« 団塊世代のウェブ操作とシルバー層の違い | トップページ | 団塊世代とウェブサイト »

シニア層と入力フォームの物語

いろいろな方が「シニア層とウェブ操作」について書かれているので触発されて、現場に出て観察をする。
(今、まとめておりますので、まとめ終わったらトラックバックさせていただきます♪)

まず、「なぜ入力間違いが多いのか」「なぜ半角、全角で引っかかるのか」という疑問を解明するために後ろからじーっと見る。「いやん、照れちゃう」なんていうかわいい言葉に胸キュンしながら、じーっとみる。


すると、多くの人は、画面を見ていないという、当たり前のことに気づく。

だから、全角だろうと半角だろうと、文字を打っている時はなんにも考えていない。ただ、目の前にあるキーボードを追っている。だから、だから、ふと顔を上げるとめちゃくちゃなものを(たとえば、フォトショップをポトショップと打っていたり、タヒチをヒタチと打っていたり(実話。なんでやねん!)、読みながらキーボードを打っているので、「し」と「ひ」の違いがわからなかったり云々。)そして、軽快にEnterキーを押す。それはあたかも、一仕事終えたビールを飲んでるかの如く。


すると、当たり前ですが、間違ったものが出てきて、検索であれば間違った答えしか出てこないが、買い物かごなどにいたっては「エラー」が出る。しかし、彼らは打つことに必死だったので、何がどう間違ったかは判断できない。エラーが出た瞬間にパニックになる。オタオタ。それは、かっこいい人としゃべったのにあとで鏡見たら前歯に青海苔ついてるよ!と知った瞬間の如く。

全角、半角は打ち終わったあとには気づかない。だって「打っている」。
なのに、いくつかの会社は「住所はすべて全角で」「住所の英数字は半角で」などと小難しいことを仰る。それがシニア層がウェブサイトで買えない原因となる要因のひとつ。


たとえばさらに。

昨日は50歳代前半の、「あんまりパソコン使えないのよぅ」という奥様に申し込みフォームを入力させてみた。(ご本人が申し込みしたがっていたので!!)
これも現在「まじめに」まとめています。ギャグとか挟まずに。
いつもだったら途中から「ああ、代わりにやってあげますよ」と言ってしまうのですが「ここはしとつ、我慢しよう」と江戸っ子さながらに自分に言い聞かせ見つめる。

以下奥様と私。
ちなみに買う商品はレンタルサーバ。ご商売で使うのに。。。ということである。そういう時代。

奥「ドメインどうしましょう」
私「好きなのにしましょうか」
奥「じゃあ、○○.com、コムがいいですよね、普通で」
私「まあ、コムは混みますからねえ(ギャグ)。安いしいいんじゃないでしょうか」
奥「あ、日本語に変わらない!」
私「日本語ドメインにしますか?」
奥「え、英語よ」
私「じゃあ、英語でいいんじゃないでしょうか」
奥「そうよねえ(それでも英語になった瞬間にローマ字が打てなくなる。)」

(ドメインが決まって購入を始める)
奥「あ、生年月日がわからない!」
私「!?(゜-゜)」
奥「生年月日がわからない、どうしよう、今日買えない」
私「えーと、生まれた日、ですよ?」
奥「だって、西暦でなんて計算しないもの」
私「和暦に+25してください。」
奥(計算計算)

奥「ローマ字のツってどう打つんですっけ」
私「tuでもtsuでもいいですよ」
奥「そうよね、tsuのほうがかっこいいわよね、主人にいつも怒られるの。tsuにしろって」


奥「メールアドレスメールアドレス・・・(手帳を探す)」
(見ながら入力するので、ぜんぜん関係ないところに入力されている)←初心者はマウスのある場所に入力されていると思うので、クリックされている場所を注意しない。これはどのソフトをやっていても思う。目の前のものに集中し、どこでカーソルがチカチカしているかなんて関係ないのである

私「・・・(じっと手を見る。相手の)」

奥「あ、入力されてない!!!」

私「あー、チカチカがここにあるから(と、別のところをさす)ここに入力されてますね」


奥「あああああ、もう一度打ち直しね」

住所入力

奥(軽快に郵便番号を打つ。しかし、郵便番号は頭3桁、お尻4桁に分かれていることに気づかない。そしてEnter→エラー)


奥「あ、なくなっちゃった!」←初心者は見えないと「なくなった」と判断する。いつも言うのだ「小錦がエレベーターに乗ってて、ドアが開いて、小錦が半分しか見えなくても、なくなったわけじゃないですよね?」と。小錦はどうやってエレベーターを降りればいいのだろうとその後必ず自問自答

奥「なくなったから、エラーが出たのね」←完全な思い込み

奥「あ、消えない消えない」←初心者はバックスペースしか使わない。なぜ?

