« 「温まるまで」 | トップページ | ユーザー視点ということ »

シニア層と携帯

今週、Sさんによる携帯電話講座が開かれる。
その練習?に2人のシニア層(60歳代後半)にヒアリング。

「ケータイって解んないのよね」とKさんが言っていたから、私も勝手に電話は受信専門、と言うイメージを抱いていた。50歳代後半~60歳代前半の人は皆メールをちゃかちゃか使っているが、60歳代後半は無理だと思っていた。

「私はできるわよー」とKさんが笑う。「うちの主人はだめね、ケータイでメールするのは家族だけ。笑っちゃうわよね。」
私の中ではKさんがばりばり使うイメージがなかっただけちょっと驚いてしまった。

「QRコードって便利よね」とKさんが言う。

QRコードとシニア、と言う言葉も結びつかなかったのでビックリしてしまった。

「でも、主人は使えないわよ。私はねー、便利だから使っちゃう。ピッてやればいいんだからね。」

次に聞いたYさんは「お店とか突然探すのに便利じゃない?ケータイって。」

Sさんも私も「ケータイ講座」と言えば「はい、それでは文字を打ってみましょう」から始まるのではないかと思っていたのだ。急いで講座を組み立てなおす。

女性にとってはケータイは気軽なツールである。パソコンのように家族共同じゃないし、小さな時間でいじれるのもポイント高い。パソコンは覗かれる可能性も高いがケータイは少ない。

シニア層は進化している。
私たちもそれにくっついていかねば、と、意識をもったのであった。

Sさん、ケータイ講座、がんばりましょうね♪

|

« 「温まるまで」 | トップページ | ユーザー視点ということ »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/10788036

この記事へのトラックバック一覧です: シニア層と携帯:

« 「温まるまで」 | トップページ | ユーザー視点ということ »