« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »

習わなくてはできない登録

Sさんの奥様が入会された。

「普通に使えるのよ。調べたり、地図見たり、電車の時刻調べたり。でも、最近チケットとか、レシピとかちょっと見たいときに全部登録しなくちゃいけないでしょ。そうなると解らないのよ。

私は、インターネットで登録したり、買ったりを習いたいの。

Sさんの奥様だから、彼女もSさんなんだが、新聞記事を握り締めながら「私、このチケットが買いたいの。ホームページを見ても全然解らないのよ。どこに、何を入れれば良いのか、そして、言葉が難しくって。」

できる人にとって「そんな簡単なこと」と思えることが、素人さん?にはとても難しい。
慣れてしまえばどってことないことなのですが。

私もここ1ヶ月ぐらい現場を離れ気味で(ちょっとバタバタしてました。)たまに現場に出ると相変わらず新鮮に驚く。そのくらい、使える人にとって「当たり前であること」は、空気を吸ったり心臓が動いているのと同じくらい当たり前のことであり、使わない人にとっては、車庫入れのように難しいのだ。


仕方がない話だけど、世の中の大半のウェブサイトは「息を吸うようにできる人」を中心に作られている。

例えばそれがドレス・コードがある店のように、「使える人しか使わなくてよろしい。」というポリシーを明示しているならまだしも、「オール・ウェルカムです。」とニコニコしながら両手を広げていて、なのに誰かが懐に入り込んだ瞬間「懐の入り方があまーい!」と一本背負いをされてしまうようなウェブサイトが多いのは、なんだか納得いかない。

そもそも、習わなくちゃ登録できないウェブサイトでいいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレッジリンク型シニア住宅創設記念シンポジウム

関西大学 文学部さまからご連絡いただき、非常に面白く感じたのでご紹介。

知の「理想」ではありますね。人間学びを諦めたらあとは老けていくだけですからね・・・。
大変だろうなぁと思いつつ、このような素敵な試みに敬意を表します。

先日も福祉関連の方と「老後の学び」について熱く語り合っていました。
私が5年間、シニア向け学び場所を運営し、アメリカ型の学びと日本型の学びは大きく違う(学び、と言うものに対する姿勢)を感じています。(といってもアメリカ型学びは本で読んだくらいですけど。あとは実際に行ったときの皆さんからのヒアリング→親族がアメリカ住まいなので。)

高齢者用の学び方があると確信しています。今後、「日本的カレッジリンク」をどのように伸ばしていけるのか、今後が楽しみです。

9月11日にシンポジウムがあるようですので、皆様是非いらしてみてください!
【「カレッジリンク型シニア住宅」創設記念シンポジウム】
1 日  時  2006年9月11日(月) 13:30~17:00
2 場  所  関西大学(千里山キャンパス) BIGホール100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »