« カタログのような | トップページ | シニア層と携帯インターネット »

いいサイトってナンだろう?

Kさんのはなし。
お家をリフォームするのに、業者をインターネットで探している。「なーんか、いまいち難しいのよね」

Aさんが彼女にインターネットで捜し方を教える。

「ほしい情報って本当に見つからないのよね。例えば家に入るんだから、会社概要って直ぐにみたいじゃない。なのに、ほしいものが載っていない。載っているのかも知れないけど探せないのよ」
「問い合わせしたくても、どこみりゃいいんだか解らないのよね~」

「シニア層にとっていいサイトってどういうサイトですかね」という質問が某所で寄せられた。
「いいサイト」というのを定義するのは「いい人」を定義するくらい難しい。


ただ、一ついえるのは、「欲しい情報を得られる」ことが挙げられると思う。
件のKさんは、リフォーム会社について「自分の要望が叶えられるかどうか」をまず基本とし、ウェブサイトに問い合わせしてみたくなる情報を探した。まずそれが見つからなかった。リフォームしまっせ、まずは問い合わせと言われても、問い合わせをすれば一杯しゃべらなくちゃいけないのだから、できる限り「それはできます、いくらです」と言ってくれそうな会社を探す。

探したところで、電話番号が見つからない。


そのサイトが何を提供しているかにも寄りますが、もし、「広告代わりに」と思っているのであれば、きちんとユーザーのニーズにこたえているか、電話するのが面倒くさそうだな、と思わせないことも重要なのだ。

電話電話と書いて思い出したが
シニア層はすぐに「ああ、電話すればいいのね」と仰る。

だから、電話番号はおーきくかきましょー。というのでは能がない。

電話をするということを思い浮かべて欲しい。
色々自分の情報を話して、「あー、面倒くさいな」と思っている。
ということは、電話した瞬間に「今このページ見ているのよ」と伝えられれば楽なわけである。

ということで、いいサイト、というのは自ら欲しい情報を得られて、尚且つそれに対してすぐにアプローチできるサイトの事をいうのである。そのため「どうやったらいいサイトになりますかね」というのはちょいとナンセンスな気もするのだ。まずは、自分のサイトがユーザーになにを伝えたいかから考えないとね。


#ココログメンテナンスで更新が遅れました。たくさん書きたいことがあったのですが、暑さで溶けてしまいました。徐々に調子を取り戻しますので今後も宜しくお願いいたします。その間にメルマガを久しぶりに発行。なぜ三洋電機は点数が低かったのか、を出しました。

|

« カタログのような | トップページ | シニア層と携帯インターネット »

「03.シニア層とインターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/10902443

この記事へのトラックバック一覧です: いいサイトってナンだろう?:

« カタログのような | トップページ | シニア層と携帯インターネット »