« シニア層と検索 | トップページ | 結局何ができるの? »

オンラインショッピングの割合

65歳以上のシニアのオンラインショッピングは3割(アメリカ)

世界の高齢者より

55才から64才は48%、55才未満のユーザーは56%であった。
オンラインで費やした平均金額は、65才以上のシニアは281ドル。55才から64才の層は333ドル、55才以下のグループは361ドルであった。

実感なくデータだけで語るのって、スキではないのですが・・・。

当然のごとく増えてくるんでしょうねぇ。

最近の私の実感では

・人は難しいことをしない

というのがあります。基礎から学ぶのはちょっとしんどい、早く結果になって欲しい
今の子どもたちを見ると(これでも中学に教えに行っているんです。ボランティアで)とにかく結果を出さないと落ち着かない。「で、答えはなに?」とすぐに聞いてくる。

そういう子どもたちを育てた世代ですから、基礎学習とは段々無縁になっていく。(教えている身としてはあー、もったいない!と思うこともありますし、基礎学習をきちんとされる方もいらっしゃるのですが)

オンラインバンクの利用比率は増えている。トレーダーも増えている。旅行申込も増えている。
でも、面白いのは、シニア層は、それを「ネットショッピングだと思っていない」。

そういうもんなんですよね。と、雑感中。

|

« シニア層と検索 | トップページ | 結局何ができるの? »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/6438054

この記事へのトラックバック一覧です: オンラインショッピングの割合:

« シニア層と検索 | トップページ | 結局何ができるの? »