奥「あ、入らない」←入力制限があるらしく、一定の文字数以上入らない。


私「落ち着いて、いったんDeleteで全部消しましょう」


奥「ああ、なるほどー。」

まあ、そんな感じのやり取りが延々と・・・・。

コレを見て、「初心者&シニア対応は色々気を使わなくちゃね!」と思われるでしょうし、「へえ、初心者って、そうそう、うちのオヤジも大変でさ」と思うかもしれませんし、「モリマミコさんは素晴らしい忍耐力の持ち主だ」と思われるかもしれませんが(笑)


彼女が特別ではありません。彼女だってインターネットは普段使っているので。それでも入力フォームというのはとても難しい。さらに「○○の用意はできていますか?」みたいな集中力を妨げる言葉があると、それでなくても年が高くなると集中力が切れやすくなるので完全に混乱する。(3分クッキング的ウェブサイト。実は別に用意しなくてはいけないお皿がたくさん出てくる)

さらに、途中でプルダウンを選んだ瞬間に新しく読み込むような入力フォームはその瞬間、ぱちっと音がする。「集中力が切れた音」。

ほんの少しの心遣い、少しずつまとめて(withoutギャグ)おりますのでお楽しみに~。

|

« 団塊世代のウェブ操作とシルバー層の違い | トップページ | 団塊世代とウェブサイト »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

 そういえば、タイプが苦手な人は視線がキーボードに狭窄するので、入力箇所や入力モードの違いに気付きにくいってのは、入力位置と操作部分が近いTabletPCなら改善されるんですかね?
とTabletPC布教委員が思いついてみました。今度1台お貸しするので試してみませんか?

投稿: 古田@道具眼 | 2006/11/21 13:32

ふるたさま。タブレットPC、小さくないですかね、(イメージです、イメージ。)そんなこといったら布教委員会に怒られるでしょうか。(グラフィティで挫折した人間なので・・・やはりペンで云々にどうしても抵抗が。)

是非今度ご貸与くださいませ。教室で実験してみます♪もし使いやすそうだったら委員会の雑巾がけに立候補します♪

投稿: モリマミコ | 2006/11/21 15:31

ウチにあるTabletPC機の中で一番ヨサゲなのはコレですね。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0401/23/news064.html

10.4インチでXGAなので、確かに解像度的には家庭用の14インチでXGAとかのノートPCに比べると文字とかは小さめかも知れません。

ちょっと今手元にないので取り返しておきます。戻ってきたらお送りするか、また持って遊びに行きますね。

投稿: 古田@道具眼 | 2006/11/23 16:00

古田さま、ありがとうございます。
是非遊びにいらして下さいー。でも無理なさらないでくださいね。

投稿: モリマミコ | 2006/11/24 19:00

有志集めてステキ入力フォームのカタチを作ってフリー公開したら面白そうですね。

投稿: 小牧ハル | 2007/01/05 18:15

小牧さま、コメント有難うございます。
いいですねー。近い内にやることリストにいれましょう。

投稿: モリマミコ | 2007/01/06 14:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/12767101

この記事へのトラックバック一覧です: シニア層と入力フォームの物語:

» 年配のユーザーに対するアクセシビリティ [WEB職人へのなが〜い道のり]
さて、自分がWeb職人を目指す上でこだわって勉強していることの一つに、 Webを使い慣れない方・身体のハンディキャップのある方への ユーザビリティ・アクセシビリティがあります。 こだわりの一つというよりも、自分が一... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 00:32

« 団塊世代のウェブ操作とシルバー層の違い | トップページ | 団塊世代とウェブサイト »