« 自分を表現する | トップページ | シニア向け製品の愚 »

大人になるということ

ブログ書きすぎと指摘されておりますモリマミコです。
私もそんな気がします(笑) マイペースにがんばっていきます。

さて、「大人になる」とはどういうことでしょうか。
Googleで調べると、いろいろ諸説あるのですが、
年齢だけで「オトナ」と定義するのであれば、まぁ誰でも大人になれるのですが
年を取る/取らないの、決定的な違いはなんだろうと考えるわけです。

昔、いつになったら東京弁が名古屋弁になって、大阪弁になるんだろうと疑問に思った事があり、その時はあまり何もしなかったのですが(青春18切符で確かめたのですが、解らなかった。でも、神奈川は東京弁じゃないし、静岡は静岡弁があった。)
今、私が20歳と96ヶ月を迎えようとして、それが20歳と192ヶ月になったら、何が変わるのだろうか。反対に、私が20歳だった頃と、今と、何が違うのだろうか。年齢以外に「老けたかもしれない」という不安はどこにあるのだろうか。「美しく年を取ろう」って、肌のツヤやハリ以外に、どうやって美しく年をとればいいんだろう?大人になるとはいったいなんぞや?

本音を言わない、建て前を話す、「実感」としては、車に乗れるとか、お酒を堂々とのめるとか、タバコを堂々と吸えるとか。でも、その定量的項目が「大人」の指標だとしたら、「大人になるとは年を取る事」。以上。

でも、そうじゃないですよね。

こどもと、おとな。何が違うのだろうか?

毎年、毎分、毎秒、年を取っているのに、それが1年、10年、30年違うだけで、どこから差が出てしまうんだろう?
妹の友人を見て「あら、○○ちゃん、大きくなって~~~~!」と発言をした私にとって、○○ちゃんは「体が倍増した」と言う点では(太ったと言う意味ではない。10年ぶりぐらいに会ったのだから、倍増。)大きくなったが、それは、20歳の彼女の10年後には多分、言わないだろう。もう大きくなる事は無い。

つまり、定量的項目は、「大人」を測る指標としてはなんか違うんじゃないの?ということ。すっごい前置きが長くなった。

では、大人になったということを「何かをなくした」「何かを得た」という角度で考えてみましょう。


と、話は続くのですが、延々と長くなってきたのでぼーんとはしょります。

私は、大人になるとは「怖い」と言う事を知ることだと思っています。
経験を積み重ねた事も、学習していなければ、正確な「積み重ねた」という定義には当てはまらない。
そんな中で、大人は経験を積み重ねた人たちだと仮定したら
大人は経験の中から、「怖い」「しちゃいけない」ことを学ぶ。

ウェブの操作もそうだ。

「怖い」ことは次に繋がらない。

「怖い」と思ったら、次に進めない。

つまり、シニア層がウェブを操作できないのは、根底に「怖い」という気持ちがあるからだ、と私は思っている。
もしかしたら、アンチエイジングが流行っているのも、怖いからなのかもしれない。恐怖の消費。それもありだ。

「頭固いなぁ」「なんでできないねん(なんで大阪弁やねん)」と、若者が思う、大人。
「自分達はそうならないよぅ」と思い込んでる若者達。
でも、なるんだ。確実に。人は、失敗からいろいろなものを得ていくから。

ということで、シニア層の消費行動云々、ウェブ操作云々、すべて、シニア層の根底の気持ちに気づいて欲しい。

→ここから余談。
70歳の方が免許を取ったらしい。それを聞きつけたマスコミの皆さんが、90歳のその方のお母様に取材にいったらしい。そのときにお母様が言った言葉。「若いってのは無茶が出来ていいねぇ」そういうのって楽しい。やっぱり、年齢は相対的に取るって事だよ。>水野くん。
→余談追加
私はスーパー子どものまま大きくなってきているのですが、自分の中での大人の尺度を昔から持っていました。その一つが体の大きさ。小さい頃めちゃくちゃ小さかった私は、大きくなったら大きくなるもんだと思っていた。ところが、思ったより大きくならなかった。それを高校で発見したときに、私は大人になるタイミングを失ったのだと思った。怖い、を学習するのは失恋した友達の話を聞いてから。まぁ、恋愛については学習能力が低いさ!というのが私の持論だったのだが、色々聞いていると、みな学習している。(していない部分もある)私が大人になれないのは学習能力がないせいだ。鶏だから、3歩歩くと忘れてしまう。ああ、どうしよう。ただ、学習は記憶力とは違う。記憶力が良くなる本は沢山読んだが、学習能力はつかなかった。うーん。

|

« 自分を表現する | トップページ | シニア向け製品の愚 »

「ユーザビリティ」カテゴリの記事

コメント

月桂冠のCMで、「夫婦の次は何になろう?」というのがあったのを思い出しました。
若い人も既に大人なひとも、「オトナになんてなりたくない」とか「若いっていいよな」じゃなくて、
「オトナの次は何になろう?」を合言葉にするとなんか良さそう、と、ふと思いました。

投稿: 西浦。 | 2005/10/25 09:22

はじめまして!
突然の書き込み失礼いたします。

この度、ブログのランキングサイトがオープンいたしました。
  【ブログランキング Bloking】http://bloking.jp
まだオープンしたてのサイトですが、貴サイトのアクセスアップに
貢献できればと思っております。

誠に勝手ではございますが、是非とも参加していただければ幸いです。
末筆ながら、貴サイトの益々のご発展をお祈りしております。

投稿: Bloking | 2005/10/26 15:12

にしうらさん

モリマミです。
大人、って不思議な言葉ですよね。「私はまだまだおとなじゃないですから」というと「十分に大人よ」といわれる。が、まだ子どもだと思われている。(そりゃ年が30も違う)

オトナの次、というのもありだが、オトナという言葉の持っている退廃的な感情を否定するのも楽しいかもしれないですね。ふむふむ。

投稿: モリマミコ | 2005/10/26 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24040/6548976

この記事へのトラックバック一覧です: 大人になるということ:

« 自分を表現する | トップページ | シニア向け製品の愚 »