« ウェブが企業を写す | トップページ | 小学6年生理論 »

余暇を過ごす

最近、更新が遅れていてすみません。
なんだかバタバタしておりまして。。。

最近、話題になるのが「定年退職と余暇」(と、個人的には美容)
定年退職する前とした後では大きく考え方が変わるようです。自分の時間を持つと言うことに対して。

さて、そんな中、70歳以上のおにいさまがたと神楽坂はんこちゃんの話で盛り上がりながら(この話題はさすがにこのブログを読んでいる方にはわからないと思いますが(笑))定年後の余暇の過ごし方について話しているわけです。

出演者はよく近場に出掛けるA氏と最近奥様を亡くされたB氏、毎年海外旅行に行くC氏。仲良し3人組です。(全員70歳代後半)そして、さらにD氏が加わる。全員昭和の5本指に入ります。

「暇だとボケてしまいそうだからね」とB氏が笑う。「でも、やっぱり体が辛くなると出掛けるのが億劫になるでしょ」

「かといって、毎日旅行をしているわけにもいかないしね」とC氏。そこにA氏が加わり「まぁ僕たちはサンデー毎日だから」一同「ガハハハハハ。」

「ところで、まみちゃんさ、最近IT株ってどうよ」とD氏。

「どうよって・・・・。いやぁ、皆さんいろいろ忙しいんじゃないですかね」と見当の外れた答えを出す私。

「僕の最近の楽しみはさ・・・」とDさん。

「いろんな会社の株主総会に出ることなんだよね」


(一同)「そりゃあいいね」


A氏「僕も証券会社とかのセミナーとか行ってるよ。まあお昼寝タイムだけど」

C氏「なるほどー。それはボケないで済みそうですね」と、最若手の76歳が言う。

そういえば、私の大好きな某氏(82歳)も同じ事を仰っていた。

「とりあえずさ、中国株とかやらなくても興味あるから、セミナーとかには毎週出るんだよね。暇だし。」


旅行だって毎日できるわけじゃない。
その隙間の余暇産業にはまだまだ余力がある。
IRもシニア向けにして、「ボケたくない」アクティブシルバーの方々にどう参加していただくか、どう好きになってもらうか、考えなくてはいけない時代になってきたのかもしれない。やはり、企業のウェブサイトはシニアでも使えるようにならなくちゃいけないんだなぁ。と思った暖かい朝でした♪

ちなみに、今、いろいろ定年退職前と後、調べているのですが、面白いですね。60歳から63歳と言うのは。

|

« ウェブが企業を写す | トップページ | 小学6年生理論 »

「シニア・シルバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/8601034

この記事へのトラックバック一覧です: 余暇を過ごす:

« ウェブが企業を写す | トップページ | 小学6年生理論 »