« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

シニア層と携帯インターネット

ここのところ、うちの教室ではシニア層が携帯でインターネットをするのがブームである。

携帯講座をいくつか実施したことにより、みーんな携帯インターネットなのである。
乗り換え案内や天気などを一生懸命調べているが、ここでいくつか問題が発生した。

1)文字入力が難しい
年をとるにしたがって、ボタンを押す加減がわかりづらくなる。
強く押しすぎる、弱く押しすぎるの問題点が。
そのため、文字を入力している最中に「あ、間違えた」とクリアボタンを押し、そのまま間違えて押し続け、ぱーになってしまうことが多々。
また、入力を間違えた瞬間に焦ってしまう。

2)携帯ウェブの操作が直感的ではない
例えば横のリンクに飛んでいくのも下ボタンを押す。
しかし、感覚的には横に飛ぶときには横ボタンを押したい。

やっている最中はいいのだ。↓ボタンで横に行く事を我慢している。

しかし、問題なのは行き過ぎた場合。
左のリンクをクリックしたいとき、←ボタンを押すのは人情というもので、となると、なんと前のページに戻ってしまう。ここで一パニック。

ウェブもネットもそうだけど、とにかく「瞬間パニックにさせない」ことが重要なんだと言うことが良くわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいサイトってナンだろう?

Kさんのはなし。
お家をリフォームするのに、業者をインターネットで探している。「なーんか、いまいち難しいのよね」

Aさんが彼女にインターネットで捜し方を教える。

「ほしい情報って本当に見つからないのよね。例えば家に入るんだから、会社概要って直ぐにみたいじゃない。なのに、ほしいものが載っていない。載っているのかも知れないけど探せないのよ」
「問い合わせしたくても、どこみりゃいいんだか解らないのよね~」

「シニア層にとっていいサイトってどういうサイトですかね」という質問が某所で寄せられた。
「いいサイト」というのを定義するのは「いい人」を定義するくらい難しい。


ただ、一ついえるのは、「欲しい情報を得られる」ことが挙げられると思う。
件のKさんは、リフォーム会社について「自分の要望が叶えられるかどうか」をまず基本とし、ウェブサイトに問い合わせしてみたくなる情報を探した。まずそれが見つからなかった。リフォームしまっせ、まずは問い合わせと言われても、問い合わせをすれば一杯しゃべらなくちゃいけないのだから、できる限り「それはできます、いくらです」と言ってくれそうな会社を探す。

探したところで、電話番号が見つからない。


そのサイトが何を提供しているかにも寄りますが、もし、「広告代わりに」と思っているのであれば、きちんとユーザーのニーズにこたえているか、電話するのが面倒くさそうだな、と思わせないことも重要なのだ。

電話電話と書いて思い出したが
シニア層はすぐに「ああ、電話すればいいのね」と仰る。

だから、電話番号はおーきくかきましょー。というのでは能がない。

電話をするということを思い浮かべて欲しい。
色々自分の情報を話して、「あー、面倒くさいな」と思っている。
ということは、電話した瞬間に「今このページ見ているのよ」と伝えられれば楽なわけである。

ということで、いいサイト、というのは自ら欲しい情報を得られて、尚且つそれに対してすぐにアプローチできるサイトの事をいうのである。そのため「どうやったらいいサイトになりますかね」というのはちょいとナンセンスな気もするのだ。まずは、自分のサイトがユーザーになにを伝えたいかから考えないとね。


#ココログメンテナンスで更新が遅れました。たくさん書きたいことがあったのですが、暑さで溶けてしまいました。徐々に調子を取り戻しますので今後も宜しくお願いいたします。その間にメルマガを久しぶりに発行。なぜ三洋電機は点数が低かったのか、を出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »