。

以前、当社の調査で「同じ業界を3社見るとシニア層は学習能力が働く(タスク達成までの時間が短くなる)」ということが解ったのですが、それは「危機回避が上手くなる」だけであり、自らが危機と感じる危機が起きた時には俄然操作ができなくなる、ということがよぉぉく解った。

見たときに記憶力に依存しないで、再生できるデザイン(それを本当にリサイクルデザインといえるのかどうかはちょっとまだ勉強不足、ごめんなさい>Aさん。)はウェブにもソフトにも重要だ。何度でも同じ質問が出ると言うことは、そこが解らないと言うことですし。一度くらいの質問で納得できればすごい感じですが。

若い人は多少物覚えが悪い人でも納得率が高い。「ああ、なるほど!」となる。もちろん、シニア層に同じ説明はしないですが、それ以上に解りやすく噛み砕いて噛み砕いて挽き割り納豆状態にしてもまったく応用が利かない。挽き割り納豆なのが悪いのかと思いワカモノと同じようにすると大混乱。仕方がない。そういうものなのである。シニアビジネスに従事しようと思うのであれば、その辺は重々承知してなくてはいけない。解ってはいても、解ってはいても・・・というのが現実でしょうが。

何度でも、質問を受けるウェブである場合、もっとシンプルに、解決できる、何かがあるのじゃないかと私は思うのですが。


ちなみに、どこの会社か名前は聞いておりませんが「おじいちゃんおばあちゃんなんてずっと同じ事を繰り返していればいいだけだから楽ですよ。適当に相槌打って」と仰ったそうな。(うちのお客様が仰っておりました。)正直、人間性を疑います。そういうものですか?私はそうは思いません。自分の人生の先輩方に、そして自分の未来に、そういうことを言って欲しくはない。「だから小さい会社のままなのでは」といわれても、それはそれで良いと思ってます。ムリに大きくするつもりはございません。ただ、人間性の部分で、優しさを共有できる企業様のお手伝いをしたいと思っていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »