« 2005年5月8日 - 2005年5月14日 | トップページ | 2005年5月22日 - 2005年5月28日 »

「売ったと思ったらこうてしもうて」

本日、パソカレッジ宝塚教室がオープン致しました。
JR宝塚駅近くです。
線路から見えますので、是非お知り合いの方がいらしたらご紹介下さい♪

朝から、沢山の方が教室見学にいらしてくださいます

その中での会話(多少関西弁がおかしいのはご容赦を)
「娘とね、メールくらいはやってるのよ。でも、友達が株やっていて、「あんたもインターネットで株やってみなさいよ」って薦められたんやけどね。で、口座まで開いたんやけど、友達がな、売ったと思ったらこうてしまったんやって。それでえらい損したって聞いて、インターネットが基礎からできるようになるまでは株で取引するのやめとこー思うて。」

続きを読む "「売ったと思ったらこうてしもうて」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い子に鼻の下を伸ばすとおじさん。

昨日、Yさん(54歳:年齢ばらしてごめんなさい)と一緒に呑みに行った。
楽しかった!!!

実は、Yさん、アンケートにも回答していただいている。
回答はあはは、確かになるほどー!という内容なのですが
昨日はそれについて、自分の思っていることが合っているかどうかの確認をさせていただく。
#かなり年代層広くご回答いただいているので、同世代から見た「おじさん」、若い世代から見た「おじさん」のギャップも明らかになっています。ありがとうございます。結果はしばしお待ちを。

おじさん化は30代からはじまります(いや、早い人は20代からか)
しかし、55歳になり、60歳まであと5年となったとき、今までの過程が「おじさま」に導くか「おじさん」もしくは「おっさん」に結びつくのか、大きく変わってくる。

現在宝塚に仕事できているのですが、ツアーのおじさま、おばさまは圧倒的です。
朝から元気だなー、と思うほど、とにかく沢山いらっしゃる。

確かに、「余暇にお金を使うアクティブシニア」マニュアル37Pにでてきそうな(そんなものはありませんが)方々ですが、「ちょっと~!なんとかさーん、こっちこっちー!」と大きな声で叫ぶ姿は、「うーんと、おばさんマニュアル54Pに出てくるよ!」(もちろん、これもないですが)と心の中で思わざるを得ない。

団塊世代、シニア・シルバーマーケット、という言葉の響きにだまされて
きちんと本質は見えているんだろうか?

きちんと、その商品は、サポートが出来ているんだろうか?

色々、考える事が多い神戸出張中でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アクティブシニアとおじさん、おばさん

紙一重な関係。

アクティブシニア、という言葉のもつ「いい響き」(と、私は思っている)は「年齢が上」という括りがある反面、おじさん、おばさんは20代からなれる!(嬉しくない?)

色々ご回答ありがとうございます。
パソコンの前で爆笑していたら、「お兄様」に「パソコンの前でニヤニヤしてるってあやしい」と言われてしまいました。

若い方にも、お兄様・お姉さまにもご回答いただいているのですが、若い方は「ちょっとはなれた存在として」、お兄様・お姉さま方は「同世代の嫌悪感」がありますね。
若い方は行動を「おじさんくさい」と挙げることに対し、お兄様・お姉さまは見た目も挙げる。

おじさん・おばさん、と呼ばれるには「行動、思考、発言」の三要素があることが解りました。
アクティブシニア、というカタカナは市場をだまくらかすには充分に「解りづらい」

言われたくない言葉の「おじさん・おばさん」を理解してこそ、アクティブシニアができるのです!

というわけで、引き続きアンケート募集
おじさん、おばさんとはなんぞや?

続きを読む "アクティブシニアとおじさん、おばさん"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

[ご協力お願いします] おじさん・おばさんくさいとはなんぞや。

「若いですね」というときに、「私は何を持って、相手のことを若いと判断するんだろう?」とふと考えてしまった。

「若い考え方」というのは、私を基準にしているだけではないか?
「見た目が若いですね」というのは、自分が抱いている「シニア像」に比較して若いというだけじゃないのか?

一体若いってなんなんだ。と、ここ2,3日、ずっと考えていました。(暇人?)

反対に、若くないってなんなんだろう、とも考えていました。
「ああ、こういうこというのっておじさんの象徴だよね」と心の中で毒づいたり、「そういうことするから「おばちゃん」って言われちゃうんだな」と思ったり。

あまりにも気になるので、皆様にも伺いたい!

「おじさん、おばさんくさいと思うのはどんなとき?」

あまりにも興味が湧いたので、アンケートフォーム作っちゃいました。
是非、ご回答にご協力お願いいたします。
そうそう、これっておじさんだよね」と思う瞬間を教えてくださいー!!
「おじさんくさい・おばさんくさいはこういうことだ!」アンケートはこちらから

★トラックバック大歓迎★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「消費者が学ばなくてはいけない」

昨日テレビを見ていたら、そんなことを言っている人がいた。
非常に驚いた。何を言っているんだろう?

「俺様を好きなやつだけがついてくればいい」
と、言ってくるように聞こえたのですが。(まぁ、実際そうなのですが、「これから普及する!」といっている横で、それをいっちゃあかんだろと思うのですが。)

確かに学ぶことは楽しいし、そういう人、そういう技術が好きな人もいるだろう。

ネットバブルのころから、図らずも色々な技術を見てきたが
消費者視点、というよりも、消費者が「あ、便利じゃん」と思える提案をしていかなくちゃいけない。
また、その「便利」が一過性のものであってもいけない。

続きを読む "「消費者が学ばなくてはいけない」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色々おしらせ 

★木曜日から土曜まで大阪にいます。
その間、日中は仕事ですが、夜は開いておりますので、「あってみよー」という奇特な方、ご連絡ください。場所は大阪駅から40分ぐらいです。

★勉強会、します。
日時未定、勢いで勉強会することになりました。
いつの日かの土曜日の夜です。その名も「居残り組・妄想族」
頭をやわらかくしたい方、シニア・シルバービジネスに興味のある方、ご連絡ください。
基本的に受身の勉強会ではなく、「ノリとツッコミ」の勉強会です。どうなることやら。
ちなみに、場所は高田馬場です。参加はもちろん無料。チョコレート持込大歓迎。

★インターン、募集します。
シニア・シルバービジネスに興味のある学生さんを募集しています。
内容】 シニア・シルバービジネスであまりにも面白いことを考える仕事です。(新規ビジネス)
当社の持つ豊富なシニア・シルバー層をわくわくにさせる仕事。詳細はお問い合わせください。
【勤務地】高田馬場
【待遇】 交通費全額支給 待遇はプロジェクトによりけり。
【勤務条件】 曜日応相談(週1回~可能)
【応募】 全学年・全学部・全学科
数名でグループになって活動していただこうかと考えてます。
【メリット】
・シニア・シルバー市場の本質を見ることができます
・60歳からの人生設計ができるようになります(個人差あり)
・色々な人に会うことができます
・パソコンは習い放題です。書類を作るのが通常の1.8倍早くなります。イラストレーターとかも学べます。
【条件】
・好奇心が強い人
・アクティブな人
・人と話すことが好きな人
・度胸のある人
・ミーハーな人

とりあえず、どれか一つでも興味を持った方、ご連絡ください
連絡先 info (at) usability4s.info

大変恐縮ですが、atのところを@に変えて下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私にも教えて

たまに、シニア層のお買い物に付き合う。
どういう視点で物を選ぶのか参考になるので。

ふむふむなるほどー。と、いつもなるほど納得で、お客様も喜ぶ、私も喜ぶ、大変楽しいイベントなのだ。

お買い物をしているときに、ぼそっと私に聞いてくる一言や、「これってこうだから嫌なのよね」というつぶやく一言が、「ああ、こういう点でこれは受けて、これは受けないんだ」とはっきりする。


ある日、買い物に行った。
それは電子機器だったので、私の役目は「お供」ではなく「先生」。

続きを読む "私にも教えて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シニアと若さ

昨日出た勉強会は別にシニア・シルバービジネスについてではない。
ただ、講師の方がシニアで、シニア周りの仕事をしていらっしゃることもあり、色々考えさせられた。


まず、聞いていて、疑問を再確認してしまったのは「若い」という言葉の定義。

気になったので、年齢軸を書いて、人を書き出し、主観で若い/若くないのプロットを作ってみた。
30代から80代まで。(決して見せられるメモではなくなってしまった)

縦軸を実年齢、横軸を主観で若い人に分ける。右に行くほど年を取っていると私が思った人だ。

大きな問題として「見た目」が上げられる。右側にいる人は60代前半~70代前半まで「見た目」で振り分けられることが多い。
「見た目」というのは、まず、「おばあちゃん」「おじいちゃん」らしいことがあげられる。それも説明が難しい。
どちらかというと「おしゃれじゃない人」が右側に来る。

続きを読む "シニアと若さ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無理をしない付き合い方

シニア・シルバービジネス、といってシニア・シルバーの人と会う時
たいていの若者は、突然「いいこちゃん」になる。

そういえば昔は私もそうだった。
話を伺って、にっこりと「参考になります」といえば、たいていのシニア心は掴めた。

でも、それじゃぁ、だんだん厳しくなる。

たとえばですよ、恋人がいたとしましょう。
会話してますか?
聞いてばかりだと「物足りない」といわれてしまいませんか?
ボケとツッコミ、とあるように、片っ方が突っ込んでばかりだと疲れるし、ボケてばかりでも疲れる。
両方がいるから、「コミュニケーション」なんです。

なのに、シニア・シルバーの方と話していると、みんな、頷くだけ。誰も突っ込まない。

続きを読む "無理をしない付き合い方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月8日 - 2005年5月14日 | トップページ | 2005年5月22日 - 2005年5月28日 »