« オジサン、オバサンという常識 | トップページ | シニアとインターネットのいくつかのなぞ »

クリックできるもの、できないもの

そろそろ自主調査がまとめ終わり、発表できるかと思うのですが
その中のTIPSに触れて見ましょう。

まず、シニア層が「クリックできそうだ」「これは気付かなかった」というボタンの検証。
私達普通に使っている人(普通に使っている、という定義が難しいですが)にとってはたわいもない話。
それはリストマーク。

リストマークに気付かない、ということが得てしてあった。
今回は、なぜそのリストマークに気付かないかということに注意しながら見ていた。

リストマークの主な形は下記のとおりである。

シニア層の認知できるリストマーク

さて、どのマークの認識率が高いのか、というと、丸のつけ方で直ぐ解るかとは思いますが、左の赤で囲まれたマーク内のリストマークは理解できるが、左の青で囲まれたマーク内のリストマークは理解しにくい。

あることすら、気付かない。

2年前より色々なパーツに関する認知率はかなり上がった。
ドロップダウンリストについても意外と問題ない。
ただ、問題なのは「自分に関係ない事は見えない」

横向き三角は、「この先に何かがある」という彼らの暗黙の了解になっている。
しかし、後ろにあると「関係ないようだ」となる。○、■はもってのほかである。

シニアも使って欲しいウェブサイトを作るなら、こういうぎんぎらぎんにさりげない感じが必要なのである。

#ちなみに、画像と文字の間が空いているから、などのご指摘はここでは関連性はありません。
作ってしまった後に「ああ、チョッと文字が開いたから、これじゃあシニア層は認識できないだろうな」と思いつつそのまま保存してしまいました。文字とリストマークのスペースの件については重要ですが、ここでは触れていませんので悪しからず。

|

« オジサン、オバサンという常識 | トップページ | シニアとインターネットのいくつかのなぞ »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/10577426

この記事へのトラックバック一覧です: クリックできるもの、できないもの:

« オジサン、オバサンという常識 | トップページ | シニアとインターネットのいくつかのなぞ »