« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

あたりまえ

初心者は解らないことがわからない。解る人には解らない人の気持ちがわからない。
私にとっての当たり前は、アナタにとっての当たり前じゃない。
あなたにとっての当たり前は、私にとっては摩訶不思議。
切り口上のように、唱える。

先日当社スタッフにSさんが質問をしていた。
「友達がGoogleと契約しておけっていうんです。でも、もう独りがYahoo!と契約したほうが良いって」

面接のときに、する質問
「うちは、Yahoo!が見えるのでYahoo!と契約していると思うんですけど、楽天で買い物をしたい場合、楽天と契約をしなくちゃいけないですか」という質問に答えてください。というもの。

ここでバラしたくはなかったのですが(笑)この反応を見て採用を決める。この質問は研修にも利用してます。なのでよい答えは書きませんが・・・

このときにたいていの「解る」人は驚く。落ち着いてその場で回答が出せるのは、わからない人の気持ちを解ろうとしてくださる方である。Googleとの契約、Yahoo!との契約、インターネットには解るようで解らないことがたくさんある。スイッチ一個でぽんとインターネットができそうであるが、その仕組みは初心者にはとても難しい。
↑このときに、初心者の気持ちを汲まずに回答すると、それはNGとなる。初心者の視点をどこまで持てるか、というのは重要なのであります。


私たちもふと気づくと「そんな当たり前のこと」と「当たり前」に目くらましをかけさせられる。

先日、超優秀なK君が、私が、彼が知っていて当たり前だと思っている事を「そんなこと初めて知りました。いつからですか!?」と言ってきた。一瞬「なんと、こんなに優秀なのにこんなことを知らないのか!」と思い「いや、これは私がインターネットの当たり前を当たり前だと思っていることに依存しているんだ!」と言うことに気づいた。

ウェブを作っている人の世界は狭い。もちろん、どこの業界でも、そこしか見ていない人は狭い。みんな、それぞれ狭いところを生きている。私だってシニア・シルバーばかり見ていて、実は自分のオヤジギャグをフツーだと思っているが、すごい狭い。若者と話すと浮いている自分がいる。おじさんといると馴染んでいる自分がいる。

狭い事を攻めてるんじゃない。
狭い世界の「当たり前」にどっぷり浸かって ゆで蛙になっていることに気をつけましょうね、ということを言いたいのである。
今も仕事で「これって常識で判断して欲しいよね」と言いながら、「その常識が通用しない」ことを前提に私たちは仕事をしなくちゃいけないんだと、思う今日この頃。

※ゆで蛙=熱いお湯に入れられた蛙は熱いことにすぐに気づくが、冷水からクツクツ茹でると蛙は茹でられていることに気づかず茹で上がってしまうという話。見たくないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

想像力と数百円

タイトルは想像力と数百円、宮沢りえさんが出ていた新潮文庫の昔の広告。この広告で一挙に新潮文庫のファンになった。美しい広告でした。(ぱんだも好きですが、最近の新潮パンダ、かわいくないですよね。)

さて、そんなことはおいておいて、シニア・シルバー層の話。

「僕は若い」「ボクは頭が柔らかい」「私は常に若者と一緒にいる」
「若いこと話して頭をやわらかくする」

そう、年をとると頭が固くなる。
頭が段々固くなる、その固さに線引きはできない。
「そんなことはないよ」とは言えども、頭が固くなっていくのは否めない。私ですら、今、中学生と遊ぶと、自分の頭が固くなっているのを感じるのであるから、それが50歳、60歳になったら。僕は違う、僕は違う、私は違うと念仏のように唱えながら、「本当ですよね」と周りのバックアップを受けながら、「本当の若者は、自分が若い事を主張しない よって若さを主張すること自体が老化現象である」というジレンマを常に抱えているのである。

頭が固くなるとどういうことが起きるのか。
記憶力が悪くなる、とかそういうものじゃなく、実は想像力が減退していく。
もちろん、経験を積んだからこそ出てくる発想もあるが、ああ、こんなこともできる、あんなこともできる、という力が減っていく。これはほんと。人は、気づかないうちに、頭が固くなる。


  #頭皮じゃないですよ。

続きを読む "想像力と数百円"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

んーと、んーと、右。

Uさん、52歳、女性。パソコンを始めて2ヶ月目。

「右クリック、うーん、っと、右って・・・」

その姿を見て、ふと、私たちが「それは右クリック」と当たり前のように思っていることが、実は当たり前じゃないことが解る。

当たり前、と言う言葉は非常に難しい。
それが誰にとって当たり前なのかを考えてからでないと「当たり前」という言葉を使えない。

ネットで下の画面を見たいんだから、下の矢印を押して当たり前だよね、と当たり前星人は言う。
しかし、多くの初心者は「下を見たいんだから、上に送らないと」と上の三角を押す。
ただ、成熟不足、と言えばそれはものすごく簡単だ。
なーんにも考えなくて良いもの。

でも、実際に上に押す人は非常に多く「考えてなれないと下向き三角を押すようにはならない」という事実を忘れてはいけない。当たり前のように下向き三角を押すだろうと思っちゃいけない。

件のUさん、つぶやきながら、「右クリックって、えーとえーと」と思い出す。
当たり前星人は、右クリックなんだからマウスの右側を押すに違いない、と思うに違いない。
しかし、当人にとっては「右手の中にー、右クリックがあってー」と悩むのである。
さらに、右クリックがどのようなときに使うのかがイマイチ解らない。「簡単にメニューが出てきますよ」と言われても、簡単の度合いがわからない。

たかが、右クリック、されど、その言葉を聞いて簡単に反応できるまでにシニア層は結構がんばっている。

(ちなみに小学生の低学年に教えるときは、お兄さん指とお母さん指、で教える。「お母さんがんばって押す!」「お兄さんでオッス」みたいな感じです。子どもの頃からオヤジギャグ教育)

私たちが「当たり前のように当たり前」と思う事を、たまに立ち止まって「どうやったら伝わるんだろう」って考えていただけると幸いです。


※「ホイールマウスを使えば?」と言われます。実際、慣れた方には教えるのですが、中指をコロコロする強さが難しく、人によっては押してしまったり、フレームが使ってあったりすると変なところ(=自分の意図しないところ)がコロコロしたり、酷いときにはプルダウンメニューがコロコロする。トラブルに弱いシニア層にはナカナカ難しい。

※当社は14日~16日で一斉お盆休暇をいただきます。宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »