« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

健常者

健常者ってすごい表現だ。
「障害者」のことも考えるアクセシビリティ、なのに、「健常者」の「パソコンのことがよく解らないけど使えてる」人たちのことはまったく忘れられている。ああ、彼らほど「アクセスできない」人はいないのに。

私のところに添付で書類を送ってくるのを嫌がる人が数名いる。
昔、あまりの書類の作り方の汚さに私が驚いていたら「ボクは基礎を勉強していないから」と仰る。基礎を勉強していないというか、本当に驚くほど時間の無駄な作り方をしている。私は今のサラリーマンの7割が本当はオフィスソフトを使えていず、「使えている気持ち」になっているだけなのをしっている。なぜなら、私に送ってくる書類は本当に時間の無駄な作り方をしている場合が多いからだ。それが多いことが4年位前にわかって、それから書類を送られても黙るようにしているのだが、本当は送られてきた書類を直したい。その時間の無駄を省きたい。それで忙しいって言っているんだから、私は、きっと彼は時間の使い方を知らないだけだろうと踏んでいる。

でも、本人は「別に習わなくても使えてるからいいのだ」と言う。「もしかして効率が悪いかもしれない。だけど、習う時間がもったいないじゃん」という。まだ若いのにね。頭が固い。習えば、本当に早いのに。というと「ボク、本当はパソコンが嫌いなんだ」という。もうよく解らない。素敵な友人たちはたまに習いに来てくれる。そして、毎回「なるほど!こんなことができるんだ」と笑顔で帰っていく。仕事が効率がいいのは素晴らしいのだ。

そんなわけで、「健常者」が「健常」であるとは全く限らない。健常者じゃなく、晴眼者という言い方もしますが、眼が晴れているからといって、その眼に映っているものは正しいとは限らない。「思い込み」「今までの経験」でウェブもパソコンも操作している場合が多い。作っている人が当たり前に皆使えてると思っているのは、多くの場合思っている以上に、いや、本当に欝になるくらい使われておらず、そして、皆の意見で「僕使えてるよ。えへへ」という意見はほとんどの場合、「私美人」と同類なほど、意味の無い言葉である。

若者ですらこうなのに、シニア層になるとパニックに対する対応が悪いというか、視野が狭くて、予期せぬ出来事に弱くて、何を予期しているのかは誰も想像がつかない(笑)
「晴眼者」=使える、問題ない という考え方が先ず問題なのだ。実は、本当に若い人でもインターネットをバリバリ「使ってる」人は少ない。それはGoogleをボクは使ってますと高らかに宣言している人でも。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「誰のために生きる?」

人は何のために生きるのか。


と、哲学的な始まり方をしてみる。

何のために仕事をするのか。何のために生きるのか。

一度や2度、3~500回くらい思ったこともありましょう。しかし、日常が忙しくなると何のために生きるかよりも今を生きることに精一杯になりがちなのである。嗚呼、哲学的。人はパンのみに生きるにあらず。わくわくすることとか、誰かのために生きることが結構重要なのである。いろいろなご高齢の方を見ているとさらにそう思う。誰かに必要とされること、って実はすごく重要なのである。まあ、そんなしんみりはこのブログには似合わない。

続きを読む "「誰のために生きる?」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入力フォームとシニア

シニア層は入力が苦手である。
そんなミもフタもない。と思う事を言われて「苦手だから無理なのである。」と子供の屁理屈のようなことを言う人がいる。

しかし、苦手である。先日も、「いやぁ、うちのシニア層にネットでアンケートとったら大変な事になりましたよ。ラジオボタンとチェックボックスがわからなくって。HAHAHA」と妙な外国人のように話したら「モリマミコさん、あなたはシニア層に何を教えているんですか」といわれ、しばしへこんだ。そうだ、私は何を教えているんだろう?

とは言えども、たまーに教えているのだ。入力フォームの手伝いを。
私にとっては最高に難しいのである。自分でやれば1分もかからない。○と□に不思議にも思わない。クリックしたらチェックが入ると思っている。水道をひねれば水が出てくると思っている。

なのに、シニア層は「ここチェックするとどうなる?」
チェックして新しいものを読み込むような画面は本当に悲惨だ。
チェックした瞬間に画面が一瞬真っ白になり、シニア層の顔が真っ青になる。大丈夫ですよ。といっても、パニックになった事がある人なら解るだろうが、結構「大丈夫大丈夫」なんてそんなこと言っていられないのである。真剣なのだ。だから「そのくらい応用利かせればいいじゃん」というのもきっつい話なのである。狭い路地で右折しなくちゃいけないのにどっちにハンドル切ればいいのかわからなくて本当にあせっているのに、友達は「大丈夫、落ち着きなよ」という。

でも、右に曲がってもぶつかりそうだし、左に曲がってもぶつかりそうだし、我輩の辞書には「後退」なんて言葉は不可能だし。

そんなことはどうでもいいのだ。
要は、シニア層にとって、入力フォームは難しいのだ。

しかし、実際、入力できるフォームもあるのだから、入力できない事については一概にシニア層のせいとは言えない。大半の問題はシニア層、初心者にとって非常に使いづらくて見づらくて「どうすればええねん」とつぶやいて思わず涙がほろりと出るような、そういうフォーム、ひいてはそういうフォームを量産している企業の問題なのである。(前フリ長い。)

続きを読む "入力フォームとシニア"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

使いづらさを実感する

完全に個人的な怒りなんですけどね・・・。


某パソコンメーカーさんのパソコンを先日購入。オンラインストアでいくら安くなる!みたいな広告に惹かれ・・・。

で、購入した後、使い道が変わり「お。ハードがたくさん空いてるからパーティション切ってここをみんなの保管箱にしちゃおう♪」と思いついたわけです。

で、パーテーションはきちんと切れたわけです。説明書の解りにくさは経験でカバー。こんなところで迷う私ではありませぬ。フルカラーで前買った時よりはるかに優しくなったもののポイントが見事に妙にずれている説明書でも問題なしおくん!と張り切っていたわけです。

パーテーションはばっちし切れました。すばらしい。と自画自賛。(するほどでもないが)

さて、問題のOfficeの再インストール。

続きを読む "使いづらさを実感する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »