« 若いということ | トップページ | ほんのちょっとのことが解らなくて »

カタカナワールド

シニア層とカタカナの話なんて耳からタコができるというよりも自然増殖してしまってかなりの量のたこ焼きができるんじゃないかと思うほど書いていますが。

イマドキのシニア層は洋楽に慣れている人も多いし、ビートルズ世代だし、フォークソングとかだし、もっとカタカナに強くていいはずである。私の仮説でいくと、そうである。

確かに75歳を過ぎると「私ローマ字から苦手なの」という人も多い。勿論、その横でテネシーワルツを原語で歌う人も居るのだから、それはどういう教育を受けてきたかにもよる。

シニア層は英語になれているはずである。
#まあ、そういう理論で行けば、若者はもっと英語になれているはずなのであるが、現状の英語力を見ている限りではそうともいえない云々な状況なので、やはり今の若者が大きくなり、年をとり、新しいカタカナ用語に目をクルクルさせながら「俺たちの若い頃はそんなもの無かったのにな」といいつつ暮らしているんだろうなぁとちょっと思う。

それでも、シニア層の英語は大変だ。ADSLがめちゃくちゃになって「ISDL」といわれると、ISDNの話をしているのかどうか悩んでしまう。そういう感じ。

今日、どうしても無線LANを設定してほしいと頼まれてTさんのおうちに伺った。
Tさんは先日から「カタカナがどうしても・・・」と悩んでいるお人である。

スキャナの設定もしてあげたのだが、スキャナの線に大きく「スヤナ」と書かれていた。
何弁なんだろう、と思いつつ、突っ込まないでいたわけですが。。。。

某サイトのログインを押す、というメモも「ローイン」 耳に入った言葉を書いてしまっている。


ちなみに、ブログとプログの話、さまざまな方のご両親が間違われている様子。
いかにカタカナを使わないか、カタカナを使ったときに、無視されないか
考える必要がありますねー。


10日で解るシニア層とウェブサイトの本音はこちらから。
勿論無料です♪

|

« 若いということ | トップページ | ほんのちょっとのことが解らなくて »

「03.シニア層とインターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/9761701

この記事へのトラックバック一覧です: カタカナワールド:

« 若いということ | トップページ | ほんのちょっとのことが解らなくて »